2017年10月17日

15年を経て変わらぬものは 「業音」


goon.jpg「悲劇」をテーマに、松尾スズキが作・演出を手掛けるプロデュース公演「日本総合悲劇協会」の16作目。
2002年にシリーズ第3作目として上演された作品の15年ぶりの再演ですが、私は今回初見でした。

初演で話題を呼んだ荻野目慶子さんに代わって主役を務めるのは平岩紙さん。意外なことに大人計画作品での主演はこれが初めてなのだそうです。


日本総合悲劇協会vol.6 「業音」
作・演出: 松尾スズキ 
振付: 康本雅子   映像: 上田大樹   音楽: 伊藤ヨタロウ
出演:  平岩紙  松尾スズキ  伊勢志摩  宍戸美和公  
宮崎吐夢  皆川猿時  杉村蝉之介  康本雅子 (エリザベス・マリー)とダブルキャスト

2017年9月23日(土) 1:00pm 松下IMPホール BB列(2列目)センター
(上演時間 2時間)



車のボンネットの上女性が倒れているところから物語は始まります。
運転していたのは元アイドルで今は落ちぶれている土屋みどり(平岩紙)。母親の介護をネタにした演歌歌手になって再起をはかろうとしているところでした。車にはねられた女性 杏子(伊勢志摩)は脳を損傷し、植物状態となってしまいます。彼女の夫 堂本こういち(松尾スズキ)は償いのためみどりを拉致し、結婚を迫ります・・・。


「わかっちゃいるけどやめられない」というキャッチコピー。
私欲にまみれた人々の「業」を描いているます。

加害者でありながら「物事には理由がある」と自分の落ち度とは限らないと主張するみどり。
恐妻家で自殺願望のあるこういち。
屈折したゲイで自分のコピーを量産したい丈太郎。
有名になりたいと田舎から出てきた堕落兄妹。

皆それぞれに事情はありつつ、己の欲をさらけ出して生きています。
そこに描かれるのは、母親が死んでいるのに介護していることにして年金を手に入れようとしたり、アイドルを夢見て上京した若者を騙したり、売春の果てにエイズに感染したり・・・貧困、介護、認知症、エイズ、そして宗教観。
現代における様々な問題が盛り込まれていますが、驚くのはこれが15年も前に書かれた物語であること、そしてここに描かれた事象は今もなお、いやむしろより深刻を増した社会問題としてより色濃く私たちの身に降りかかっているということです。


続きがあります
posted by スキップ at 23:01| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

きっと ずっと 忘れない 「髑髏城の七人」 Season 鳥 


dokurotori2.jpg


「風」ではなく「鳥」です(^^ゞ

ライブビューイング含め4回観た「髑髏城の七人」 Season 鳥ですが、その折々に感想はアップしたものの、個々のキャストについては「また改めて・・」と「書く書く詐欺」みたいになってしまっていましたので、「風」の感想を書いた勢いで、この際書いてしまおう、と。


ONWARD presents
劇団☆新感線 「髑髏城の七人」 Season 鳥 Produced by TBS 
作: 中島かずき
演出: いのうえひでのり
出演: 阿部サダヲ  森山未来  早乙女太一  松雪泰子  粟根まこと  福田転球  
少路勇介  清水葉月  梶原善  池田成志  右近健一  山本カナコ  村木仁 ほか



これまでのレポ:
7月3日 1回目
7月31日 ライブビューイング
8月20日 天魔王バースデイ
9月1日 千穐楽


「『髑髏城の七人』を花鳥風月の4パターンで。それぞれ脚本もキャストも変えて上演」と最初に聞いた時、たとえば「捨之介編」「天魔王編」「蘭兵衛編」というように、視点も主役も変わるのかと思っていました。
でも基本的なプロットはそのままということで、まず「花」は2011年版「ワカドクロ」を踏襲する形で(主演も同じだし)、正統派な印象。
では次の「鳥」は・・・こう来たか、という感じでした。

捨之介のキャラクターも設定も大胆に変更。
これがまんまとハマって、それまで観る側の私たちが(もしかしたら演じる役者さんたちも)捉えられていた「捨之介はこうあるべき」というイメージを一気に払拭。
多分あて書きしたであろう脚本も演出もズバリとハマっていましたが、何よりも阿部サダヲという役者の力量あってこそです。


続きがあります
posted by スキップ at 22:39| Comment(2) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

一人二役復活! 「髑髏城の七人」 Season 風


dokurojokaze.jpg3月30日に上演が始まった「髑髏城の七人」も3シーズン目に突入。

鳥のキャストが発表された時点で中島かずきさんが「残る風か月かではオリジナル通り捨之介と天魔王を一人二役にする」とおっしゃっていて、とても楽しみにしていました。
その二役をやるのが松山ケンイチくんというのは予想のナナメ上を行くキャスティングでしたが。

9月22日に舞台を観て、感想書けないでいるうちにライブビューイングも観ちゃったので、合わせての感想を。


ONWARD presents 劇団☆新感線 「髑髏城の七人」 Season 風 
Produced by TBS 
作: 中島かずき
演出: いのうえひでのり
美術: 堀尾幸男   照明: 原田保 
衣装: 前田文子  竹田団吾   音楽: 岡崎司 
殺陣指導: 田尻茂一  川原正嗣 
アクション監督:  川原正嗣 
映像: 上田大樹 
出演: 松山ケンイチ  向井理  田中麗奈  橋本じゅん  山内圭哉  
     岸井ゆきの  生瀬勝久  河野まさと  逆木圭一郎  
     村木よし子  礒野慎吾  保坂エマ ほか

2017年9月8日(土) 2:00pm IHIステージアラウンド東京 2列センター/
ライブビューイング: 10月5日(木) 12:30pm なんばパークスシネマ シアター5
(上演時間 3時間40分/休憩 20分)



一人二役、すなわち、捨之介と天魔王がともに織田信長の影武者だった設定も復活。
「影武者でありながら生き残った者(捨之介)と影武者を犠牲にして生き残った者(沙霧)の対比が鮮明。
「捨之介は絶対女を斬ったりなんかしない」の場面と台詞も復活。

・・・と、「あぁ、やっぱり一人二役好きだぁ~」と思う場面が多々あって、「髑髏城は断然一人二役」派のワタシとしてはうれしい限り。
その一方で、捨天を別の役者さんが演じるのに慣れてしまっている自分を発見して少しとまどいも感じました。
それは、もしかしたら、中島かずきさんにもいのうえひでのりさんにもあったのではないかと思ったり(おこがましい)。


続きがあります
posted by スキップ at 23:50| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

はいからさんが と・お・る 花組 「はいからさんが通る」


haikarasan.jpg大和和紀さん原作の「はいからさんが通る」は少女フレンドに連載されていたことも知っていますし、テレビアニメになったことも、南野陽子さん主演で映画化されたことも、何より「花村紅緒」「伊集院忍」という名前に記憶もあって、矢絣に袴、髪にはリボンという紅緒のファッションも既視感ありありなので、てっきりどこかで観た、あるいは読んだことがあると思っていました。

が、今回舞台を観て、全く知らなかったことがわかりました。
忍さんがハーフだということも、初めて知った次第です。


宝塚歌劇 花組公演
ミュージカル浪漫 「はいからさんが通る」
原作: 大和和紀
脚本・演出: 小柳奈穂子
出演: 柚香光  華優希  鳳月杏  桜咲彩花  
水美舞斗  城妃美伶  聖乃あすか/英真なおき ほか

2017年10月12日(木) 4:00pm シアター・ドラマシティ 11列下手
(上演時間 2時間30分/休憩 25分)


舞台は大正7年の東京。

お転婆な女学生 花村紅緒(華優希)はある日、陸軍少尉の伊集院忍(柚香光)と出会いますが、彼は祖父母の代から決められた許嫁で、旧華族の伊集院家に行儀見習いに入ることになります。最初は反発していた紅緒ですが、次第に忍に惹かれるようになり・・・。


いや~、楽しかったです。
明るく元気で勝気で活発な女の子、彼女を取り巻く男たちはみんな彼女を好きになって、しかも揃ってイケメンという、いかにも少女マンガの王道ラブコメ。
ハッピーエンドとわかっていても、原作を知らなかったせいもあり、最後までストーリーに惹き込まれ楽しく拝見しました。
後で原作ファンの友人に聞いたところ、内容はほぼ原作に忠実のようでした。

忍が上官の印念中佐(矢吹世奈)の個人的な恨みから転属、さらにはシベリアへ出兵することになり、現地で戦死したらしいところまでが一幕、二幕は青江冬星(鳳月杏)の出版社で働き始めた紅緒の前に忍そっくりのミハイロフ侯爵が現れ、彼の秘密を追って・・とテンポよく展開するストーリー。
紅緒の忍に対する心情の変化ばかりでなく、人間としての成長も描かれていて、好感。
登場人物みんな二次元から飛び出して来たの?という華やかさ。
♪はいからさんが と・お・る という主題歌もキャッチーで今も脳内をグルグル。


続きがあります
posted by スキップ at 22:53| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

スペシャル感満載 市川染五郎特別公演 「歌舞伎舞踊への誘い」


image2 (5).jpg

お友だちのファザコンサリーちゃんに誘っていただいて、こちらの公演に行ってきました。
招待者のみのクローズドでこの日限りの特別公演。スペシャル感満載です。


市川染五郎特別公演 「歌舞伎舞踊への誘い」
第一部 長唄  都名所  市川染五郎
     ご挨拶とトーク   市川染五郎  尾上菊之丞
     長唄演奏  長唄名曲集 「四季」

第二部 歌舞伎舞踊  操り三番叟
      市川染五郎 (後見 尾上菊之丞)

演奏 長唄  杵屋栄八郎社中
    鳴物  藤舎貴生社中

2017年10月10日(火) 1:00pm セルリアンタワー能楽堂 脇2列
(上演時間 2時間/休憩 15分)




image1 (9).jpg

セルリアンタワー東急ホテルに能楽堂があるのは知っていましたが、
足を踏み入れるのは初めて。
地下二階にあるとは思えない、本格的な能舞台でした。



「都名所」

「船弁慶」の静御前の踊り「都名所」は素踊りで。
舞台に長唄や鳴物の社中が並んで演奏が始まる中、橋懸りから登場した染五郎さん。
中ほどで立ち止まり、「立ち舞うべくもあらぬ身の~」とひと節。

舞台に進み出て、静として舞います。
拵えも顔もしていないのにちゃんと女方。
四季折々の京都の名所を楽しかった義経との思い出ともに踊る静の心が浮かびあがるよう。
細やかな振りの一つひとつ、やわらかい手の表情や指先までの美しさもさることながら、肩を落として腰を折っての踊りは体力的にも消耗するだろうなぁと思いました。

舞台と客席が近いせいもあってか長唄もよく聞き取れて、「春の曙白々と」とか「糺の森に秋立ちて」とか、都の四季を彩る詞章の美しさにも聴き惚れました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:26| Comment(2) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

吉野ぶらり


image4 (2).jpg

吉野に着いてから潅頂会まで少し時間があったので、ぶらぶらお散歩しました。
この日は雨の予報でしたが、散歩している間は風は強かったものの時折陽がさすくらいのお天気で、いざ蔵王堂へ籠るとなった頃に雨がパラつき始めるという、晴れ女(でもない?)の本領発揮です。

冒頭の画像は来る時、電車の中から見えた吉野川。
この流れが久我之助と雛鳥を隔てていたのね、と思って胸がきゅんとなりました。
歌舞伎や文楽を観るようになる前は「吉野川」と聞いても特に何の感概もなかったのに。
本当に、昔はものを思はざりけりでしたワ。


image3.jpg

吉野駅に到着。
さてケーブルに、と思ったらみんなバスの方へ行きます。
事前に何も調べていなくて、知らなかったのよ、ケーブルが運休していることを。
それでも、この時はまだ平日だからかな?と思っていたのですが、5月ごろからずっと運休しているらしい。
その間、代行バスが運行しています。



続きがあります
posted by スキップ at 21:12| Comment(2) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする