2017年10月28日

市川染五郎教授登壇 「歌舞伎を通して知る空海」


koyasan20171025.jpg昨年四月歌舞伎座「幻想神空海」で空海を演じたご縁で高野山大学初の特別招聘教授に任命された市川染五郎さんの就任記念講演会。
昨年その舞台を観て、お大師様に導かれるように2回も高野山に伺ったワタクシといたしましては、元より高麗屋贔屓でもあり、これは聴き逃す訳には参りますまい。


高野山大学 市川染五郎特別招聘教授就任記念講演会
  
  高野山大学特別招聘教授就任式典(辞令交付)
  記念講演 「歌舞伎を通して知る空海」 
  鼎談 (添田隆昭理事長・乾龍仁学長・市川染五郎)

2017年10月25日(水) 1:00pm 高野山大学 松下講堂 黎明館
(講演時間 2時間/休憩10分)



高野山は3回目だし、特急こうやで行けば楽勝よ、と思っていたのですが、前日、高野山大学のサイト見たところ、台風21号の影響で南海電車が高野下から運休していて、橋本駅から代行バスが出ていると案内が。
橋本駅に問い合わせたところ、バスは台数に限りもあって時刻表などもなく、その日によって運行状況も変わるとのこと。そして橋本駅から高野山までは1時間20分位かかる・・・とここまで聞いて、行く気マンマンだった気分がシュルシュル~としぼんで行くのが自分でもわかったのですが、翌朝起きて「やっぱり行こう」と考え直し、思いきって行ってきました。

8:00に家を出て、最寄り駅から南海電車普通→急行と乗り継いで橋本駅からバスに乗って高野山駅まで、途中の高野龍神スカイラインは1メートル先も見えないくらい真っ白な霧の中でした。
そこからりんかんバスで高野山大学に到着したのは11:00。思ったより早く着いて、12:00の開場待ちの列(といっても私で5番目)に並ぶハメに。さっむかったよ~。


き乃はちさん尺八演奏

開演時間20分前にアナウンスが入って、「幻想神空海」の音楽監督で尺八奏者のき乃はちさんが駆け付けてくださって演奏してくださるとのこと。
3曲演奏してくださったのですが、「幻想神空海」のテーマ曲を聴いていると舞台のいろんな場面が胸によみがえって、一気に気分は空海の世界へ。
音楽って本当に不思議でステキです。

あの曲をナマで聴けるなんて思ってもいなかったので私はとてもうれしかったのですが、これは事前に告知されていなくて、開演前でまだ着席されていない方も結構いらしてもったいないことでした。


高野山大学特別招聘教授就任式典(辞令交付)

高野山大学の添田隆昭理事長のご挨拶、乾龍仁学長が染五郎さんのプロフィールを紹介されて、辞令交付式。
染五郎さんは黒茶系のお着物に羽織、少し薄い茶色の袴。
皆さん、登壇時には正面のお大師様の前で合掌されていました。

委嘱状とともに名刺も。
来年1月に松本幸四郎襲名を控える染五郎さんにとっては2カ月の期間限定名刺。
「プレミアになるかも」と学長さんはおっしゃっていました。

特別招聘教授の任期は原則2年間ですが「いくらでも延長できます」と乾学長。


続きがあります
posted by スキップ at 20:41| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする