2016年03月30日

まっことめぐしい家族たち 「裸に勾玉」


magatama.jpgこのところ毎年新作を投入してくるMONO。
今年は劇団初となる時代劇・・・といっても弥生時代の物語で、ちょっと「時代劇」というイメージとは違います。
そこに生きるのは、まるで”今”の私たち。


MONO 第43回公演 「裸に勾玉」

作・演出: 土田英生
出演: 水沼健  奥村泰彦  尾方宣久  金替康博  土田英生
/山本麻貴  もたい陽子  高橋明日香  松原由希子

2016年3月25日(金) 7:30pm ABCホール XA列センター


物語: 弥生時代、邪馬台国と隣合わせの狗奴(くな)の国。
村はずれに暮らすのは、やさしいけれど気が弱い長男、何をするにも不器用な次男、
口がうまい三男と彼の2人の妻、そしてしっかり者の妹。
村人から疎外されながらも、仲良く楽しく暮らす彼らのもとに、ある日奇妙な服装
をして不思議な言葉を話す男が現れます。
邪馬台国のスパイかもしれないと、村人に見つかる前に男を追い出そうとする兄たち。
育ての父 オトヒコの教えを守り、毅然として「かくまう」と言い放つ妹・・・。


弥生時代にスーツを着た現代人が紛れ込んだことによる顛末を描いた物語ですが、こういうタイムスリップ的なものというと、たとえば「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に代表されるように、迷い込んでしまった側の視点で描かれることが大半だと思いますが、これは迷い込まれた側、受け容れる側の戸惑いや混乱を描いているのがまず新鮮でした。

彼らが生きる二つの時代の違いを表現する「言葉」のつかい方が秀逸。
「ひとり」を「ぴとり」、「どうした」を「とうちた」・・・濁音がなく半濁音が目立つ弥生人たちの言葉が何とも可愛いらしく耳に残ります。
ありがとうという感謝の気持ちを表す時は、手話のありがとうのように右手を出して「かたじけなし」。
愛おしいという意味で使われる言葉は「めぐしい」。

一方、現代から来たサクライはいつも私たちが耳にしている言葉。
「ボキャブラリー」とか「ラブラブ」とか。
三男シコオとその2人の妻 ウシメ、マトリメの諍いを聞いていたサクライが、「それ、嫉妬でしょ」というくだりでは、「この人たち、嫉妬という感情なかったんだ」と驚いたり。

そんなことをしながらも、互いに歩み寄り、理解し合っていく彼ら。
何をするのも下手な次男アクタが、サクライの言葉を覚えてすぐリピートする才能(?)を見せて笑わせます。
爆笑しながら聞いた「ショックでめちゃ凹む」という言葉を、終盤泣き笑いしながらもう一度聴くことになるなんて。


続きがあります
posted by スキップ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

ハードトースト @ROUTE 271


IMG_7878.jpg大阪のパン好きで知らない人はいないくらい有名な人気ブーランジェリー ROUTE 271 が高槻から梅田 グランフロント大阪のすぐそばに移転オープンしたのは昨年9月のこと。

特に惣菜パンの評価が高く、「ビストロ系パン」と呼ばれるくらいパンの領域を超えているそうです。
その代表が一番人気の「タイ風やきそばパン」。
かねてよりこちらのパンを食べてみたいと思っていて、高槻(というか、摂津富田)まで買いに行くのはなかなかでも梅田なら・・と楽しみにしていました。




連日長蛇の列

わざわざ目指して行く訳ではありませんが、近くを通るたびに長い列ができているので、
行列嫌いな私はすっかり気持ちもなえて、まだ一度もこちらのパンにありついたことが
ありませんでした。

一昨日、「うめだ文楽」を観にグランフロントへ行った帰り、北館と南館を結ぶ陸橋の
上からのぞいて見ると行列がない。時刻は午後5時30分くらい。

お休みかな?・・・日曜日だからそんな訳ないよね・・・売り切れで閉店したのかな
・・・と思案しながらとりあえずお店の前まで行ってみると・・・
オープンしていましたが、残っていたパンはハードトーストが2斤と鯖の何とかパンが少し・・・

ほんとならこんな感じのケースはキレイさっぱりカラでした。

route271.jpg


いや、鯖とかないし、と思いましたが、元々「パンの実力はトーストかバゲット」
が持論の私は迷わずハードトーストを購入(迷っている余地はありませんでしたが)。


これです。

IMG_2400.jpg

まずこのまま食べてみたら、やわらかいけれどもちもち弾力あって、塩味の中に
ほんのり甘みもあるパン。
ワタシの好みとしては耳の部分がもう少しカリッと歯ごたえある方かいいなぁと
思ったのですが、今朝トーストしてみたらサックリ。
とてもおいしい


そりゃ人気なのもわかります。


ROUTE 271
大阪市北区芝田2-3-2
tel: 06-7183-0366


こんなにおいしいと他のパンも食べたくなってコマルじゃないか~ の地獄度 (total 1539 vs 1546 )


posted by スキップ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

奇跡は諦めない奴の頭上にしか降りて来ない  スーパー歌舞伎Ⅱ 「ワンピース」 登場人物編


onepiecenew1.jpg

「奇跡は諦めない奴の頭上にしか降りて来ない」

「ワンピース」には様々な登場人物による数々の名言があって、ネットで少し検索しても「名言集」のようなものがたくさん出てきますが、今回のスーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」の中では、私は二幕でイワンコフの放つこの言葉が一番好き。
この後、「奇跡ナメんじゃないよォ!!」と続く訳ですが、ほんと、努力もせずにただ待っているだけでは奇跡なんて起こすことできないのよね、と、これからの自分への戒めとも励ましともしたいです。

スーパー歌舞伎Ⅱ 「ワンピース」
原作: 尾田栄一郎
脚本・演出: 横内謙介
演出: 市川猿之助
スーパーバイザー: 市川猿翁

出演者等詳細は 1回目の記事ご参照

2016年3月21日(月) 11:00am 松竹座 1階3列センター


2回目ということもあり、舞台から近い席ということもあって、1回目には見逃していた細部にも気づき、さらに理解も深まり、より一層楽しむことができた「ワンピース」。
二幕の滝の場面では、イナズマに、サディちゃんに、ボン・クレーに、思いっきり水を飛ばされましたがそれもまた楽し。
二幕ラストの通称「ファーファータイム」では、通路を練り歩くたくさんの役者さんたちやスッピンな囚人の右近くんともハイタッチしてテンション上がってご機嫌
そして三幕 白ひげとエースの最期。
「この戦闘によって受けた刀傷 実に二百六十と七太刀」から始まるマルコの台詞。
「その誇り高き後ろ姿には・・・あるいはその海賊人生に、一切の逃げ傷なし!!!」 でついに落涙

ざっとした感想は1回目に書きましたので、今回は印象に残った登場人物と役者さんについて。
以下、個人的に好きな役 (not 役者さん)順。


続きがあります
posted by スキップ at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

仔羊を丸ごと喰らう会


IMG_8321.jpgTwitterのお友だちに誘っていただいて「仔羊を丸ごと喰らう会」に参加しました。
女性10名、男性2名、ちびっこ1名の総勢13名。

お肉についてはかなりコンサバな不肖スキップ。
ヒツジ?丸ごと?!と腰も引け気味だったのですが、モリモリ食べて豪快に飲む皆さんに囲まれて、笑ってしゃべってとても楽しい時間を過ごし、懸案のヒツジもおいしくいただきました。
伺ったのはこちらのスペイン料理のお店。

3BEBES (トレスベベス)
大阪市福島区福島2-9-4
tel: 06-7652-3664


IMG_0867.jpg
スペイン国旗はためく前菜盛り合わせ。
スパニッシュオムレツおいしかったな。


IMG_6255.jpg
いろんなハム。
鹿のハムとかあったらしいけど、普通の生ハムしか食べていませんワタシは


続きがあります
posted by スキップ at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

マイブームはホットサンド


IMG_2862.jpgバレンタインデーのお返しに(世間的に言うところのホワイトデーね)、ホットサンドメーカーをいただきました。
4人で一緒に贈った義理チョコに4人全員1台ずつ・・・何て太っ腹なんだ。

で、オフィスでしばらくホットサンド談義。
とろけるチーズをはさむのは定番としても、残りもののカレーをはさむのもいいよ、なんていう耳より情報も。
そんな中、後輩が「ランチパックそのままイケますよ」と教えてくれました。

あら、それなら簡単と早速帰りにコンビニでランチパック買って帰って翌朝焼いてみたら
これがピッタリサイズでお手軽でいろんな味楽しめて・・って、すっかりハマってマイブームに。
今や私の朝食の定番です。

それにしてもランチパックって初めて買ったのですが、本当にたくさんの種類があるのね。
画像は本日の朝食にいただいた「4種のおいしさ」というパック。
白いパンにたまごフィリング、ツナマヨネーズ、全粒粉入りパンにはロースハムフィリング、ソーセージ・マヨネーズと4種類全部違うサンドです。
4つとも中身が違うので、真ん中に切れ目が入ってひと口サイズになっています。
ちょっとずついろいろ食べたい食いしんぼうの私にぴったり。


ホットサンドぐらい自分でつくりなさい の地獄度 (total 1537 vs 1545 )
posted by スキップ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

愛する切なさ生きる激しさ 月組 「激情/Apasionado!!Ⅲ」


gekijo.jpg月組次期トップスター就任が発表された珠城りょうさん主演の全国ツアー公演。

月組の次期については、いろんな憶測が乱れ飛んでいましたが、昨秋の本公演「舞音-MANON-/GOLDEN JAZZ」を観た時、研8の若さで二番手に就任したばかりでしたが、特にショーは大活躍で、「あぁ、歌劇団はこの人をトップにするつもりなんだな」と思いました。
その時の感想にもそう書いています(笑)。

プレお披露目となったこの公演、珠城さんの開演アナウンスには客席から温かい拍手もおこっていました。


宝塚歌劇月組 全国ツアー公演
ミュージカル・プレイ  「激情」 —ホセとカルメン—
脚本: 柴田侑宏
演出・振付: 謝珠栄
ファナティック・ショー 「Apasionado!!Ⅲ」
作・演出: 藤井大介
出演: 珠城りょう  愛希れいか  飛鳥裕  憧花ゆりの  凪七瑠海  
宇月颯  早乙女わかば  輝月ゆうま  暁千星 ほか

2016年3月20日(日) 12:00pm 梅田芸術劇場メインホール 1階20列下手



「激情」 —ホセとカルメン-

メリメ原作でビゼーのオペラでも有名な「カルメン」をモチーフにした物語。
ドン・ホセ(珠城りょう)が宿命の女カルメン(愛希れいか)に翻弄され、彼女への愛ゆえに堕ちて行く様を情熱的に描き出したミュージカルです。
1999年 宙組 姿月あさと&花總まりで初演。2010年に星組の柚希礼音&夢咲ねねで再演されています。

「婚約者もいる真面目な青年がファム・ファタールと出会って人生を踏み外す」という設定が前作「舞音」とカブらなくもない・・その運命の女が愛希さんで婚約者は早乙女わかばさんというのも同じだし・・ですが、2人が出会ってから悲劇的な結末を迎えるまで、物語はテンポよく進み、フラメンコや闘牛など宝塚にぴったりの華やかな場面も盛り込まれ、充実した舞台でした。

カルメンを愛するがゆえに、身を持ち崩し人殺しまでして
カルメンの奔放さに惹かれながら自分だけのものにしたくて嫉妬に狂い
ついに彼女を手にかけてしまうホセ。

カルメンと出会わなければ、伍長から順当に出世もし
故郷で母の面倒をみてくれるやさしい娘と結婚し
ささやかながら幸せな人生を送ったであろうホセ。

だけど出会ってしまった、カルメンに。

自由奔放で激しく情熱的で
プライドが高く、決して自分の考えを曲げないカルメンに
抗えない魅力を持ったカルメンに。


続きがあります
posted by スキップ at 23:16| Comment(2) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする