2017年08月10日

松竹座 七月大歌舞伎 昼の部


shochikuza201707.jpg七月の松竹座は昼夜ともどっしりした戯曲と舞踊が1本ずつという組合せ。
どちらも2回ずつ拝見。とても見応えありました。

大阪松竹座新築開場二十周年記念
関西・歌舞伎を愛する会 第二十六回
七月大歌舞伎 昼の部

2017年7月7日(金) 11:00am 松竹座 1階1列下手/
7月27日(木) 11:00am 1階3列下手
(上演時間 3時間40分)



一、夏祭浪花鑑
   序  幕  住吉鳥居前の場
   二幕目  難波三婦内の場
   大  詰  長町裏の場
作: 並木千柳  三好松洛
出演: 市川染五郎  片岡孝太郎  尾上松也  中村萬太郎  中村壱太郎  
嵐橘三郎  坂東竹三郎  中村鴈治郎  中村時蔵 ほか

      

「夏祭浪花鑑」を初めて観たのは2002年11月 扇町公園の平成中村座です。
団七はもちろん、勘九郎時代の勘三郎さん。
あの時、開け放たれた舞台から公園の緑の中へ駈け出して行く団七と徳兵衛、だんじり囃子とともになだれ込んで来る御神輿と祭連中にとにかく圧倒されて、以来、大好きで大切な演目です。
その団七を染五郎さんが初役で、しかも大阪で勤められる、こんなうれしいことはありません。

これまで、勘三郎さんを筆頭に、 勘九郎(勘太郎時代)さん、藤十郎さん(襲名披露興行で仁左衛門さんの徳兵衛、お辰は菊五郎さんと超豪華)、吉右衛門さん、愛之助さん、海老蔵さんの団七を観てきました。
今回染五郎さんは団七をお父様の幸四郎さんに教えていただいたということで、「高麗屋型」の夏祭ということになりましょうか。

とはいうものの、先日、シネマ歌舞伎「阿弖流為」の舞台挨拶でもおっしゃっていた通り、幸四郎さんの団七は十七世勘三郎さんから習われたもので、染五郎さんご自身も勘三郎さんのコクーン歌舞伎に磯之丞で出演されたこともあり、「お客様にも『中村屋の夏祭良かったよね』と思い出していただけるような団七にしたいと思っています」ということでしたので、中村屋さんテイストも感じられる夏祭を目指されたのではないでしょうか。
大好きな役、大好きな演目である分、染五郎さんがどのように演じてくださるか、楽しみでもあり、同時に不安もちょっぴり感じていました。


結論からいうと、染五郎さんの団七、とてもよかったです。


続きがあります
posted by スキップ at 19:38| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする