2017年08月02日

明日を信じて 月組 「All for One」 新人公演


allforoneshinko.jpg宝塚歌劇の新人公演は入団7年目・・研7と呼ばれる学年までが出演することができます。
今年 研7になったのは2011年に初舞台を踏んだ97期生。
月組の蓮つかささん。
97期生ラストチャンスで新人公演初主演です。

新人公演はとても人気があってチケットがなかなか取れないのですが、今回は思わぬご縁があってチケットを取っていただくことができました。
ありがとー


宝塚歌劇 月組公演
三井住友VISAカード シアター
浪漫活劇(アクション・ロマネスク)
「All for One」 ~ダルタニアンと太陽王~  新人公演
脚本・演出: 小池修一郎
新人公演担当: 指田珠子
出演: 蓮つかさ  結愛かれん  輝生かなで  朝霧真  暁千星  
海乃美月  佳城葵  礼華はる  麗泉里  風間柚乃  美園さくら ほか  

2017年8月1日(火) 6:00pm 宝塚大劇場 2階12列下手
(上演時間 2時間)



本公演の感想はこちら


1本立てで二幕 2時間30分のものを2時間弱に再構成されていますので、プロローグの三銃士とダルタニアン登場シーンをはじめ、いくつかの場面、ダンスシーンや楽曲、そしてフィナーレなどがカットされていましたが、つながりに特に不自然な感じはなく、うまくリバイスされているという印象でした。
何より、若い出演者が皆とても熱演、好演で、このままバウホールなどで若手公演として上演できるのではないかと思いました。
そして、やっぱりこの作品、おもしろいと再認識。


蓮つかさくん、まずは新公初主演 本当におめでとう。
れんこんくんのあの声で開演アナウンスが流れた時、客席から歓声と拍手が起こりました。

シャープな美貌(高校時代にはミス日本宮城代表に選ばれたとか)で本公演で銃士隊の中にいても目立つ存在ですが、華奢で少年のような雰囲気のダルタニアン。
珠城りょうさんの包容力あふれるダルタニアンとはまた違ったヒーロー像を描き出していました。ハスキーな声で滑舌が時折舌っ足らずなのかな?と気になることがありましたが(高泉淳子さんが少年役をやる時の発声に似てると感じたな)で台詞もしっかり、のびやかな高音を響かせる歌はもっとしっかり。センターに立つ華も輝いていました。


続きがあります
posted by スキップ at 22:43| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする