2017年09月18日

マトカでは皆家族 雪組 「CAPTAIN NEMO」


nemo.jpg雪組の二番手男役 彩風咲奈さん 外箱初主演作品。
大阪公演初日には「身が引き締まる思い」と語られたインタビュー記事が流れていました。

望海風斗さんのトップお披露目となった全国ツアー公演には組長、副組長が帯同していますが、こちらの公演には、朝美絢、永久輝せあ、縣千といった若手人気男役を配し、専科からも2人特出と、雪組の御曹司ともいえる彩風さんに手厚い布陣が印象的です。


宝塚歌劇雪組公演
MUSICAL FANTASY
「CAPTAIN NEMO」・・・ネモ船長と神秘の島・・・
~ジュール・ヴェルヌ「海底二万里」より~
脚本・演出: 谷正純
出演: 彩風咲奈  舞咲りん  久城あす  朝美絢   永久輝せあ   
野々花ひまり  彩みちる/汝鳥伶  華形ひかる ほか

2017年9月17日(日) 12:00pm シアター・ドラマシティ 16列上手
(上演時間 2時間30分/休憩 25分)



「ジュール・ヴェルヌの海洋SF小説『海底二万里』に登場するネモ船長-潜水艦ノーチラス号で植民地支配を目論む国々に敢然と戦いを挑む孤高の英雄を新たな視点で描くミュージカル・ファンタジー」ということだそうです。

えっとですね。
ツッコミどころはいろいろあります。
「海底二万里」って子供の頃に読んだことあるけどこんな話だっけ?というのが一幕観終わった時点での感想(・・まぁ、私の読書の記憶力はあまりあてになりませんが)。

ポーランド貴族の末裔で、ロシア軍に家を滅ぼされたという生い立ちから、同じ境遇の人たちを助け、相手を殺したりはしないやり方で対抗していく、というのはいいとして、いくら「寡黙で謎に包まれている」とはいえ、人間味がなさすぎな感じがしますネモ船長。
マトカという島に集まった人々を「家族」と呼んで、ネモ船長を中心にみんなが一つの方向を向いているって、どこの新興宗教ですか、と思いました。
二幕終盤のマトカの危機に際してネモ船長はじめ島民全員で「我々は皆家族~」みたいに歌い上げる場面なんてその極み。
大体あの人たち、みんな自国の民族衣装着てるのはなせ?

二幕後半になると、やたら「逆鱗」(NODA・MAPの)のシーンや「回天」という言葉が頭の中に浮かんでは消えるようになりました。
何で??と考えたら、マトカに攻め込んでくるロシアの艦隊に立ち向かうノーチラス号とネモ船長にまるで人間魚雷みたいな印象を受けたからだと気づきました。


・・・と書いていたらキリがないので。


続きがあります
posted by スキップ at 22:43| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする