2017年05月24日

市川染五郎 世界最速の飛六方相勤め申し候  「氷艶2017 -破沙羅-」


hyoen2017.jpg

「ディズニー・オン・アイス」があるなら「歌舞伎・オン・アイス」があったっていいじゃないか!という市川染五郎さんの妄想が現実のものとなった「氷艶」。
2009年3月のブログにご本人がチケットデザインつきで書いていらっしゃいますが、この時点で「5年以上前に考えた」とおっしゃっていますので、実に構想(というか妄想)13年。

「歌舞伎とフィギュアスケートの饗宴」という言葉だけでは言い表すことのできないスケール感のある極上のエンターテインメントが目の前に繰り広げられました。
千穐楽カーテンコールで染五郎さんが「すごい人が集まって、すごい無理なことをするとすごいものができあがる」とおっしゃったそうですが、まさにそれ。
ずっと口をあんぐり開けて観ているような感じで心震わされっ放しで、終演後は胸がいっぱいになりました。


hyoen2.jpg


「氷艶 HYOEN 2017 -破沙羅-」
脚本:  戸部和久
演出: 市川染五郎
振付・監修:  尾上菊之丞
振付:  宮本賢二
振付: 東京ゲゲゲイ
音楽監督: 仙波清彦
演奏: DRUM TAO
映像演出: teamLab
アーティスティックコンサルタント:  VOGUE JAPAN
出演: 市川染五郎  髙橋大輔  荒川静香  市川笑也  澤村宗之助  大谷廣太郎  
中村亀鶴  鈴木明子  織田信成  浅田舞  村上佳菜子  佐々木彰生  大島淳  
蝦名秀太  鈴木誠  中村蝶紫  澤村國矢  片岡松十郎  中村かなめ ほか

2017年5月20日(土) 5:00pm 国立代々木競技場第一体育館 
アリーナ 北Cブロック3列センター  (上演時間 2時間35分)



女神(荒川静香)が少年に見せる夢物語。
はるか遠い昔、神代の時代。
天からこの地に天下った瓊瓊杵尊(ニニギノミコト/織田信成)の妃として岩長姫(市川笑也)と木花開耶姫(コノハナサクヤヒメ/浅田舞)姉妹がやってきますが、瓊瓊杵尊は木花開耶姫だけを選びます。姉の岩長姫はこれに激怒し、歌舞伎の世界の大敵役の仁木弾正(市川染五郎)を呼び出し、2人に復讐しようとします。一方、瓊瓊杵尊の家来 猿田彦(中村亀鶴)は2人を助けるために武蔵坊弁慶に姿を変え、日本史の英雄である源義経(高橋大輔)を呼び出します。義経は想い人の静御前(鈴木明子)を残して現れ、こうして義経と仁木、時空を超えた「善」と「悪」の闘いが繰り広げられることになります・・・。


hyoen15.jpg  

hyoen11.jpg

会場中央にスケートリンク。
その三方を客席が取り囲み、残り一面には巨大スクリーン。


子どもたちがリンクに出てきてクルクルとスピンしたりジャンプしたりする中、そのスクリーンの頂に淡いゴールドの天女のような衣装に身を包んだ荒川静香さんが現れ、本当に女神そのもののような神々しい佇まいで空中を浮遊しながらリンクへ降り立ち、現役時代と変わらない美しいスケーティングでイナバウアーを見せてくれるプロローグから心奪われて、一気に物語の世界へ。


続きがあります
posted by スキップ at 23:23| Comment(1) | TrackBack(0) | エンタメ et. al | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

王道少女マンガ 「王家の紋章」


ouke7.jpg原作は1976年に連載が始まった少女マンガで今も連載中なのだとか。

昨年8月帝国劇場で初演されて大人気で即チケット完売。
初日に2017年の再演が発表されましたが、そんなこと最初から決まっていたに違いないのに勿体ぶらずとっとと発表していればあんなにチケ難にならなかったのでは?・・・というのはさておき、原作を読んだことなくてストーリーも知らず、もちろん初演も観ていないままの参戦です。


ミュージカル 「王家の紋章」
原作: 細川智栄子あんど芙~みん
脚本・作詞・演出: 荻田浩一
作曲・編曲:シルヴェスター・リーヴァイ
音楽監督: 鎮守めぐみ
振付: 原田薫  新上裕也
美術: 二村周作
出演: 浦井健治  新妻聖子  平方元基  伊礼彼方  濱田めぐみ  
山口祐一郎  愛加あゆ  出雲綾  矢田悠祐  木暮真一郎 ほか

2017年5月17日(水) 6:00pm 梅田芸術劇場 1階10列(6列目)下手
(上演時間 2時間55分)



oke5.jpg

キャロルとイズミルがダブルキャスト。
ミュージカル俳優さんのことはあまり詳しくないのですが、ワタシ的にこの組合せ一択でした。



oke6.jpg

ロビーに展示されていた原画をコラージュしたもの。
こうして見るとイズミル カッコいい。


物語: 考古学好きなアメリカ人の少女キャロル(新妻聖子)はエジプトでピラミッドの発掘調査をしていた時、呪術によって古代エジプトにタイムスリップしてしまいます。そこで若きファラオ メンフィス(浦井健治)やその姉アイシス(濱田めぐみ)に出会ったキャロルは、奴隷扱いされながらもその黄金の髪と白い肌が人々を魅了し、現代から持ち込んだ歴史や医学の知恵を発揮して「ナイルの娘」と巫女のような存在となっていきます。やがてキャロルはメンフィスと愛し合うようになりますが、エジプトと敵対するヒッタイト国の王子イズミル(平方元基)に拉致され・・・。


いわゆるシンデレラストーリーで、舞台はエキゾチックな古代エジプト、衣装含めビジュアルは華やか、王子たちはイケメン、何度もピンチに陥りつつ何とか切り抜ける、と、いかにも少女マンガの王道という設定で、少女(なのか?)読者に長く支持されていることも変わらぬファンがいることもよく理解できます。

キャロルが現代から古代エジプト→現代→古代エジプトと行き来するためのファクターがよくわからない(示されていない)、とか、言葉の問題は?とか、ツッコミどころは多々ありつつも、全くストーリーを知らずに観てもわかりやすく、物語的には楽しんで拝見しました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

宝塚パンケーキ @カフェ・ド・ヴォアラ


cv1.jpg

ふわふわパンケーキのお店として知られたカフェが阪急電車宝塚駅直結のソリオに移転してきて、宝塚大劇場の行き帰りに横目で見ながら行きたいなと思ってはいたものの、
「パンケーキはご注文いただいてから生地にはちみつ・クリームチーズ・メレンゲを混ぜ合わせ、一枚一枚丁寧に、およそ20分かけて焼き上げます。ゆっくりお時間のある時にお越し下さい」
というお店前の表示にビビって、いつもバタバタと慌ただしく通り過ぎていたのですが、先日やーっと時間つくって行ってきました。


Cafe de Voila (カフェ・ド・ヴォアラ )
宝塚市栄町2丁目1-1 ソリオ宝塚
tel: 0797-86-1111


パンケーキはスイーツ系とフード系があって、どちらにしようか少し迷ったのですが、初めてでもあり、ここは基本で、とプレーンパンケーキをいただきました(冒頭の画像)。
本当にふわとろです。
思ったよりクリームチーズが効いている印象ですが、パンケーキ自体は甘さはほとんどなくてあっさり味。
つけ合わせのホイップクリームやアイスクリーム、テーブルに置いてあるメイプルシロップで甘さを加える感じです。
スイーツ好きだけど甘すぎるものは苦手、という私にはありがたい。



cv2.jpg cv3.jpg

こちらは友人がオーダーしたエッグベネディクトパンケーキとシェアしたスモークサーモンとモッツァレラのサラダです。




cv4.jpg cv5.jpg

お店のエントランスはこんな感じで夢々しい(笑)。
グランドピアノもあります。
ピアノ生演奏や宝塚OGのショーが開催される日もある模様。

中に入ると驚くほど広くて座席もたくさんあって、「こんな大バコでやっていけるのか?」と少し心配になりましたが、私たちが出るころ(日曜日の午後2時頃)には座席はほとんど埋まっているようでした。




オムライスやカレーもあってフツーのランチにも使えそうだけどお値段いささか高め のごくらく地獄度   (total 1217 vs 1221 )


posted by スキップ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

久しぶり~ スカイショッピング


jal052.jpg昨日は日帰りで東京へ。
歌舞伎座で「團菊祭」昼の部を観て、夜は代々木体育館で楽しみにしていた「氷艶」。
とても楽しく充実した1日でした。あっという間だったな。

上京の機内ではスカイショッピング。
以前は搭乗するたびに何か買っていたのですが、しばらく自重していたので久しぶりだなぁ~と思ったら前回は2015年7月でしたのでほぼ2年ぶり・・・っていうか、まだ2年ですか。

その時にアップした記事(こちら)にも「飛行機に搭乗して座席につくといつも『安全のしおり』より先に『JAL SHOP』を開くくらい機内販売好き。『機内限定』とか『JAL限定』という言葉にとてもヨワイ」と書いています。全然成長していません

しかも今回も買ったのは腕時計。

バッグと同じくらい腕時計フェチでもあるワタシ。
以前はブランド物もよく買っていたのですが、今は薄利多売というかカジュアルな時計をたくさん派。
特に夏は腕が見える機会が多いことや汗をかくことからウォッチはいくつあってもいい感じ。

こちらはABISTEのJAL機内限定ウォッチ。
ターコイズカラーに染め上げた天然石にクオーツを使用したブレスレットタイプのウォッチとシンプルなバングルのセットです。
結構華奢なサイズなのでカジュアルにもドレッシーにも活躍してくれそう。


JALカード忘れて割引つかえなかったのも2年前と同じで失敗が全く生きていない の地獄度 (total 1216 vs 1220 )

posted by スキップ at 21:12| Comment(2) | TrackBack(0) | shopping | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

私の愛する人のイニシャルはS 雪組 「Dramatic "S"!」


kizuna.jpg

“S”をキーワードに繰り広げる Song&dancing Show。
ショースター(Show Star)として輝き(Splendor)を放つ早霧せいな(Seina Sagiri)率いる雪組(Snow troupe)の魅力を最大限詰め込んだショーシーン(Show Scene)の数々・・・とクレジットされたショー。

お芝居から一転、サヨナラ感満載です。


宝塚歌劇 雪組公演
かんぽ生命 ドリームシアター
Show Spirit 「Dramatic “S”!」
作・演出: 中村 一徳
出演: 早霧せいな  咲妃みゆ  望海風斗  彩風咲奈  鳳翔大  
香綾しずる  彩凪翔  星乃あんり  永久輝せあ  真彩希帆 ほか

2017年4月23日(日) 11:00am 宝塚大劇場 1階26列センター/
5月14日(日) 3:00pm 1階12列下手  (上演時間 50分)


「幕末太陽傳」の感想はこちら


サヨナラ公演感、退団者の見せ場、黒燕尾、デュエットダンス、と押さえるべき要素の揃った正統派のショー。
退団者とともに若手の起用も目立ち、103期生の初舞台が花を添え、トップ交代=世代交代も印象づけられました。

ゴールドの衣装に身を包んで舞台中央の高い位置に後ろ姿で現れる早霧せいなさん。
トップスターのオーラ輝くばかり。
それに続いて組子がわらわらと押し寄せて出て来るプロローグ。華やかなことこの上ありません。

そして一転。
咲妃みゆさんが ♪私の愛する人のイニシャルはS~ としっとりソロで歌います。
公開プロポーズ、もうしくは公開おのろけ(笑)。


以下は印象に残った場面を。


続きがあります
posted by スキップ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

あの朝陽の向うへ 今 旅立とう 雪組 「幕末太陽傳」 


現在の宝塚でイチバンのbakumatsu.jpg人気トップコンビ 早霧せいなさん・咲妃みゆさん退団公演。
トップ就任お披露目公演 「ルパン三世」(2015年1月)から前作「私立探偵ケイレブ・ハント」(2016年10月)まで、宝塚大劇場では異例の4作連続動員100%を達成している早霧さん率いる雪組。
さよなら公演も聞きしにまさるチケット難で、5作連続100%は確実という勢いです


宝塚歌劇 雪組公演
かんぽ生命 ドリームシアター
ミュージカル・コメディ 「幕末太陽傳」
原作: 映画「幕末太陽傳」
脚本・演出: 小柳 奈穂子
出演: 早霧せいな  咲妃みゆ  望海風斗  彩風咲奈  鳳翔大  香綾しずる  
彩凪翔  星乃あんり  永久輝せあ  真彩希帆/汝鳥伶  悠真倫 ほか

2017年4月23日(日) 11:00am 宝塚大劇場 1階26列センター/
5月14日(日) 3:00pm 1階12列下手
(上演時間 1時間35分)



1957年公開の映画「幕末太陽傳」(川島雄三監督)をベースにした作品。
古典落語の「居残り佐平次」「三枚起請」「品川心中」「お見立て」などを散りばめながら、実在した品川の遊廓 相模屋を舞台に繰り広げられる人情喜劇です。

一文無しのまま相模屋を訪れ、女郎おそめ(咲妃みゆ)を揚げて大尽遊びに興じた佐平次(早霧せいな)は、支払いの代わりにここで働くと翌朝飄々と居残りを決め込みます。番頭まがいの仕事を始めた佐平次は次々起きる騒ぎを持前の度胸と機転で解決してお礼のお金をせしめながらも廓の人気者となります。相模屋に逗留し攘夷の計画を練る高杉晋作(望海風斗)はじめ長州藩士たちとも交友を深める佐平次ですが・・・。


60年も前の映画をなぜ今宝塚で?しかも遊郭が舞台だなんてすみれコード大丈夫なの?と思いましたが、明るく楽しく、そしてちょっぴりペーソスも漂う群像劇に仕上がっていました。
すごくドラマチックな展開があるとか、カッコいいヒーローが大活躍したり苦悩に身悶えするといったタイプの話ではなく、どちらかといえば佐平次は狂言回し的な役回りなので、「サヨナラ公演なのにこんなのでいいの?」と思わなくもないですが、いろんな人に少しずつ活躍の場があって、明るさの中に終始温かさも漂っていて、ちぎちゃんらしいといえばらしいかな。

長州藩士と外国人たちとの間で一悶着ある路上から大せりが回ると二階建の相模屋が舞台いっぱいに現れて、いろんな身分の遊郭の客たち、色とりどりの着物に身を包んだ女郎、長州藩士、店で働く者たちなど登場人物全員で総踊りとなるオープニングがとても華やかで、幕末の江戸の庶民のエネルギーに満ちあふれているようで観ていてワクワクしました。
音楽がジャズやタンゴなど時代劇っぽくないのもこの雰囲気にはよく合っていました。

映画を観たことがないのでわからないのですが、基本的には映画通りの展開のようです。
小柳先生にしては宝塚アレンジ少なめ?と思いましたが、著作権上のしばりがあったのかもしれません。


続きがあります
posted by スキップ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

さあ、知るがいい フェードルを! 「フェードル」


phedre.jpgフランスの劇作家ジャン・ラシーヌが古代ギリシアの詩人エウリピデスの悲劇「ヒッポリュトス」から題材を得た作品。
1677年に初演されて以来、サラ・ベルナールをはじめとする名女優たちが演じてきたタイトルロール。
今回は「大竹しのぶありきの上演」といった趣きでした。


「フェードル」
作: ジャン・ラシーヌ
翻訳: 岩切正一郎 
演出: 栗山民也
美術: 二村周作   照明: 服部基
出演: 大竹しのぶ  平岳大  門脇麦  谷田歩  
斉藤まりえ  藤井咲有里  キムラ緑子  今井清隆

2017年5月13日(土) 1:00pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
1階A列センター (上演時間 2時間5分)



物語: アテネ王テゼ(今井清隆)の妃フェードル(大竹しのぶ)は義理の息子イッポリット(平岳大)に抑えきれない恋心を告白しますが、イッポリットは拒絶します。彼はテゼに反乱をおこした一族の娘アリシー(門脇麦)と思い合っていました。そこへ死んだと思われていたテゼ(今井清隆)が帰還。裏切りの露見を恐れフェードルを思う乳母 エノーヌ(キムラ緑子)は、イッポリットがフェードルに言い寄ったと王に嘘をつきます。激怒したテゼは一歩リットを追放し神々に念じて呪いをかけ・・・。


「周りは神様ばかり」とフェードルが嘆くシーンがありましたが、フェードルの祖父は太陽神で、その太陽神がかつて愛の女神アフロディテに恨みを買ったたために、フェードルはアフロディテの呪いを受け、不義の恋に身を焦がす運命を背負っている、といういかにもギリシア神話ベースな設定。
ですが、フェードル自身は、激しい恋情と苦悩、後悔、嫉妬、怒り、絶望といった感情を露わにして、とても人間的。

直情的で自分勝手ですが、自分自身をきちんと把握する理性も、呪われた運命を受け容れる肚も持ち合わせているフェードル。
言うことなすこと無茶なのだけれど、どことなく憎めなくて可愛い。
イッポリットが女や恋には全く興味のない人物だということで、「つまりライバルはいないということよ」と喜ぶかと思えば、テゼから彼がアリシーと恋仲であると聞かされた時の茫然自失ぶり。
嫉妬のあまり「アリシーをなきものにしなければ」とつぶやいていましたが、多分この時、自分の運命もはっきり自覚したのではないかなと思います。

死んだと思っていたテゼが突然帰ってきたことで混乱してエノーヌに言われるままにイッポリットに不義の罪をなすりつけたものの、その罪深さも、それを自らが贖わなくてはならないことも、わかっていたはず。
エノーヌを追放した時、フェードル自身も死を覚悟していたのではないかしら。


続きがあります
posted by スキップ at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

祝 美弥るりか単独初主演 月組「瑠璃色の刻」


ruriiro.jpg月組二番手にして研15 美弥るりかさん。
満を持しての外箱単独主演です。


宝塚歌劇 月組公演
ミュージカル 「瑠璃色の刻」
作・演出: 原田諒
出演: 美弥るりか  月城かなと  海乃美月  光月るう  夏月都  宇月颯  白雪さち花  輝月ゆうま ほか

2017年5月4日(木) 12:00pm シアター・ドラマシティ 21列下手



物語: 18世紀ヨーロッパで不老不死と言われ、錬金術師、予言者や魔術師として数々の伝説を残した謎の人物サン・ジェルマン伯爵。
彼の邸にお宝を探して忍び込んだ旅芸人のシモン(美弥るりか)とジャック(月城かなと)が、シモンがサン・ジェルマンに瓜二つだったことからサン・ジェルマンと彼の従者 テオドールになりすまし、ルイ十六世統治下の宮廷に出入りするようになります。やがて、虚飾の生活ではなく自分が本当に生きる道を模索しようとするジャックと、サン・ジェルマンであり続けようとするシモンは袂を分かち・・・。


「サン・ジェルマン伯爵」という名前とポスターから受けるイメージとは違った印象の舞台でした。
サン・ジェルマン伯爵に題材はとっているものの、主題はシモンとジャックの友情と成長物語かな。

ポイントは、宮廷で知ったネッケル罷免や民衆鎮圧の事実をロベスピエール(宇月颯)に伝えるものの、サン・ジェルマンの正体だけは明かさなかったジャックと、誰がそのことを民衆たちに漏らしたのか暴いてもらおうと貴族たちに迫られたサン・ジェルマンことシモンが、自分の立場が危うくなるのがわかっていながら「わからない」と答えてジャックの名前を口にしなかったところでしょうか。
互いに相手のいないところでそれぞれを思いやる2人。

あくまでも「自分はサン・ジェルマンとして生きる」「サン・ジェルマンとして処刑される」と信念を曲げないシモンが、ジャックの「俺の前にいるのはただの旅役者だ」というひと言であっさりシモンに戻ってしまうラストはいささか拍子抜けです。
ここはやはり、シモンはジャックの友情を胸にサン・ジェルマンを貫いて死ぬべきでは?(暴言)


続きがあります
posted by スキップ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

劇団☆新感線37歳 史上初 「髑髏城の七人」 Season 花 ライブビューイング


liview.jpg

気になる役者さんの「初舞台」や「初お目見え」「復帰後初」なんていう舞台は逃さず観ましょうが基本路線の不肖スキップ。
「新感線 37歳にして初めてのライブビューイング」なんて言われると、それは是非観ておきましょう、となる訳です。

これから回を重ねることになるであろう新感線のライビュ。
「第1回目観たよね」と自慢できるというものです(笑)。


ONWARD presents 劇団☆新感線 「髑髏城の七人」 Season 花 Produced by TBS
ライブビューイング

2017年5月15日(月) 6:30pm 梅田ブルク7 シアター3
(上映時間 3時間30分)


4月に舞台を観た感想はこちら


端的に言えば、ライブビューイング とても楽しめました。
舞台を観た時には気づかなかったことがはっきりしたり、役者さんの表情のアップでより心情を理解できたりというのはゲキ☓シネと同様ですが、これらに加えて、ゲキ☓シネと決定的に違うのはそのライブ感(当たり前だけど)。

カメラワークやアングルはそれほど凝っているとはいえない一方、後づけのエフェクトは当然のことながら入れられないので、殺陣が急にスローモーションになったり、唐突に画面にイラストが入ったり、別の画像が差し込まれたりすることはありません。
舞台がストレートに伝わるという意味で、私はゲキ☓シネよりむしろこちらの方が好きです。


続きがあります
posted by スキップ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする