2017年09月28日

秀山祭九月大歌舞伎 夜の部


秀山祭九月大歌舞伎 夜の部はいかにも”秀山祭”な義太夫狂言と吉右衛門さんの手による復活狂言の彩り豊かな二本です。


秀山祭九月大歌舞伎 夜の部
2017年9月21日(木) 4:30pm 歌舞伎座 1階1列下手
(上演時間 4時間26分/幕間 30分・10分)



shuzansai20173.jpg


一、ひらかな盛衰記  逆櫓
出演: 中村吉右衛門  中村歌六  中村雀右衛門  中村又五郎  
中村錦之助  中村東蔵  市川左團次 ほか


漁師権四郎(歌六)の娘およし(東蔵)の入り婿となって「逆櫓」という技術を習得し船頭に身をやつして暮らす松右衛門(中村吉右衛門)。実は木曽義仲の遺臣樋口次郎兼光で、義仲を滅ぼした源義経に一矢報いようとしていました。およしの亡くなった先夫との間の息子槌松を取り違えた者だというお筆(雀右衛門)という女がやってきます。およしが育てている子は木曽義仲の遺児駒若丸だったのです・・・。


歌舞伎でも文楽でも観たことのある演目ですが、確か以前秀山祭でも観たはず・・と検索してみたら、2008年9月に観ていました。もう9年も前なのね。

とても、とてもよかったです。
今まで「逆櫓」の何を観ていたんだろう、と自分にツッコミたいくらい。


続きがあります
posted by スキップ at 23:46| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする