2017年07月30日

一人はみんなのために 月組 「All for One」


allforone.jpg宝塚で三銃士モノといえば、2011年雪組「仮面の男」の悪夢を思い出しますが、そこはエース 小池修一郎先生。
「三銃士」からは外れることなく、銃士たちが活躍する冒険活劇で王室ものでラブコメ。
まさしくロマンチック・アクション・ミュージカル。
楽しかったぁ


宝塚歌劇 月組公演
三井住友VISAカード シアター
浪漫活劇(アクション・ロマネスク)
「All for One」 ~ダルタニアンと太陽王~
脚本・演出: 小池修一郎
出演: 珠城りょう  愛希れいか  美弥るりか  宇月颯  暁千星  憧花ゆりの  
綾月せり  夏月都  早乙女わかば  海乃美月 風間柚乃/一樹千尋  沙央くらま ほか

2017年7月17日(火) 1:00pm 宝塚大劇場 1階3列センター/
7月28日(金) 1:00pm 1階9列上手
(上演時間 3時間)



物語の舞台は17世紀フランス。
若き国王ルイ14世(愛希れいか)の剣術指南に銃士隊のダルタニアン(珠城りょう)が任命されますが、ルイ十四世はバレエに夢中で剣術には興味を示さず、不興を買って指南役を解任されてしまいます。ルイにスペイン王女マリア・テレサ(海乃美月)との縁談が持ち上がる中、ダルタニアンは酒場でルイーズという娘に出会います。マザラン枢機卿(一樹千尋)によって銃士隊が解散に追い込まれる中、再び王宮に呼ばれたダルタニアンは、そこでルイ十四世の重大な秘密を知ることになるのでした・・・。


image1.jpg


この演目が発表された時、「ルイ十四世には重大な秘密が・・」というところで、「あー、ルイ十四世が女だったという設定なのね。そして多分ルイ役やちゃぴなのね」と思ったものです。
そしてその通りだった訳ですが、それを知っていてもやはり楽しい。

実際、物語上でも「ルイは女」であることは結構早い段階で観客には明らかにされ、母のアンヌ、マザラン枢機卿、乳母のマドレーヌと本人だけしか知らないこの秘密を、ダルタニアンが知ることになり、ルイの従姉妹で彼に思いを寄せるモンパンシェ公爵夫人にバレて・・・という展開。
まぁ、その秘密のバレ方もワンパターンではあるのですが(笑)。

そんなルイ十四世の秘密を軸に、王家乗っ取りを画策するマザラン枢機卿 vs 王家を守護する銃士隊 という活劇部分がしっかり描かれていて、そこにダルタニアンとルイーズの恋模様、マザランの甥ベルナルドの横恋慕、生まれてすぐ行方不明になった双子の男の子(本当のルイ十四世)も都合よく見つかって・・という盛りだくさんの内容ながら、すっきり整理されていて混乱することなくテンポよく物語は進み、歌はもちろん、群舞や殺陣もまじえて華やかな展開。小池先生、さすがの作劇です。

それから、小池先生といえばやはり盆やセリといった舞台機構の使い方が本当に上手い。
「眠らない男・ナポレオン」の時にもありましたが、舞台上で芝居が進行している時に上がったままの大セリが下りて来て、その動いているセリ上では銃士隊の面々が隊列組んで踊ってる、なんてゾクゾクします。
大詰、階段のある王宮を大セリで回しながら銃士隊、護衛隊入り乱れての大立ち回りなんて迫力も楽しさも満載です。

  
続きがあります
posted by スキップ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

ディープな天満に潜入 「百足家」


image1 (9).jpg

今日は梅田芸術劇場で星組「オーム・シャンティ7・オーム」観劇(楽しかった!)の後、ご一緒したお友だちの案内で天満へ。
天満&天神橋筋商店街には安くておいしいお店がたくさんあって、お鮨屋さんやお好み焼き屋さんには以前行ったことがあるのですが、今回は酒豪の彼女のお気に入りの立ち呑み屋さんへ連れって行っていただきました。


image2 (8).jpg角打ち料理 百足家
大阪市北区天神橋5-4-9
tel: 06-6232-8253


JR天満駅からも地下鉄天神橋筋6丁目駅からも歩いて10分足らずの場所にあります。
メインストリートから何度か曲がったので今度一人で行けるかどうかはギモンですが。
普段は15:00オープンのということですが、この日は16:00 私たち一番乗りでした。
でも常連さんらしきお客様が続々と。
開店1周年を迎えたばかりということですが、人気の立ち呑み屋さんです。

友人の分も含めて飲んだお酒が冒頭の画像。
初めて飲む日本酒ばかりでしたがどれもおいしかったです。
昼サイコー!



image1 (8).jpg image2 (7).jpg
image2 (6).jpg image1 (7).jpg

お酒はもちろん、お料理もとてもおいしい。
左上からマグロの顔面・自家製さつま揚げ・大羽イワシフライ・夏野菜トマト煮込み
マグロの顔面は部位によって味や歯ごたえが全然違うのにオドロキ
さつま揚げはふわふわだし、イワシフライの上のタルタルソースの美味しさに感動
イタリアンシェフのご経験もあるというマスターのトマト煮込みは本格的

・・・とおなかも心も大満足の天満の昼下がりでした。



image1 (6).jpg image2 (5).jpg

帰り道 商店街で見かけたものたち。
やっぱ天満、ディープだワ。



おいしく楽しく飲んだくれ のごくらく度 (total 1250 vs 1258 )

 

posted by スキップ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

1日10食限定ガレット @DAMMANN lumière


image1 (5).jpg

本日は松竹座七月大歌舞伎千穐楽を昼夜通し観劇。
どちらも2回目でしたが、さすがに千穐楽 気迫漲る舞台はどれもすばらしかったです。

昼夜の間に、少し買物があって高島屋へ行ったのですが、少しおなかもすいていたのでそうだ!と思い立ってこちらへ。

DAMMANN lumière (ダマンリュミエール)
大阪市中央区難波5-1-5 高島屋大阪店2階

大阪を代表するフレンチのひとつ リュミエールの唐渡泰シェフとフランスの老舗紅茶ブランド ダマンがコラボレーションしたティーサロン。
うめだ阪急となんば高島屋の2店舗のみにあります。


こちらのサロンといえば、紅茶やスイーツはもちろんのこと、1日60食限定の週替わりワンプレートランチが人気で(メニューはこちら)、週末はいつも行列になっていてまだ入ったことありませんでした。
が、今日は平日だし、3時30分という中途半端な時間だし・・・と行ってみたら案の定並ばずに入れました。

ランチはちょっとヘビーかなと思ったので、1日10食限定の「野菜と半熟卵のガレット」をいただきたいと「まだありますか?」と聞いてみたらOKでした。さすが平日です。

冒頭の画像がそれ。
「野菜と半熟卵とサーモンのガレット」の方が正しいんじゃない?(笑)
ガレット生地は見えませんが、結構しっとり目でやわらかなガレットでした。
付け合わせの野菜が彩り豊かでどれもおいしくて満足。

ティーセットで、紅茶は2種類のうち「セイロンO.P.スペリュール」をチョイスしました。
「ややストロングな味わいとコクの中に、柔かな酸味が溶けて後口を爽やかににしています」だそうです。



やっぱ何ごとも平日やね のごくらく地獄度   (total 1249 vs 1258 )




posted by スキップ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

久しぶり~ 「喰海」


image1 (2).jpg

日ごろtwitterで交流させていただいている大好きなお姉様が東京から松竹座や文楽を観に大阪にいらっしゃったので、関西人2名でおもてなし。
久しぶりにこちらに伺いました。


喰海 (クウカイ)
大阪市北区堂島1-3-29 日宝新地レジャービル1F
tel: 06-6348-9156

このブログにアップするのは初めて訪れた2011年(こちら)以来ですが、それからもよく行っていて、お気に入りのお店のひとつ。
ここしばらくは間があいてしまって久しぶりでした。

冒頭の画像は、このお店に行きますよと決めた時から「マッコリ飲む~」と宣言していた通りに。
もちろん生ビールジョッキキメた後ですし、この2合入りのマッコリ、この後何回おかわりしたことか



image1 (4).jpg

こちらでは必ずいただく季節のナムル盛り合わせ。
相変わらずおいしかったです。
一つずつ素材ばかりでなく味付けも違っているのがすごい。
ビールにもマッコリにもよく合って、いくらでも食べられちゃいそうです。



image1 (3).jpg image2 (3).jpg
image2 (2).jpg image1.jpg

少し前だということと飲んだくれたこともあって、今となってはお料理の名前は忘却の彼方。
チヂミが新しょうがと何かだったのは覚えています。すごくおいしかったもん。
右下の夏野菜のマリネもとてもお気入り。毎日食べたいくらい。


歌舞伎や文楽のみならず諸々話で盛り上がり、よくしゃべって大いに笑いました。
松竹座七月大歌舞伎昼の部を観た日でしたので、お手洗いに勘三郎さんの大阪平成中村座「夏祭浪花鑑」のフライヤーが貼ってあるのを見て泣きそうにもなったり。
あれこれ忙しく楽しい一夜でした。



image2.jpgこの後さらにミナミに繰り出していつものバーで飲んだれ。
「さっき前を鴈治郎さんと染五郎さんと松也が通ってな・・・」とマスターから聞いてとなった大阪ディープナイトでございました。



もちろん午前様で翌日は二日酔いですが何か? のごくらく地獄度 (total 1248 vs 1257 )




posted by スキップ at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

ロベール・トマ 二度目なのにヤラレタ! 「罠」


wana.jpg2009年に加藤和樹さん初主演作として上演され翌年再演。
今回が7年ぶり三度目の上演ということですが、私は初見でした。

「ラストまで犯人が分からない・・・謎が謎を呼ぶ推理劇の決定版!」というキャッチコピー。
「演劇界のヒッチコック」と呼ばれたロベール・トマの名作サスペンス劇です。

「罠」
作: ロベール・トマ   訳: 平田綾子   
演出: 深作健太
美術: 朝倉摂
出演: 加藤和樹  白石美帆  渡部秀  初風緑  山口馬木也  筒井道隆

2017年7月15日(土) 5:00pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
1階F列センター  (上演時間 2時間)



物語は新婚3ヵ月のカップルが滞在するフランス郊外の山荘の一室で展開します。
妻のエリザベートが行方不明になり、夫のダニエル(加藤和樹)はカンタン警部(筒井道隆)に捜索を依頼しますがなかなか見つかりません。
そこへ、マクシマン神父(渡部秀)に付き添われて戻って来たエリザベート(白石美帆)は全く見知らぬ別人でした。ダニエルは、激しく抵抗しますが状況証拠は彼女が妻だと裏付けるものばかり。ただ一人真実を証明してくれるはずの絵描きメルルーシュ(山口馬木也)も殺されてしまい、ダニエルは精神的に疲弊しエリザベートとマクシマンにより病院へ送られることになって・・・。


これ、雰囲気が昨年観た「一人二役」に似てるなぁ似てるなぁ、と思いながら観ていました。
メルルーシュを除いて周りの人たちが全部共犯っぽいところとか、主役が陥れられてじわじわ精神的に追い詰められていくところとか、同じ展開じゃんと思っていて、ふと気づきました。
あの作品もロベール・トマだったことに。


続きがあります
posted by スキップ at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

ギャツビーだけどギャツビーじゃない 「グレート・ギャツビー」


gatsby.jpg井上芳雄さん主演でこの作品を上演すると発表になった時かなり話題沸騰で、その他のキャストの情報公開まで時間がかかったこともあってか「デイジーは誰だ?」的な憶測でネット上が賑わっていたことも、今となっては懐かしい。


ミュージカル 「グレート・ギャツビー」
原作: F・スコット・フィッツジェラルド
音楽: リチャード・オベラッカー
脚本・演出: 小池修一郎
音楽監督: 太田健
振付: 桜木涼介
美術: 松井るみ
出演: 井上芳雄  夢咲ねね  広瀬友祐  畠中洋  蒼乃夕妃  AKANE LIV  
田代万里生  本間ひとし  渚あき  イ・ギトン  音花ゆり ほか

2017年7月5日(水) 1:00pm 梅田芸術劇場メインホール 1階7列(4列目)下手
(上演時間 2時間50分)


物語: 舞台は1920年代のアメリカ・ニューヨーク。禁酒法の時代。
謎多き大富豪・ギャツビー(井上芳雄)の邸宅の隣に引っ越して来たニック(田代万里生)は、夜ごと行われるギャツビー邸のパーティに招かれます。ニックのまたいとこ・デイジー(夢咲ねね)は、裕福な家の息子トム(広瀬友祐)と結婚し一児の母となっていますが、トムにはマートル(蒼乃夕妃)という愛人がいて夫婦関係はぎくしゃくしていました。そのデイジーこそ、ギャツビーが5年前に別れた忘れられない恋人でした。やがてニックの手引きで二人は再開し・・・。


始まりはプールサイド。
バスローブ姿のギャツビーが登場。それを脱いで水着になった(この時代の水着を芳雄くんが着ているの見てちょっと笑いそうになっちゃったんだけど)途端に銃声が響いてギャツビーがプールに転落。
映し出された水面が血で真っ赤に染まっていく・・・というオープンニング。
ギャツビーの死から回想に入っていく展開です。

1991年に今作と同じ小池修一郎さん脚本・演出、杜けあきさん主演で宝塚歌劇で上演、2008年には瀬奈じゅんさんのギャツビーで再演されていますが、どちらも観ておらず、小池先生演出版は今回初見。
「デイジーを思い続けるギャツビーの一途な愛の物語」という印象です。
ビジュアルもとても綺麗。
王道の純愛悲劇をザ・プリンスの井上芳雄が演じているに尽きる、とでも言いましょうか。


gatsby2.jpg




続きがあります
posted by スキップ at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする