2017年10月18日

夢をかなえるということ 「ビリー・エリオット ~リトル・ダンサー~」


billy2.jpgスティーヴン・ダルドリーが2000年に監督した映画「Billy Elliot」(邦題 リトル・ダンサー)の舞台版。
映画と同じくリー・ホールが脚本、ダルドリー自身が演出するミュージカル。曲はエルトン・ジョン。
2005年にロンドンで開幕し10年以上のロングランを記録して、2008年に始まったブロードウェイ公演も大成功し、世界各地で上演されているミュージカルの日本初演です。


ミュージカル 「ビリー・エリオット ~リトル・ダンサー~」
脚本・歌詞: リー・ホール 
演出: スティーヴン・ダルドリー
音楽: エルトン・ジョン 
振付: ピーター・ダーリング
翻訳: 常田景子  訳詞:高橋亜子 
出演: 山城力  吉田鋼太郎  柚希礼音  久野綾希子  
藤岡正明  小林正寛  大貫勇輔  古賀瑠 ほか

2017年10月18日(水) 5:00pm 梅田芸術劇場メインホール 1階18列センター
(上演時間 2時間55分/休憩 20分)



物語の舞台は1984年。イングランド北部・ダーラムの炭鉱町エヴァリントン。
サッチャー政権による炭鉱の閉山計画に反対する労働者たちがストライキを続けるこの町で暮らすビリーは、母を幼い頃に亡くし、父、兄、祖母の3人暮らし。
父に言われて通っているボクシングジムで偶然、バレエと出会ったビリーは踊る喜びに目覚め、彼の才能を見出したウィルキンソン先生の勧めでロイヤルバレエスクールを目指します。父のジャッキーはじめ周囲は大反対ですが・・・。


映画も、もちろんオリジナルのミュージカルも未見。
7月19日から始まった東京公演の劇評や感想もほとんど目をそらして来ましたのでほぼ白紙の状態で観ました。

辛い現実の中、夢を追い続けたいともがく少年 ビリーに開かれる未来。
その彼の背中を押す周囲の大人たちにとっては、決して現実はバラ色ではありません。
ビリーの父も兄もストライキの失敗でおそらく失業することになり、ビリーをバレエの道に導いたウィルキンソン先生自身はバレエダンサーとして生きることができなかった挫折を引きずっています。

未来がないとわかっていながら闘っている人々の閉塞感。
望んでいた姿に手が届かなかった人々の諦念。
そんな彼らにとってビリーは「希望」であり「未来」そのもの。

ビリーの成長物語でありながら、ただのサクセスストーリーに終始せず、閉塞感や苦さにも満ちていて、だけど後味爽やか。

薄煙りの暗闇の中に、光るビリーのヘルメットのライト。
その光はまるで絶望の町に射し込む一筋の希望のよう。
それに呼応するように炭鉱夫たちののヘルメットのライトが輝き、「さぁ、行け!」とビリーの行く先を照らし出し、そして彼らは地下へ降りて行きます。
トランク一つ抱えて夢をかなえるための未来へと旅立つビリーに心から拍手を贈り応援したいと思えるラスト。

ビリーの姿を通して、子どもの頃の「夢をかなえたい」という気持ちを思い出させてくれるようでもあり。
すばらしかったです。


続きがあります
posted by スキップ at 22:43| Comment(2) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする