2017年09月09日

科学が答えを出したその先 「プレイヤー」


player.jpg image1.jpg

私は自分自身は霊感とかいうものには全く無縁の人間です。
が、友人に、あまり強くはないけれどいわゆる「見える」「聞こえる」人がいて、その時の様子を聞いたり、その人たち同士はわかるらしく、ごく稀に見知らぬ人から「あなた、見えるでしょ?」と声をかけられた、なんていう話も聞いたことがあります。

そんなこともあって、自分では何も見えたり聞こえたりしないながらも、そんな世界はあるんじゃないかなとは思っています。
この作品で藤原竜也くん演じる刑事の桜井が言った「科学が答えを出したその先」の世界が。


シアターコクーン・オンレパートリー2017 「プレイヤー」
作: 前川知大
演出: 長塚圭史
美術: 乘峯雅寛  照明:齋藤茂男 
出演: 藤原竜也  仲村トオル  成海璃子  シルビア・グラブ  
峯村リエ  高橋努  安井順平  村川絵梨  長井短  大鶴佐助  
本折最強さとし  櫻井章喜  木場勝己  真飛聖

2017年9月4日(月) 2:00pm 森ノ宮ピロティホール D列(2列目)センター
(上演時間 2時間50分/休憩15分)



物語の舞台はある地方都市の劇場のリハーサル室。
そこで稽古が進められている作品は、「死者の言葉が生きている人間を通して再生されるという戯曲『PLAYER』」。
その劇中劇と稽古場を行き来し、交錯しながら徐々に曖昧になっていく現実と虚構の境界線。


前川知大さんが2006年にイキウメで上演した戯曲「PLAYER」を、長塚圭史さんとともに討議を重ね、新たな構造を加えた作品。
オリジナルの戯曲は劇中劇「PLAYER」の部分だそうです。
そのあらすじは、


続きがあります
posted by スキップ at 23:30| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする