2017年10月10日

スペシャル感満載 市川染五郎特別公演 「歌舞伎舞踊への誘い」


image2 (5).jpg

お友だちのファザコンサリーちゃんに誘っていただいて、こちらの公演に行ってきました。
招待者のみのクローズドでこの日限りの特別公演。スペシャル感満載です。


市川染五郎特別公演 「歌舞伎舞踊への誘い」
第一部 長唄  都名所  市川染五郎
     ご挨拶とトーク   市川染五郎  尾上菊之丞
     長唄演奏  長唄名曲集 「四季」

第二部 歌舞伎舞踊  操り三番叟
      市川染五郎 (後見 尾上菊之丞)

演奏 長唄  杵屋栄八郎社中
    鳴物  藤舎貴生社中

2017年10月10日(火) 1:00pm セルリアンタワー能楽堂 脇2列
(上演時間 2時間/休憩 15分)




image1 (9).jpg

セルリアンタワー東急ホテルに能楽堂があるのは知っていましたが、
足を踏み入れるのは初めて。
地下二階にあるとは思えない、本格的な能舞台でした。



「都名所」

「船弁慶」の静御前の踊り「都名所」は素踊りで。
舞台に長唄や鳴物の社中が並んで演奏が始まる中、橋懸りから登場した染五郎さん。
中ほどで立ち止まり、「立ち舞うべくもあらぬ身の~」とひと節。

舞台に進み出て、静として舞います。
拵えも顔もしていないのにちゃんと女方。
四季折々の京都の名所を楽しかった義経との思い出ともに踊る静の心が浮かびあがるよう。
細やかな振りの一つひとつ、やわらかい手の表情や指先までの美しさもさることながら、肩を落として腰を折っての踊りは体力的にも消耗するだろうなぁと思いました。

舞台と客席が近いせいもあってか長唄もよく聞き取れて、「春の曙白々と」とか「糺の森に秋立ちて」とか、都の四季を彩る詞章の美しさにも聴き惚れました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:26| Comment(2) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする