2017年10月15日

きっと ずっと 忘れない 「髑髏城の七人」 Season 鳥 


dokurotori2.jpg


「風」ではなく「鳥」です(^^ゞ

ライブビューイング含め4回観た「髑髏城の七人」 Season 鳥ですが、その折々に感想はアップしたものの、個々のキャストについては「また改めて・・」と「書く書く詐欺」みたいになってしまっていましたので、「風」の感想を書いた勢いで、この際書いてしまおう、と。


ONWARD presents
劇団☆新感線 「髑髏城の七人」 Season 鳥 Produced by TBS 
作: 中島かずき
演出: いのうえひでのり
出演: 阿部サダヲ  森山未来  早乙女太一  松雪泰子  粟根まこと  福田転球  
少路勇介  清水葉月  梶原善  池田成志  右近健一  山本カナコ  村木仁 ほか



これまでのレポ:
7月3日 1回目
7月31日 ライブビューイング
8月20日 天魔王バースデイ
9月1日 千穐楽


「『髑髏城の七人』を花鳥風月の4パターンで。それぞれ脚本もキャストも変えて上演」と最初に聞いた時、たとえば「捨之介編」「天魔王編」「蘭兵衛編」というように、視点も主役も変わるのかと思っていました。
でも基本的なプロットはそのままということで、まず「花」は2011年版「ワカドクロ」を踏襲する形で(主演も同じだし)、正統派な印象。
では次の「鳥」は・・・こう来たか、という感じでした。

捨之介のキャラクターも設定も大胆に変更。
これがまんまとハマって、それまで観る側の私たちが(もしかしたら演じる役者さんたちも)捉えられていた「捨之介はこうあるべき」というイメージを一気に払拭。
多分あて書きしたであろう脚本も演出もズバリとハマっていましたが、何よりも阿部サダヲという役者の力量あってこそです。


続きがあります
posted by スキップ at 22:39| Comment(2) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする