2017年09月27日

秀山祭九月大歌舞伎 昼の部


shuzansai2017.jpg「秀山祭」は中村吉右衛門さんの力の入った舞台を観ることができる大切な機会。
「極められた歌舞伎がここ(秀山祭)にあると常に感じています」と染五郎さん。
これまで他の役者さんで観たことがある歌舞伎の代表的な演目も新たな気づきがあったり、勉強にもなりますのでできるだけ観に行くようにしています。
来年襲名を控える染五郎さんは「市川染五郎」として最後の秀山祭です。


秀山祭九月大歌舞伎 昼の部
2017年9月21日(木) 11:00am  歌舞伎座 
3階1列センター (上演時間 4時間12分/幕間 30分・20分)



一、彦山権現誓助剱  毛谷村
出演: 市川染五郎  尾上菊之助  中村吉之丞  上村吉弥  中村又五郎 ほか


毛谷村六助を染五郎さん、って少し意外な気がしましたが、とてもよかったです。
気はやさしくて力持ち、を地でいくようなやさしくておおらかな六助。
実は剣豪なのに騙されているのにも気づかないほどお人よしの感じもよく出ていました。
ラスト近くで微塵弾正こと京極内匠(又五郎さん)の正体が露見して、サッと表情が変わるとこも、本気出したら実はコワイ感じでゾクッとしました。
吉弥さんお幸とのピシッパシッと短剣を投げ合うやり取りも息ぴったり。

菊之助さんがお園と聞いて、これまた「綺麗すぎでは?」と思っていたのですが、綺麗なのはそのままに、キリリとした女剣豪でした。
臼を持ち上げるところは案外あっさりしていて、「わお!力持ち!」感は少な目でしたが、六助が許婚だどわかった後のもじもじ照れたり、急にお料理始めたりするところが可愛かったです。

父親が討たれた場面を涙ながらに六助に語っているところへ忍びが現れて、語るのをやめず泣きながらも相手をやっつけるのもおおしろかったな。
あの忍びは音蔵さんかな?キレッキレの動きで、お園ちゃんの立ち廻りが一層引き立っていました。

それにつけても、染五郎さん、菊之助さん、吉弥さんの並び、華やかで絵面の美しい毛谷村でございました。


続きがあります
posted by スキップ at 22:06| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする