2017年09月15日

望海風斗さんトップおめでとう! 雪組 「琥珀色の雨にぬれて/“D”ramatic S!」


yukikohaku.jpg雪組 新トップコンビ 望海風斗さん、真彩希帆さんのプレお披露目となった全国ツアー公演。
間もなく千秋楽を迎えますが、ラッキーなことに初日の舞台を観ることができました。


宝塚歌劇雪組 全国ツアー公演
ミュージカル・ロマン 「琥珀色の雨にぬれて」
作: 柴田 侑宏 
演出: 正塚 晴彦
Show Spirit 「“D”ramatic S!」
作・演出: 中村 一徳

出演: 望海風斗  真彩希帆  梨花ますみ  秦乃はると  
彩凪翔  真那春人  煌羽レオ   星南のぞみ  陽向春輝 ほか

2017年8月25日(金) 3:30pm 梅田芸術劇場メインホール 1階22列上手
(上演時間 3時間/休憩 30分)




「琥珀色の雨にぬれて」

物語: 1922年秋のある朝、第1次世界大戦から生還した青年貴族クロード・ドゥ・ベルナール公爵(望海風斗)は、散歩に出たフォンテンブローの森で神秘的な美女シャロン(真彩希帆)と出会い一目で恋に落ちます。しかし、二人の恋はシャロンの取り巻きのジゴロ ルイ(彩凪翔)やクロードの婚約者フランソワーズ(星南のぞみ)を巻き込んで・・・。


1984年に高汐巴、若葉ひろみ主演の花組で初演された作品。
私は、2012年9月 星組 柚希礼音・夢咲ねねコンビの全国ツアー公演で観たのが初見でした。


”恋人や妻がありながらファム・ファタールともいうべき女性と出会って恋に落ちてしまう”というのはままあることで、だからこそ古今東西 小説や映画、舞台でも題材として男女の愛憎話は事欠かない訳で・・・とわかっていても、やっぱりクロードってどーなん?と思ってしまいます。
フィアンセがありながら他の女のことばっかり考えている、ついにはすべてを投げ打って恋に走る・・のならまだしも、それを一旦思いとどまって結婚しておきながら1年後に再会すると恋心も再燃、何の迷いもなく一緒に旅行しようとする・・そして今も(物語はクロードの回想)想い続けているらしい・・・ほんと、どーなん?(笑)
しかもそのフィアンセの前でさえシャロンといちゃ話(?)するに至っては、フランソワーズでなくても「私の前で私を通り越した言葉を交わすのはやめて!」と言いたくもなるというものです。

・・・というのはさておき、望海風斗さんがこのクロードという役にすんなりハマッているのが意外なオドロキでした。


続きがあります
posted by スキップ at 22:52| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする