2017年09月17日

天国の光・地獄の炎 「ノートルダムの鐘」


notredame.jpg「劇団四季を観るのなんて何年ぶりかしら?」とブログ検索してみたら、2010年1月に「ウィキッド」観ていました。いただいたチケットで。

それもすっかり忘れていたくらい劇団四季とはご縁の薄い不肖スキップですが、この作品を観たいと思ったのは、2016年5月の井上芳雄くんのコンサート 「YOSHIO INOUE sings Disney ~Dream Goes On!」で、彼の歌う「地獄の炎」(Hellfire)を聴いた時から。
悪役フロローのナンバーですが、井上くんの迫力の歌唱に惹き込まれ、「この曲、物語の中で聴いてみたい!」と思ったのでした。

当時「ノートルダムの鐘」は劇団四季の次回作と発表されていましたが、まだ上演前で、やがて始まった東京公演はチケット発売即完売。
京都に来るのを待って、やっと観ることができました。


劇団四季ミュージカル 「ノートルダムの鐘」
原作: ヴィクトル・ユーゴー 「ノートルダム・ド・パリ」
演出: スコット・シュワルツ
脚本: ピーター・パーネル
音楽: アラン・メンケン
作詞: スティーブン・シュワルツ
日本語台本・訳詞: 高橋知伽江
演出スーパーバイザー: 味方隆司  北澤裕輔
音楽監督: 鎮守めぐみ
出演: 田中彰孝  芝清道  岡村美南  清水大星  阿部よしつぐ ほか

2017年8月18日(金) 1:30pm 京都劇場 1階P列(13列目)センター
(上演時間 2時間35分/休憩20分)



劇団四季の役者さんは全く知りませんので日程のみで選びました。
しいていえば海宝直人さんのカジモドが観てみたかったけれど、1週間前に発表されてもなぁ・・・。
という訳で、この日のキャストはこちら。

image1.jpg



続きがあります
posted by スキップ at 23:45| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする