2017年09月03日

林檎殺人事件 「鎌塚氏, 腹におさめる」


kama2017.jpg三宅弘城演じる「完璧なる執事」鎌塚アカシが活躍する倉持裕作・演出の「スクリューボール・バトラー・コメディ『鎌塚シリーズ』」。
2回目から毎回楽しみに観ていて今回が第4弾です。

今回は、殺人事件とその犯人探しがテーマになっていて、これまでとは少し毛色が違ったテイスト。


M&Oplaysプロデュース 「鎌塚氏, 腹におさめる」
作・演出: 倉持裕
美術: 中根聡子  
舞台監督: 幸光順平
出演: 三宅弘城  二階堂ふみ  眞島秀和  谷田部俊  
玉置孝匡  猫背椿  大堀こういち

2017年9月3日(日) 1:00pm サンケイホールブリーゼ 1階D列センター
(上演時間 2時間5分)



第2弾: 鎌塚氏, すくい上げる
第3弾: 鎌塚氏, 振り下ろす


物語の舞台は綿小路公爵家。
当主の綿小路サネチカ(大堀こういち)と娘で推理好きのチタル(二階堂ふみ)の2人暮らし。
チタルの亡き母の弟 鬼集院ヤサブロウ(眞島秀和)はサネチカが姉を殺したのではないかと疑い、この家を乗っ取ろうと目論んでいます。
そんな中、離れでサネチカが背中に包丁が突き刺さった遺体で発見され、チタルは執事の鎌塚アカシ(三宅弘城)とともに犯人探しに乗り出します・・・。


楽しかったです。
殺人事件の犯人探しを軸にして謎解きのおもしろさもありつつ、ラストは離れにまつわる父と娘、娘と叔父、母と娘のハートウォーミングな家族の物語に収束するあたり、前作「鎌塚氏、振り下ろす」のレイジロウのエピソードを思い出したりも。

綿小路公爵家のリビング、離れ、中庭と展開する舞台装置。
離れの外の中庭で、犯人がどうやって足跡もつけずに高い窓から飛び降りて逃げたのか、庭師の毛呂ヨシミ(谷田部俊)と女中の太田代テマリ(猫背椿)が言わずにいたその時の行動をまじえつつトリックが明かされる場面、おもしろい上によくできてたなぁ。


続きがあります
posted by スキップ at 23:06| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする