2017年11月02日

我々は運命に戦うように仕向けられている 「トロイ戦争は起こらない」


toroy.jpg終演後、駅に向かう道で聞こえてきた年配のご夫妻の会話。
「戦争っちゅうもんはほんまにちょっとしたきっかけで起こるんや」
「そうや。そやから今の若いもんはこんな芝居どんどん観たらええねん!」

本当にそう。
トロイに起こった戦争の発端は女性の取り合いだったけれど、これを「領土」と置き換えたら、「民族」あるいは「宗教」だとしたら・・・。
今も昔も繰り返される争い、その愚かしさは少しも変わっていません。だからこそこの紀元前のギリシャ神話の世界の物語が普遍性を持って多くの書物になったり、繰り返し上演されているのでしょう。


「トロイ戦争は起こらない」
作: ジャン・ジロドゥ 
翻訳: 岩切正一郎
演出: 栗山和也
美術: 二村周作 
音楽・演奏: 金子飛鳥 音響:山本浩一
出演: 鈴木亮平  一路真輝  鈴木杏   谷田歩  江ロのりこ  
川久保拓司  大鷹明良  花王おさむ  三田和代 ほか

2017年10月26日(木) 1:00pm 兵庫県立芸術文化センター 
阪急中ホール 1階I列(5列目)センター
(上演時間 2時間45分/休憩 20分)



物語: 長い戦争が終わり、平和が訪れたトロイの国。アンドロマック(鈴木杏)は夫であるトロイの王子エクトール(鈴木亮平)の帰りを待っていました。しかし、義妹のカッサンドル(江口のりこ)は再び戦争が始まるという不吉な預言をします。一方、エクトールの弟パリス(川久保拓司)は、ギリシャ王妃エレーヌ(一路真輝)を戦争の混乱に紛れて略奪してしまいました。ギリシャ国王メネラスは激怒し、「エレーヌを返すか、我々ギリシャ連合軍と戦うか」とトロイに迫り、使者としてオデュセウス(谷田歩)がやって来て、エクトールと対峙します。


ホメロスの叙事詩「イリアス」を題材に、フランスの劇作家 ジャン・ジロドゥが1935年に発表した作品。ヨーロッパでナチスが台頭してきた時期でもあり、ジロドゥは外交官でもあったということで、とても現実的、今日的。

美しいエレーヌを返すなんてもってのほか、トロイの威信にかかわる、戦争だ!とトロイの男たち・・・ここに登場するトロイの男は、エクトールとパリスを除けば自分たちは戦場に出ることはない年寄りの権力者なのですが。
妻を奪われ、名誉を汚されたギリシャ国王が激怒するのは当然として、だけどギリシャが本当に欲しかったものは、長年狙っていたトロイの富だったに違いありません。
そんな両国の思惑に翻弄されながら、何とか戦争を回避しようとするエクトール。


続きがあります
posted by スキップ at 23:49| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする