2017年03月31日

カンバレ狐 「うめだ文楽 2017」


umedabunraku2017.jpg「大阪が世界に誇る 伝統芸能 文楽の魅力をたくさんの人と広くわかち合いたい」という趣旨の在阪民放5局のコラボ企画。今年で3回目です。
昨年とても楽しかったのでぜひ今年も、と思っていたのですが絶賛「REON JACK 2」期間中で、日程やゲストを選ぶ余裕がなく、金曜日の会社帰りに行ってきました。


うめだ文楽 2017
太夫: 豊竹希太夫
三味線: 鶴澤寛太郎  鶴澤燕二郎
人形:  吉田幸助  吉田玉勢  吉田簑紫郎  
     桐竹紋吉  吉田玉誉  吉田簑太郎  
     桐竹勘次郎  吉田玉彦  吉田玉路  
     桐竹勘介  吉田簑之  吉田玉延
ゲスト: 嘉門達夫

2017年3月24日(金) 7:00pm ナレッジシアター B列センター



トークコーナー

トークの司会進行は在阪各局アナウンサーのまわり持ち、ということで、この回は読売テレビの諸國沙代子アナウンサー。
文楽はほとんどご覧になったことがないそうで結構”素人目線”の質問や反応が新鮮。

トークゲストは嘉門達夫さん。ギター片手に登場。
嘉門さんも文楽は初めてで、この日までに勉強しようと思っていたけれど他にやることが多すぎて・・と苦しい言い訳をされていました。
「文楽を初めて観る人」と客席に挙手を求めたらわりと少なかったので諸國アナウンサーともども驚いていらっしゃいました。
人形遣いさん登場の前に、嘉門さんが1曲披露。
先ほどラジオ番組で歌ってきたばかりという「森のくまさん」の替え歌「森友の籠さん」(笑)


続きがあります
posted by スキップ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

ありがたき幸せ 「俳優祭」 -演目編-


haiyusai9.jpg続いて演目編です。
(模擬店編はこちら


日本俳優教会再建設立60周年記念
「第38回 俳優祭」 夜の部
017年3月28日(火) 5:00pm 歌舞伎座 
1階10列センター
(上演時間 3時間40分)



一、坂東亀三郎 監修
  藤間勘十郎 振付
  舞踊二題 (上) 「二つ巴」 (下) 「石橋」


「二つ巴」
出演: 中村芝翫  中村扇雀  中村錦之助  中村鷹之資  尾上松緑  坂東亀寿  
     市川男女蔵  中村歌昇  中村種之助  中村萬太郎  坂東新悟 ほか 


元々踊りには疎い上に全く予習もしていませんでしたのでどういう演目かわからずに観ていたのですが、手ぬぐいで目隠しされた芝翫さんが手をひかれながらヨタヨタ出てきてやがてその目隠しをはずし・・・というあたりで「『仮名手本忠臣蔵』の一力茶屋の場面みたいだな」と思っていたらそうだった(笑)。
「仮名手本忠臣蔵」の七段目と十一段目を長唄舞踊にした演目ということを後で筋書き読んで知ったのですが、さすがに十一段目すぐにわかりました。

素踊りなので役者さんは拵えもされていないのですが、ちゃんと立役は男らしく、女形は女性に見えてすごい。
並んで出てきた門之助さん・笑也さん・笑三郎さん一力の仲居さんかな。
芝翫さんの由良之助に扇雀さんのおかる、というにはいずれも歌舞伎ではまだ拝見したことがないのですが、いずれ持ち役にされるのかしら。
鷹之資くんが力弥で扇を手に一人舞う場面があって、さすがにしっかりした踊りで、振付のご宗家の信頼も期待も大きいのだろうなと思いました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

ありがたき幸せ 「俳優祭」 -模擬店編-


haiyusai2017.jpgナマの舞台を観る上で私が心がけていることは「一期一会」。
つまり、「次」はない、といつも思っていて、「観たいものはできる限り観る」がモットーです。

不定期開催される「俳優祭」はその最たるもので、「次」がいつあるかもわからないし、前回観た役者さんが次の回にはもういない、という経験もしています。
自分自身のことを顧みても、仕事や健康や家族のことなど、様々な事情でいつ行けなくなるとも限りませんので、行ける時には万難を排して行くと決めています。

数年に一度のワンチャンス「俳優祭」
今回も行けたことに感謝!
柚希礼音さんの口癖ではないけれど、「ありがたき幸せ」でございます。


日本俳優教会再建設立60周年記念
「第38回 俳優祭」 夜の部
一、舞踊二題 (上) 「二つ巴」 (下) 「石橋」
ニ、模擬店
三、「月光姫恋暫」

2017年3月28日(火) 5:00pm 歌舞伎座 1階10列センター
(上演時間 3時間40分)



今回が38回目となる俳優祭ですが、私は34回目から参加していて今回で5回目でした。
観始めてからちょうど10年。

第34回俳優祭 (2007年5月)
第35回俳優祭 (2009年4月)
第36回俳優祭  ①   (2012年1月)
第37回俳優祭  ①    (2014年3月)
番外編 歌舞伎チャリティ公演 (2011年7月)


続きがあります
posted by スキップ at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

I've been jacked AGAIN 「REON JACK 2」


rj2.jpg「REON JACK」から1年。

「今回はよりクールにアーティスティックに、『挑戦』をテーマにした」という柚希礼音さんのセカンドコンサート。
その言葉通り、よくも悪くも宝塚時代の延長感のあった前回とは全く雰囲気の異なるスタイリッシュでハイクオリテイのシビれるコンサートでした。


柚希礼音ソロコンサート 「REON JACK 2」 
音楽プロデューサー: 本間昭光
ステージング: 大村俊介(SHUN)
振付: 大村俊介(SHUN)  YOSHIE  原田薫  高岸直樹(東京バレエ団特別団員)  Cristian & Nao
出演: 柚希礼音  上野水香  大貫勇輔  大村俊介(SHUN) クリスティアン・ロペス
 阿部雄大  岩﨑浩太郎  神谷直樹  周平  山下銀次  HACHI  矢野祐子
BAND MEMBERS: NAOTO (Vi/Band Master)  楠瀬タクヤ (Dr)   二家本亮介 (Ba)  山本陽介 (Gt)  野崎泰弘 (Key)  足立賢明 (Mani)   真部裕 (Vi/3.26のみ)  MARU(Cho)

2017年3月23日(木) 6:30pm 梅田芸術劇場メインホール 1階22列センター/
3月25日(土) 5:00pm 3階3列上手/3月26日(日) 12:30pm 1階15列下手
(上演時間 2時間10分)



冒頭の「Maybe if」に始まって「希望の空」まで1時間30分はほぼMCなしで、上野水香さんのソロやバンドメンバー紹介、Dancers Showcaseなどを除いて柚希さんが歌いっ放し、踊りっ放し、というステージ。
衣装も髪型もメイクもとてもスタイリッシュ。

上野水香さんはじめスペシャルなゲストダンサーズとのコラボはどのシーンもまばたきする間ももどかしいくらい。
飽きることなく何度でも観られるし何度でも観たい、と思いました。

カーテンコール?となった時に公演Tシャツにデニム、オレンジのスニーカーというグッとカジュアルスタイルで現れた柚希さんとゲストのトーク、「REON JACK」の振りとかけ声の練習、そしてノリノリの2曲、大フィナーレまで40分という(笑)。

”いつものちえちゃん”を最後のワンコーナーに集約して、本編はひたすらクールにカッコよく、響き渡るヴォーカルと超絶ダンス、スペシャルゲストとのコラボレーションに酔いしれるというステージングがとても成功していると感じました。


SET LIST (ちょっと順番自信ないところあり)
1. Maybe if
2. 太陽を射る者
3. Two Snakes feat.NAOTO (with 大村俊介)
4. 楽園
5. Love U
6. Witch's Mirror 
7. タンゴ (with ロペス・大貫勇輔)
8. リベルタンゴ (with 上野水香)
9. オブリビオン (上野水香ソロ)
10. Feeling good (ロペス・大貫勇輔・大村俊介)
11. タンゴ (with ロベス)
12. 夜空に眠るまで
13. TATTOO     
14. 僕は何を探してるんだろう? (with 大貫勇輔)
15. 希望の空

16. Yes! 世界に魔法が降り注ぐ
17. REON JACK



続きがあります
posted by スキップ at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | music | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

「仔羊を丸ごと喰らう会」 再び


hitsuji3.jpg

昨年 誘っていただいて初めて参加してとても楽しかった「仔羊を丸ごと喰らう会」。
今年も仲間に加えていただきました。

3BEBES (トレスベベス)
大阪市福島区福島2-9-4
tel: 06-7652-3664

昨年より人数が少な目でしたので、羊くんも少し小ぶりかな、という印象ですが、
「去年ちょっと焼き過ぎ感があったので今年はそのあたりお願いしました」という
主催者のてんちゃんのこだわりにより、さらにジューシーでおいしくいただきました。


hitsuji5.jpg hitsuji7.jpg

てんちゃんがマイナイフ持参で手際よく切り分けてくれてこのとおり。

前回も書きましたが、私はお肉に関してはかなりコンサバで普段ラム肉を好んでチョイス
することはほぼありません。だから羊を食べるのも昨年のこの会以来1年ぶり。
こちらでいただく仔羊くんはちゃんと羊の味がするのにクセがなくて、本当においしい。
みんなでワイワイ言いながら食べるせいもあるかもしれません。



hitsuji9.jpg hitsuji1.jpg
hitusji2.jpg hitsuji8.jpg

鹿肉のミートボールなど珍しい前菜盛り合わせや鉄板のマッシュルームのアヒージョ
〆のパエリアまで、とてもおいしくいただき、乾杯のスパークリングワインに始まって、
白・赤・そしてビールとアルコールも大量摂取(笑)。
誘ってくれたお友だちとてんちゃん以外は初対面の人ばかりでしたが、お話しも弾んで
とても楽しい夜を過ごしました。



美味しく楽しくて飲み過ぎ&食べ過ぎが玉にキズ のごくらく地獄度 (total 1724 vs 1727 )


posted by スキップ at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

歌劇の殿堂で「男役 柚希礼音」を懐かしむ


dendo1.jpg dendo7.jpg

3月19日は観劇前に久しぶりに「宝塚歌劇の殿堂」に行きました。
企画展「スターの歴史展」が星組編だったから。

柚希礼音さんが退団されてからも一度行ったことがあるのですが、その時は別の組の特集で柚希さんの手形がなくて、「星組の時に行かねば」と思っていたのでした。
鳳蘭さん→瀬戸内美八さん→峰さを理さんのあたりから観ていた星組。
なつかしい作品ポスターもたくさん。

冒頭の画像は、2008年 星組「スカーレット ピンパーネル」初演時と「愛と青春の旅立ち」(2010年)のシャンシャン。
実はワタクシ、これ持って羽根背負って写真撮ったことがありますの (こちら と こちら
・・・どんだけシャンシャン好きなんだ^^;



dendo9.jpg

紅ゆずるさん、綺咲愛里さんのサインが入った現在公演中の
「スカーレット ピンパーネル」台本も展示されていました。



続きがあります
posted by スキップ at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする