2017年09月11日

思ったよりちゃんとミュージカル 「ヤングフランケンシュタイン」


youngfr.jpg

小栗旬くんミュージカル初挑戦。

メル・ブルックス監督、ジーン・ワイルダー主演で1974年に公開された映画「ヤングフランケンシュタイン」がオリジナルで、同じくメル・ブルックスの作詞・作曲・脚本で、2007年にブロードウェイ・ミュージカル化された作品の日本初演。
日本版の演出を手掛ける福田雄一さんには苦手感漂いますが、小栗旬くんの「歌」に興味があって参戦となりました。


ミュージカル 「ヤングフランケンシュタイン」
作詞・作曲: メル・ブルックス
脚本: メル・ブルックス  トーマス・ミーハン
演出・上演台本: 福田雄一
振付: 上島雪夫
音楽監督・指揮: 上垣聡
美術: 二村周作
出演: 小栗旬  瀧本美織  ムロツヨシ  賀来賢人  
保坂知寿  吉田メタル  宮川浩  瀬奈じゅん ほか

2017年9月10日(日) 1:00pm オリックス劇場 1階16列センター
(上演時間 3時間5分/休憩20分)・・・だけど実際は3時間45分



物語の舞台はトランシルバニア。
マッドサイエンティストのヴィクター・フォン・フランケンシュタイン博士(宮川浩)が亡くなり、彼が生み出したモンスターに襲われた過去を持つケンプ警部(ムロツヨシ)はじめ村人は皆喜んでいましたが、博士には孫息子がいました。
その孫 フレデリック(小栗旬)は、自らをフロンコンスティーンと名乗り、フランケンシュタイン家の末裔であることを隠してニューヨークの大学病院で高名な脳外科医として活躍していました。その彼のもとへ、祖父の遺産を継ぐためにトランシルバニアに来るよう連絡が入ります。婚約者のエリザベス(瀬奈じゅん)にしばしの別れを告げ、訪れたトランシルバニアでは少し変わった風貌のアイゴール(賀来賢人)とセクシーな地元の女の子インガ(瀧本美織)が助手として出迎え、屋敷では古くから勤める家政婦のフラウ・ブリュッハー(保坂知寿)が待っていました。祖父の遺した実験記録を読むうち、自分も同じように実験をしたいという欲望にかられて生み出したモンスター(吉田メタル)は・・・。


映画もブロードウェイ版も観ていませんのでどれくらい原作に忠実なのかどこまでが脚色なのかわかりませんが、「思ったよりちゃんとミュージカル」というのが第一印象。
オープニングで、フランケンシュタイン博士の棺を運ぶ黒衣の人々がパッと外套を脱ぐと色とりどりのカラフルな衣装を着ていて明るく歌い踊るなんて、「ミュージカルじゃん」と思いました。
歌詞はともかく、曲は全てオリジナルが使ってあるのかな。アンサンブルのハーモニーもよく、耳に心地よかったです。


続きがあります
posted by スキップ at 22:18| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする