2016年05月30日

真っ白な壁が告げるもの ふたりものがたり「乳房」


nyubo.jpgりゅーとぴあ製作の新リーディングシリーズ。
2作はいずれも著名作家が紡いだ、至高の物語。

Ⅰ. 伊集院静「乳房」 ~天上の花となった君へ~
Ⅱ. 沢木耕太郎「檀」 ~もう一度、妻になれたら~

「ふたりものがたり」は「ふたり(two actors)」の「ものがたり(reading act)」だとか。
どちらもとても楽しみですが、まずはこちらを拝見。
「乳房」は、伊集院静さんが亡き妻・夏目雅子さんとの出会いと別れを描いた30ページの短篇が原作です。
張り切ってチケット取ったら、目の前数10センチのところに2人がいるという席で、何だか照れる(^^ゞ

りゅーとぴあ発・新リーディングシリーズ ふたりものがたり
「乳房」 ~天上の花となった君へ~
原作: 伊集院静
企画・台本・演出: 合津直枝
出演: 内野聖陽  波瑠

2016年5月19日(木) 7:00pm 近鉄アート館 A1列センター



開演前には「ミスター・サマータイム」や「夢一夜」、「魅せられて」など昭和の歌謡曲が流れます。劇中で使われた「時間よ止まれ」「唇よ熱く君を語れ」を含めて、化粧品のCM曲が多かったのは、「クッキーフェイス」で華々しくデビューした夏目雅子さんをリスペクトしてのことでしょうか。

上手に机と椅子、下手にはオットマンソファが置かれたシンプルなセット。
役者さんは手にスクリプトを持っていますが、動きもあって、リーディングというより2人芝居のよう・・・
ですが、芝居より観客の想像力に委ねられる「余白」が多いという印象です。


机の前にひとり座った高山(内野聖陽)。
「妻を死なせてしまったのは、自分のせいかもしれない」という自責の念から逃れられず、酒に溺れ自暴自棄の暮らしを送っています。
「あれからどれくらい時が経ったのだろう」と日常感覚までも壊れてしまったような高山の独白は、聞いているこちらまで苦しくなります。

「7年よ」
「ターさん」

そこへ降ってくる明るく澄み切った声。
その声とともに現れた里子(波瑠)とともに、一気に2人の出会いへと時空を越え、愛と別れまでが丁寧に描かれていきます。

原作は未読ですが、将来を嘱望された女優だった夏目雅子さんが急性骨髄性白血病で亡くなったことはよく覚えていて、伊集院静さんとのいきさつもぼんやりとは知っていました。
結末がわかっているこの切ない物語に、それでもとても引き込まれました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

待ち合せは通天閣の下で


しばらく東京へ行っていた友人のお帰りなさい会。
彼が指定した待ち合せ場所は「通天閣の下」。


IMG_8896.jpg

これ、通天閣の真下から撮った画像です。
毎日のように見ている通天閣ですが、こんなに近くに寄ったのは何年ぶりでしょう。
上にも昇ったことあるはずなのに、真下の天井(ヘンな言い方)がこんなに綺麗なお花柄だなんてちっとも気づいていませんでした。


shinsekai.jpg


国内外を問わず観光客も増えて、以前ほどディープではなくなった新世界ですが
少し歩くだけでやはりここならではというものがあちこちに目に入ります。
道頓堀界隈よりさらにフリーダムにキッチュにした感じかな。


続きがあります
posted by スキップ at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

五代目中村雀右衛門 襲名披露茶話会


IMG_2335.jpg本日はお知り合いに誘っていただいて、関西・歌舞伎を愛する会主催の中村雀右衛門さん襲名披露イベントに行ってきました。
芝雀さん時代から数々の舞台を拝見していますが、直接お話しを伺うのは初めて。
とても楽しい時間を過ごしました。

関西・歌舞伎を愛する会
五代目 中村雀右衛門襲名披露 茶話会
2016年5月28日(土) 3:00pm ホテル日航大阪 4階 白鳥

茶話会は2部構成で、第1部は文化プロデューサーで関西・歌舞伎を愛する会代表世話人でもある河内厚郎さんの講演 「雀右衛門にまつわるお話」。
当代の雀右衛門さんばかりでなく、先代、先々代のお話などとても興味深かったです。
雀右衛門さんは大阪にゆかりのある名跡で、二代目、三代目雀右衛門さんの墓所は大阪・阿倍野にあって、今日墓参されたのだそうです。
こちらに早々と記事になっていました。
「雀右衛門のお墓の近くには五代友厚の大きなお墓もあった」とプチ情報も。

先代雀右衛門さんのお話で印象的だったのは、「野崎村」で「お光は嫌い。いくつになってもずっとお染をやりたい」とおっしゃっていたというお話。
後で当代も「父はずっと若くて綺麗なお姫様役ばかりやっていた」とおっしゃっていましたが、ご本人が好きだったんだ。

今回の襲名披露で雀右衛門さんは歌舞伎の三姫(八重垣姫・時姫・雪姫)をすべて演じられるそうですが、魁春さんに教えていただくそうですが、「魁春は歌右衛門に教わったので、歌右衛門と雀右衛門の両方が入るjことになる」と。

「SLが好きで雀右衛門は中学生の頃からひとり旅していた」なんてお話も。
三津五郎さんもそうだったということで、「三津五郎さんはお城好きだったからかな」と思ったり。


第2部は雀右衛門さんご登壇。
盛大な拍手に迎えられて入場された雀右衛門さんは紋付袴の正装。
にこやかな笑顔でした。

IMG_8869.jpg


続きがあります
posted by スキップ at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

感じる舞台 「夢の劇」


dreamplay.jpgモビールのように天井からゆらゆらと揺れるオブジェ
大きなリボンのようにゆったりと広がる布
いろんなものが散らばる床
ぶら下がったロープに絡みつくように踊るダンサー
アコーデオンやコントラバスの生演奏の温かい響き

まるでおもちゃ箱をひっくり返したような
サーカスの小屋に迷い込んだような
そんな世界で繰り広げられる一夜の夢のような幻想的な物語。


「夢の劇 -ドリーム・プレイ-」
原作: ヨハン・アウグスト・ストリンドベリ
構成・演出: 白井晃
台本: 長塚圭史
振付: 森山開次
作曲・編曲・演奏: 阿部海太郎  生駒祐子  清水恒輔  トウヤマタケオ
出演: 早見あかり  田中圭  江口のりこ  玉置玲央  那須佐代子  
森山開次  山崎一  長塚圭史  白井晃 ほか

2016年5月14日(土) 6:30pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 1階F列上手



「地上に降りて人々の不満や嘆きを見聞きしてこい」と父である神インドラ(白井晃)に言われたアグネス(早見あかり)は降り立った地上で、
プリマドンナ・ヴィクトリアに恋して待ち続ける士官(玉置玲央)
劇場の入口に座り続ける楽屋番の女(江口のりこ)
苦悶に満ちた中でアグネスに希望を見出して結婚する弁護士(長塚圭史)
夢を見ることのできる作家(田中圭)
など様々な人に出会い、経験し、感じてまた元の世界へ帰って行きます。


ストリンドベリのこの戯曲は、 もともと上演を目的として書かれたものではなく、
精神世界の迷宮のような混沌とした内容のため、上演機会が少なかったのだとか。

ストリンドベリが描いた"夢"の世界を、白井晃×長塚圭史のタッグで舞台化
この人生は悪夢なのか? 万華鏡のように繰り広げられる夢の数々。 はたして夢から覚めた後に見る夢は?
・・・というコピーを見た時に感じた予感というか、想像通り、私のような凡人の理解力とは遠いところにある舞台でした。

とはいえ、おもしろくないとか退屈するというのでは決してなくて(早く終わらないかなぁと時計ばかり観ていた某作品とは違うところ)、寄木細工のように組み立てられた物語は何だかどれも切なくて、森山開次さん筆頭にダンサーたちの動きは瞬きするのも惜しいくらいすばらしくて。

アグネスが地上で見聞きした人間たちは愛に破れたり、差別されたり貧困だったり、惨めで哀しい生き物だけど、そんなことも含めて人間って、生きることって、愛おしい、というあたりがテーマかな。
アグネスが再び天上へ戻った時に咲く大きな白い花はそんな思いの象徴のよう。
理解しようとするより、感じる、その感覚に身を委ねる舞台だと思いました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

いつだってランベス・スタイル 花組 「ME AND MY GIRL」


memy2016.jpg1937年にロンドンで初演され、1646回のロングランを記録した大ヒットミュージカル。
宝塚歌劇でも1987年に月組の剣幸、こだま愛主演が大ヒットして以来、再演を重ねてきた作品ですが、2013年の月組 梅田芸術劇場公演から3年ぶり、大劇場では8年ぶりの上演だそうです。


宝塚歌劇 花組公演
UCCミュージカル 「ME AND MY GIRL」
作詞・脚本: L・アーサー・ローズ&ダグラス・ファーバー
作曲: ノエル・ゲイ
改訂: スティーブン・フライ
改訂協力: マイク・オクレント
脚色: 小原弘稔
脚色・演出: 三木章雄

2016年5月1日(日) 3:00pm 宝塚大劇場 1階2列センター/
5月14日(土) 11:00am 1階12列センター


配役は、主役カップル以外はこの作品恒例となったダブルキャスト祭り。
初日開いて間もない5月1日にAパターン、2週間おいてBパターンを観ました。

ウイリアム・スナイブスン(ビル):  明日海りお 
サリー・スミス:             花乃まりあ
                     A           B
ジョン・トレメイン卿;      芹香斗亜      瀬戸かずや
ジャッキー:            柚香 光       鳳月 杏
ジェラルド:            水美舞斗      芹香斗亜
バーチェスター:         鳳 真由       柚香 光
ディーン・マリア公爵夫人:  桜咲彩花      仙名彩世
  


物語の舞台は1930年代のイギリス。
ロンドンの名門貴族 ヘアフォード家の御曹司ということがわかった下町育ちの青年 ビル(明日海りお)がその屋敷に引き取られ、教育を受けて一人前の紳士となり当主の跡継ぎとなるまでを恋人=My Girl のサリー(花乃まりあ)との恋やまわりの貴族たちとの人間模様をからめて描いたロマンチックコメディ。男性版「マイフェアレディ」とも言われている作品。

2013年5月の月組公演を1度観たきりの私でも、♪ミー アン マイガ~ル 離れられない~ や ♪いつだってランベス・スタイル 昼でも夜でも~ なんて一緒に歌えるくらいキャッチーな楽曲の数々。
クラシカルな衣装や髪型、いかにもイギリスの古きよき時代を思わせるミュージカル。
立場の違いはあっても、悪人は一人も出て来なくて、笑いもたくさん、ちょっとしんみりしながら明るいハッピーエンド。ほんとによくできたミュージカルだなぁと思います。
役が少ない(特に娘役)ことを除けば・・・だからこその役替り祭なのかもしれませんが。


IMG_1738.jpg「ランベスウォーク」の客席降りはやはり気持ちがアガります。
5/1に観た時、2列センターブロック上手通路側という神席で、目の前の階段から明日海さん筆頭に次々と降りてくるスターさんたちに目がクラクラしました。
行きは観るだけ精一杯でしたが、皆さんがまたステージに戻る時、ランベスクィーンの鳳月杏さんを見つめながら控えめに手を出していたら、走りながらちゃんと気づいてくれて、タッチしてくれました。
5/14は下手側の通路近くの席だったのですが、なーんと鳳月さんジャッキーが目の前で踊る席。
いや~、今回はちなつちゃんにヤラレましたね。


続きがあります
posted by スキップ at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

「グランドホテル」 キャスト編


grandhotel2.jpg

ミュージカル 「グランドホテル」
原作: ヴィッキー・バウム
脚本: ルーサー・ディヴィス
作詞・作曲: ロバート・ライト&ジョージ・フォレスト
追加作詞・作曲: モーリー・イェストン
演出: トム・サザーランド


さて、キャストについて。
とはいうものの、私はミュージカルスターはほとんど知りませんので、あくまで今回の役に対するイメージと個人的な主観(というか好み)の感想です。

全体の感想はこちら


グランドホテル 主なキャストはこんな感じ。
                         GREEN         RED
オットー・クリンゲライン:          中川晃教       成河
フェリックス・フォン・ガイゲルン男爵:  宮原浩暢       伊礼彼方
ヘルマン・プライジング:          戸井勝海       吉原光夫
フレムシェン:                 昆夏美        真野恵里菜
エリック:                    藤岡正明       藤岡正明
スペシャルダンサー:            湖月わたる     湖月わたる
ラファエラ:                  樹里咲穂       土居裕子
オッテンシュラッグ医師:          光枝明彦      佐山陽規
エリザヴェータ・グルシンスカヤ:     安寿ミラ       草刈民代



GREEN RED を通じてマイ・ベスト・キャストは
エリザヴェータ・グルシンスカヤを演じた安寿ミラさん。
誇り高く美しく、身勝手でわがままなのだれど、周りの誰もがそんな彼女を許して尽くしてしまうカリスマ性を持ったプリマバレリーナ。
でも自分がもう過去の華やかな自分ではないことを誰よりもわかっていて、憂いを胸にいろんなことを諦めているグルシンスカヤ。

電話を片手に通報する素振りを見せながら男爵の言い訳を聞いて、「まあまあね」と言う安寿さんの声や言い方がとても好きでした。
男爵の不法侵入を許し、恋へと繋がっていく「まあまあね」。
そして、「Love Can’t Happen」で一気に燃え上がる恋。
灰色の翳りをたたえた大きな瞳が、恋に輝いてまるで少女のよう。
気品あるドレスの着こなしや、佇まい、ダンスで鍛えた所作も美しく、本当にステキなグルシンスカヤでした。

諦観の安寿グルシンスカヤに対して、草刈民代さんのグルシンスカヤは、老いと衰退という現実を受け入れ切れなくて、いつも何かに苛立っているよう。
「まあまあね」も高飛車で冷たく聞こえました。
美しさや品は遜色なく、トウシューズを履いたバレエシーンはさすがに見とれる美しさ。
歌も、周りが歌うま揃いなのでアレですが、普通に聞けるレベルなのではないかしら。
歌より台詞の声や言い回しの方が苦手かなぁ、私は。


続きがあります
posted by スキップ at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする