2017年01月31日

木ノ下裕一 演目レクチャー「娘道成寺/隅田川」


IMG_0051.jpg先週土曜日は京都 アトリエ劇研へ木ノ下歌舞伎「隅田川・娘道成寺」を観に行きました。
本編もさることながら、終演後に行われた木ノ下裕一さんの演目レクチャーがとても楽しかったので(これが聴きたくてこの回にしたのですが)、まずはこちらのレポから。


木ノ下歌舞伎 演目レクチャー「娘道成寺/隅田川」
木ノ下裕一

2017年1月28日(土) 8:00pm アトリエ劇研 3列(全席自由席)
 


アトリエ劇研という劇場へ行くのは初めて。
バスが苦手なので、公式サイトで紹介されていたアクセスの中で地下鉄 松ヶ崎駅から徒歩というのを選択。
書いてあったルートとは明らかに1本違う道を歩いていると思いましたが、「絶対この通り沿いにあるはず」という野生のカン(笑)が働いて、まっすぐ1本道でたどり着きました。
閑静な住宅街の中にあって、二子玉川にある花組芝居の本拠地 セーヌ・フルリを思い出しました。

座席は可動式なのかな。全席自由で最前列も選ぶことができましたが、1列2列はベンチシートで足腰ツラそうでしたので、3列目の椅子席をチョイス。
本編の時には木ノ下さんや杉原邦生さんが近くの席でご覧になっていました。
2時間の公演終演後、木ノ下裕一さん登場です。

ステージの真ん中に机と椅子。
大きな鞄を持って現れた木ノ下さんは「準備するものが多くて・・」と言いながら、鞄からダルマの絵の湯呑みを取り出し、たくさんの本を取り出してスタンバイ。
これはいつものスタイルのようで、「最初にこれは言っておかないと」とご自身の性別ネタを持ち出すところもお約束。

「ちょっとアンケート取っておこう」とおっしゃって、「『義経千本桜』ご覧になった方」「『勧進帳』ご覧になった方」と挙手をつのって、人数を書き留める鉛筆もわざわざ鞄から出したジャンボ鉛筆、という仕込みぶりです。
ナナメ前で聴いていらした杉原さん、大ウケで爆笑されていました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

まわ~る まわ~る カルーセル~ 月組 「カルーセル輪舞曲」


carousel.jpg

続いてショー。
「主題歌がすぐに歌えるショーはよいショー」と聞いたことがありますが、そういう意味ではとてもよいショーと言えるでしょう。
♪まわ~る まわ~る カルーセル~ という主題歌、最初に聴いた時から耳についてすぐ再生できましたから。


モン・パリ誕生90周年
レヴューロマン 「カルーセル輪舞曲(ロンド)」
作・演出: 稲葉太地
出演: 珠城りょう  愛希れいか  美弥るりか  憧花ゆりの  緒月せり  宇月颯  
紫門ゆりや  早乙女わかば  朝美絢  海乃美月  暁千星/華形ひかる ほか



「グランドホテル」の感想はこちら



carousel.jpg

日本で最初のレヴュー「モン・パリ」が宝塚で上演されて90周年を記念したショー。
開演前に緞帳が上がると、星空に浮かぶ回転木馬(カルーセル)。
この回転木馬に乗って、パリを出発して→ニューヨーク→メキシコ→ブラジル→シルクロード→インド洋 と世界中を巡り、宝塚が目的地となる趣向です。
宝塚らしい、オーソドックで楽しいショーでした。

専科に異動したとはいえ、星条海斗さん、沙央くらまさん、凪七瑠海さんといった元月組メンバーがいつも出ているイメージでしたので、その人たちがごっそりいなくなって、真ん中に立つ人が龍さんから珠城さんになって、ショーの方が「新生月組」をより強く感じました。

以下は印象に残った場面や人のピックアップ。


続きがあります
posted by スキップ at 23:28| Comment(6) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

人生は回り巡る輪舞 月組 「グランドホテル」


grandhotel.jpg月組新トップスター 珠城りょうさんお披露目公演。

この1月は宝塚では珠城さんお披露目、東京では紅さんプレお披露目。
歌舞伎は東西で襲名披露興行を観ることができて、いつにも増しておめでたい初春だったなぁ。


宝塚歌劇月組公演
ザ・ミュージカル 「グランドホテル」
脚本: ルーサー・ディヴィス
作曲・作詞: ロバート・ライト  ジョージ・フォレスト
追加作曲・作詞: モーリス・イェストン
オリジナル演出・振付・特別監修: トミー・チューン
演出: 岡田敬二  生田大和
翻訳: 小田島雄志
出演: 珠城りょう  愛希れいか  美弥るりか  憧花ゆりの  緒月せり  宇月颯  紫門ゆりや  早乙女わかば  朝美絢  海乃美月  暁千星/夏美よう  華形ひかる ほか

2017年1月14日(土) 3:00pm 宝塚大劇場 2階1列上手/
1月22日(日) 11:00am 1階3列上手/3:00pm 1階25列下手



トミー・チューンさんの演出・振付で1989年にブロードウェイで初演されたミュージカル「グランドホテル」。
1993年には宝塚歌劇で、当時の月組トップスター涼風真世さんのサヨナラ公演として上演されました。残念ながらその初演は観ていなくて、昨年、トム・サザーランド演出版を観たのが最初です(感想はこちらこちら)。

あの時、梅芸の客席に美弥るりかさんや愛希れいかさんがいらしてて、「月組の人やたら見かけるけど月組でやるのかな?」と思っていたら、ほどなくこの公演が発表されて、とても楽しみにしていました。
宝塚での初演はオットーが主役でしたが、今回は珠城さんのキャラクターに合わせて、フェリックス・フォン・ガイゲルン男爵が主役。
いや、この物語の主役はいつも、「グランドホテル」ですね。


続きがあります
posted by スキップ at 20:51| Comment(4) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

IL GHIOTTONE di piu


IMG_0012.jpgしばらくの東京勤務の後、関西に戻ってきた友人のお帰りなさい会兼新年会。
会社帰りに集まりやすいところということで、グランフロント大阪のこちらへ。

IL GIOTTONE di piu
(イルギオットーネ ディピュー)

大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 北館1F
tel: 06-6317-9669



京野菜をふんだんに使ったイタリアンで有名な笹島保弘シェフのリストランテ。
京都のお店には何度かうかがったことがあるのですが、グランフロントのお店は
ずっと気になりながらこのたび初めてお邪魔しました。

この日は「乾杯スパークリング付 京都の地産食材を使用した全6品ディナー」
というコースをいただきました。


■ 焦げちゃった!!ワカサギ

IMG_0014.jpg

これがテーブルに置かれた時には「何?」と思いました。


続きがあります
posted by スキップ at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

祝 芝翫襲名 「壽初春大歌舞伎」 夜の部


shochikuza201701.jpg一月の松竹座は中村芝翫さんと3人のご子息の襲名披露興行。
新春ということも重なって、ロビーは華やいだ雰囲気でした。


中村橋之助改め 八代目中村芝翫 
 中村国生改め 四代目中村橋之助
 中村宗生改め 三代目中村福之助
 中村宣生改め 四代目中村歌之助 襲名披露

大阪松竹座開場二十周年記念
壽初春大歌舞伎 夜の部

2017年1月21日(土) 4:00pm 大阪松竹座 3階2列センター



一、鶴亀
出演: 坂田藤十郎  中村橋之助  中村福之助  中村歌之助


能の「鶴亀」を長唄に移した祝祭的なおめでたい舞踊劇。
藤十郎さんの女帝を囲んで、鶴に橋之助くん、亀に福之助くん、従者が歌之助くんという布陣です。

鶴、亀はそれぞれ頭に鶴と亀の飾りがついた冠をかぶっていて、鶴、亀柄の入った着物を着ていて、見た目にも楽しい舞踊でした。
藤十郎さんの女帝は神々しく厳か。
三兄弟はきちんとお行儀よい踊り。
実はワタクシは三兄弟の中で国生くん(つまり橋之助くんね)しか把握できていなかったのですが、この演目は登場人物4人だけだし役柄もシンプルなので、お陰で3人の区別がつくようになりました(←そんな感想?💦)   


shochikuzashikan.jpg


続きがあります
posted by スキップ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

プチラッキーはつづく・・・のか?


自慢ではありませんが、ワタシはくじ運がハナハダ悪いと思っています。
何かの会合で座席番号で抽選、というのもほとんど当たりませんし、
歳末大売り出しの福引などの類もハズレの粗品ばかり。

それがここへ来て自分でも驚きのプチラッキーが続きました。


★ 「日本郵便 年賀状早期購入キャンペーン 宝塚歌劇月組貸切公演」に当選

こういうキャンペーンやっていること自体これまで知らず、会社で配布された部署分の
年賀状に応募用紙が1枚入っていた(多分 担当者の抜き忘れ)のを見つけて、
「へぇ〜、こんなのあるんだ」と軽い気持ちで応募したのに当選通知来てびっくり。
当日、150倍の倍率だったことを知ってさらにビックリ!


★ 某福利厚生サービス 宝塚歌劇星組貸切公演に当選

会社が加入している某福利厚生サービスに宝塚貸切公演があることをWEBの社内掲示板で知る。
しかもチケ難が予想される星組「スカーレット ピンパーネル」
「へぇ〜、こんなのあるんだ」(アゲイン)と応募。
当選メール来てびっくり。
これまで一度もこのサービス利用したことなかったものの、会社に感謝。


そして昨日。
★ WOWOWからこのようなものが届きました。

IMG_0006.jpg

「ふたがしら2」 早乙女太一くんのマウスパッドです。
これに至っては応募したことさえ忘れていました。


すべて無欲の勝利とも言えますが、何にしても申し込んでおくものだなぁと実感。
いずれにしてもありがたーいプチラッキー、ずっと続いてほしいものです。



この調子の波に乗って宝くじでも買おうかしら のごくらく度 (total 1698 vs 1699 )



posted by スキップ at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | 更新情報をチェックする