2016年08月31日

ピンク・トライアングルは尊厳の証 「BENT」


bent.jpg政治犯は赤の三角
犯罪者は緑の三角
ユダヤ人はダビデの黄色い星
そして、ゲイの胸にはピンクの三角

そのピンクの三角はマックスにとって、尊厳の証


PARCO PRODUCE 
「BENT  ベント」
作: マーティン・シャーマン
翻訳: 徐賀世子
演出: 森新太郎
出演: 佐々木蔵之介  北村有起哉  新納慎也  中島歩  
小柳友  石井英明  三輪学  駒井健介  藤木孝

2016年8月21日(日) 1:00pm 森ノ宮ピロティホール D列下手



1930年代のベルリンを舞台に、ナチスドイツによって迫害された同性愛者たちの悲劇を描く物語。
マックス(佐々木蔵之介)は定職にもつかず、恋人のダンサー・ルディ(中島歩)とアパートに住み、享楽的な日々を過ごしていましたが、ある日を境に始まったナチスの粛清とホモセクシャル狩りで捕らえられ、収容所へと送られます。
その護送車の中でホルスト(北村有起哉)と出会ったマックス。絶望と暗闇が支配する収容所で2人は心を通わせ、ともに生き抜こうと励まし合いますが、やがて追い詰められ・・・。


映画化されていて、日本でも何度か舞台作品にもなっていますが、初見でした。
「ナチスドイツの同性愛者への迫害の話」というのは知っていましたので、覚悟はしていたとはいえ、観ているのはかなりキツイ内容で、耳をふさぎたくなったり目をそらしたくなったりすることも。
常に死と隣り合わせにいるような収容所の生活もさることながら、列車で護送される場面が個人的には一番キツかったです。

護送列車でインテリの象徴である眼鏡をかけていたため、ゲシュタボに目をつけられ、拷問を受けるルディ。
姿は見えず、断末魔の叫び声だけが聞こえるこのシーンはかなり辛い。
一度はルディを助けようとしたマックスでしたが、「動くな。お前も殺される」というホルストの忠告で思いとどまるマックス。

逃亡中、叔父(藤木孝)が1枚だけ用意してくれたアムステルダム行きの切符を、「2枚じゃなきゃダメだ。あいつを置いていけない」と断ったマックスが、
目前の暴力と自分の命の危険の前には、心を閉ざして見捨ててしまう・・・「知り合いじゃない」と繰り返し言い続け、「知り合いじゃないなら殴れ」と言われればその通りに拳を振るう・・・ここは本当に観ているのがキツい。

生き延びるために人間として誇りも尊厳もかなぐり捨ててしまったマックス。
人間の業の哀しさ厳しさを見せつけられているようでかなりツラい。



続きがあります
posted by スキップ at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

年相応の脳


IMG_4846.jpgわが社では毎年の健康診断の他に、3年に一度 脳ドックを受診することになっていて、今年がその年でした。
前回2013年に受けたのがはるか昔のようでもあり、つい昨日のことのようにも感じて、時間軸の感覚、だんだんおかしくなってきました(笑)。

頭部のMRIをはじめ、頚動脈エコー、血液検査、心電図、眼圧、眼底検査などに加えて「物忘れ度テスト」なんていうのもあって、2005年に初めて受けた時の狼狽ぶりがこちらに。


昔は覚えるのも早く、細かいことも忘れないという自他共に認める記憶力クイーンで、「あんた、よう覚えてるなぁ」と会社の周りのおじさま方に感嘆されることもしばしばだったのですが、さすがに寄る年波には勝てず、「前はこんなこと忘れたことなかったのに」と凹むこと多々。
脳の画像診断も、しばらく前までは「実年齢よりだいぶ若い脳」とDr.に言われたとドヤ顔で自慢していたのに、近頃では「毛細血管も年相応に衰えてきていますね」ですと

それでもまぁ、大きな問題もなく元気で働き遊べるカラダと脳に感謝。


画像はクリニックの大きな窓から撮ったけ今朝の空。
夏から秋へ、季節が移っていくのを感じる雲です。




来週には人間ドックが待っている の地獄度 (total 1621 vs 1625 )


posted by スキップ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

蒼い血を流すトート  宙組 「エリザベート」


elisabeth2016.jpgウィーンで誕生したミュージカル「エリザベート」の日本初演は1996年。
宝塚歌劇団雪組(主演: 一路真輝・花總まり)によるものです。
今年は初演から20周年となるメモリアルイヤー。
さらに宙組公演初日は宝塚の「エリザベート」上演900回目というメモリアルデイでした。

昨年帝劇で東宝版「エリザベート」を観た時、朝夏まなとさんはじめ宙組メンバーも観にいらしていたこともあって、「2016年にエリザやるのは宙組ではないか」と早くから噂にのぼっていました。
今の各組トップコンビや他のスターとのバランスからも、宙組が一番ハマるのではないかな、と私も思っていました。


三井住友VISAカード ミュージカル
「エリザベート -愛と死の輪舞-」
脚本・歌詞: ミヒャエル・クンツェ
音楽: シルヴェスター・リーヴァイ
オリジナル・プロダクション: ウィーン劇場協会
潤色・演出: 小池修一郎 
演出: 小柳奈穂子
出演: 朝夏まなと  実咲凛音  真風涼帆  愛月ひかる  寿つかさ  純矢ちとせ  
澄輝さやと  蒼羽りく  桜木みなと  伶美うらら/悠真倫 ほか

2016年8月13日(土) 3:00pm 宝塚大劇場 1階10列センター/
8月14日(日) 3:00pm 1階21列センター



2014年 花組以来 2年ぶりの宝塚版エリザベート。
私を含めて、客席のほとんどの人がストーリーも曲もよく知っている上に、他組版や東宝版も観ていると思われ、そんな中で名曲難曲を歌い上げ、演じるのはどれほどプレッシャーでしょう。
しかしそこは朝夏まなとさん、実咲凛音さん筆頭に歌えるメンバーが揃い、重層的なコーラスにも元々定評のある宙組。
長身脚長揃いでビジュアルも完璧。
正統派の雰囲気と現代的なシャープさを併せ持つ美しくドラマチックな「エリザベート」の世界を描き出していました。

いや~、やっぱりいいわ、エリザ。


続きがあります
posted by スキップ at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

今月三度目の上京でした


IMG_9658.jpg本日は東京へ・・・というか歌舞伎座へ、
八月納涼歌舞伎一部と二部を観に行ってきました。
今月三度目の上京💦
でも全部日帰り💦💦

うまく予定が合わないとか、諸般の事情であまり家を空けられないとか、いろいろ理由はありますが、1ヵ月3回も上京するのは初めてだったかもしれません(ま、うち1回は軽井沢の帰りに東京に「寄った」というカンジですが)。
1日に2本くらい舞台観て日帰りする・・って何だか東京行きがもう「遠征」ではなくて、「少し遠くの劇場へ芝居を観に行く」みたいな感覚になってきました(笑)。


画像は上京する飛行機の窓から見えた雲海。
今日は大阪も東京も曇り空だったのですが、雲の上はそんなこと関係なしにいつも青空。
どんなお天気の日でも、飛行機に乗って雲を突き抜けてこの空を見たら、
厚い雲の下であれこれ悩んだり苦しんだりイライラしたりしていることが、
何だかとてもちっぽけなことのように思えてきます。



でもそのちっぽけなことの積み重ねが日常なんだよね の地獄度 (total 1620 vs 1623 )



posted by スキップ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | travel | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

八月納涼歌舞伎 第三部


八月納涼歌舞伎。
この特別ポスターが出た時、下の二人に大笑いしたものですが、その弥次喜多コンビの二部は千穐楽のお楽しみとして、軽井沢の帰りに東京に寄って、まずは三部だけ先に拝見しました。


noryo201608.jpg


八月納涼歌舞伎 第三部
2016年8月12日(金) 6:00pm 歌舞伎座 3階3列センター


一、河竹黙阿弥 作
  新古演劇十種の内  土蜘
出演: 中村橋之助  中村獅童  中村七之助  中村児太郎  中村国生  中村宗生  中村宣生  中村鶴松  市川團子  波野哲之  坂東巳之助  中村勘九郎  市川猿之助  中村扇雀


病の床に伏せる源頼光のもとへどこからともなくやってきた智籌と名のる僧が病平癒の祈念を申し出ますが、実は・・・というお話。

何度も観たことのある演目ですが、橋之助さんで観るのは初めてでした。
十月にはご自身の芝翫と三人の息子さんの襲名を控える橋之助さん。
その三人を四天王に従え(あとの一人は鶴松くん)、まるでプレ襲名披露のような趣きです。

智籌の花道の登場は、異空間から音もなく現れるテイのため、大向うはもちろん、拍手もしてはいけないと以前教えていただいたのですが、3階だったので花道の出は見えず(笑)、気づいた時にはもう七三の位置に沙門頭巾に黒の水衣の橋之助さんが立っていらっしゃいました。
その出から不気味で妖しい雰囲気たっぷりで、時折頼光をキッと睨む視線鋭く見得もキマって、背中に背負ったものを感じさせる凄味ある土蜘の精でした。
後ジテでは隈取もよくお似合いで、上背と体軀の良さが活きて大きく堂々として華やか。

その影から土蜘であることを見破る太刀持ちは團子ちゃん。キビキビと抜かりなくしっかり。
獅童さん平井保昌とともに土蜘の精に立ち向かう四天王。
教わった型どおりやるのが一杯いっぱいという感じ。ガンバレ。

配役が発表された時、「四天王より番卒の方が強そう」と歌舞伎クラスタの間で話題になった番卒は
猿之助さん、勘九郎さん、巳之助さん。
踊り巧者が揃って、短いながら楽しく見応えのある場面となりました。

続きがあります
posted by スキップ at 08:23| Comment(5) | TrackBack(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

混沌と毒と切なさと 「ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン」


gogoboys.jpg松尾スズキさん2年ぶりの新作。
架空の国の架空のお話ですが、笑いながら時折ヒヤリとナイフを頬にあてられているよう。


シアターコクーン・オンレパートリー2016
「ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン」
作・演出: 松尾スズキ 
美術: 二村周作 
音楽: 伊藤ヨタロウ 音楽監督: 門司肇
出演: 阿部サダヲ  岡田将生  皆川猿時  池津祥子  
宍戸美和公  村杉蝉之介  顔田顔彦  近藤公園  
平岩紙  岩井秀人  伊藤ヨタロウ  松尾スズキ  
吹越満  寺島しのぶ ほか
邦楽演奏: 綾音 

2016年8月9日(火) 7:00pm 森ノ宮ピロティホールJ列センター



物語: 内戦状態にある架空の国 ジャワンガスタン。
過激派の人質となった先輩 ヤギ(吹越満)を助けるためこの国に潜入したベストセラー作家の永野(阿部サダヲ)は、「ゴーゴーボーイ」と呼ばれる少年たちによる売春の世界であやしげな美少年、トーイ(岡田将生)に心を奪われ、トラブルに巻き込まれていきます。
一方、日本では、永野の妻で女優のミツコ(寺島しのぶ)が元マネジャーのオカザキ(岡田将生二役)と浮気していましたが、行方不明になった夫を捜索する悲劇のヒロインとして現地に向かうことになります・・・。


ジャワンガスタンそのもののように、物語の世界も混沌として雑多。
エネルギーにあふれつつダークでブラック。
笑いを散りばめながら毒気もたっぷり。

松尾スズキワールド全開の舞台でした。

吹越満さん扮するヤギが人質となって銃をつきつけられながら「助けて下さい」とメッセージを書いたプラカードを手にしたカメラ目線の映像をはじめ、私たちの周りでリアルに起こっている事象が次々出て来て、それをシニカルな目線で描写したり、パロディにして笑いに転化したり風刺したり。
もちろん性的タブーなんてお構いなしで、ゲイありエロもグロもあり。

それでも、全編を流れるのは、「愛」。
祖国への愛。
綺麗な男の子への愛。
夫と妻が互いに思いやる愛。



続きがあります
posted by スキップ at 23:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする