2017年08月01日

劇団☆新感線 「髑髏城の七人」 Season 鳥 ライブビューイング


torilv.jpg


5月15日に Season 花で劇団☆新感線史上初のライブビューイングやった時、この後4シーズンともやる気だな、と思っていたら案の定(笑)。
Season 鳥は舞台もとても楽しかったし、まだこの後2回観る予定もありますが、この際ライビュも制覇しておきましょうということで。
にしても、毎回月曜日なのね、ライビュ。

ONWARD presents 劇団☆新感線 「髑髏城の七人」
Season 鳥 Produced by TBS  ライブビューイング

2017年7月31日(月) 6:30pm なんばパークスシネマ スクリーン7
(上映時間 3時間30分)



舞台を観た感想はこちら



Season 花のライビュ観た時の感想(こちら)に、「カメラワークやアングルはそれほど凝っているとはいえない・・・」と書いたのですが、今回は結構進化していた印象です。

舞台をストレートにとらえるばかりでなく、表情のアップにもそれなりの意図があるように感じました。
2回目ということもあって初回の反省点を活かしたのかスタッフの技量なのか定かではありませんが、昼夜ともに観た友人が「ソワレの方がカメラワークよかった」と言っていましたので、スタッフによっても違いがあるのでしょうか。
髑髏城で沙霧が捨之介に斬りかかった時、じっと座っているサダヲ捨之介が目をつぶっている映像には「ほぅ」と思いました。ここの捨之介は客席に背を向けているので、いくらオペラグラス駆使しても決して観ることはできない表情です。

先日、シネマ歌舞伎「阿弖流為」を観た時、舞台挨拶で染五郎さんが、「舞台ですとお客様はそれぞれの視点で自由にご覧いただけますが、映像の場合は『ここを見てください』という視点でナビのように進みます」とおっしゃっていたのを改めて実感しました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:26| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする