2016年09月30日

秀山祭九月大歌舞伎 昼の部


shuzansai201.jpg初代中村吉右衛門の生誕120周年を記念して、その芸を顕彰し継承しようと2006年に始まった「秀山祭大歌舞伎」は今年で10周年。
昼夜ともに力の入った彩り豊かな演目が並びました。

秀山祭九月大歌舞伎 昼の部
2016年9月17日(土) 11:00am 歌舞伎座 3階1列上手


一、碁盤忠信
作: 右田寅彦
補綴: 松岡亮
出演: 市川染五郎  尾上菊之助  中村歌昇  中村萬太郎  坂東新吾  中村隼人  中村児太郎  片岡亀蔵  尾上松緑  中村歌六 ほか


物語: 源義経が奥州へ落ちのびた後、京都の堀川御所内に隠れ住み、義経の影武者として働く佐藤忠信(染五郎)。舅の小柴浄雲(歌六)は梶原景高と通じており、忠信の命を狙っています。そこへ忠信の亡き妻・小車の亡霊が現れ、父の行いを窘めます。忠信は散らばった碁石から危険を察知し、義経の鎧を身につけ浄雲をかわします。そこへ横川覚範が現れて忠信に勝負を挑み、ふたりは闘い始めるが…。

2011年 日生劇場の七世松本幸四郎襲名百年歌舞伎公演で100年ぶりに染五郎さんが復活上演した作品。
その時は観ていなくて、今回初見でした。

赤隈も鮮やかな荒事の染五郎さん。
歌昇くん、隼人くんといった若手の綺麗どころはじめ登場人物総登場のだんまり。
夜の部「吉野川」のために設えられた両花道をつかって、忠信(染五郎)、お勘(菊之助)の華やかな引っ込み。
ばーっと散る碁石。
碁盤を振り回す立ち廻りと見得。
満開の梅の中、対峙する忠信と覚範。
黒地に銀の大きな源氏車と目が覚めるような赤の対比。

歌舞伎らしいケレンとショーアップされた舞台は見どころたっぷりで目に楽しい演目でした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

「エリザベート」 井上芳雄トート 大阪楽


elisa20160928.jpg本日は「エリザベート」 4回目の観劇。
井上芳雄くん大阪楽にしてmy 楽でした。

だから、という訳ではないと思いますが、今日は舞台の熱量も完成度も高くとても充実。
特に二幕のシシィとトートが歌う「私が踊る時」は、元々好きなナンバーですが、これまで、宝塚版、東宝版、ウィーン来日版、ガラ・コンサートといろいろなキャストで数々聴いてきた中で my best
心揺さぶられました。
終演後偶然会った友人も「中日のチケット持ってるけど、今日ですごく満足したからもう名古屋行かなくていいかな」と言ってたくらい。
この件についてはまた改めて書きたいと思いますが、まずは井上芳雄くん大阪楽のカーテンコールのレポを。


ミュージカル 「エリザベート」
脚本・歌詞: ミヒャエル・クンツェ 
音楽・編曲: シルヴェスター・リーヴァイ
演出・訳詞: 小池修一郎
出演: 花總まり  井上芳雄  田代万里生  古川雄大  香寿たつき  成河 ほか

2016年9月28日(水) 6:30pm 梅田芸術劇場 1階12列上手



最初のカーテンコールから客席総立ちでした。
成河くんが「今回のエリザベートシリーズは今日で101回目(・・と成河くんはおっしゃっていましたが、
本当は201回目らしい)。そんな新しい一歩を踏み出した時に一足先に東京にとんずらするヤツがいるんです」
と井上くんを紹介。

「先に東京に帰る井上芳雄です」と井上くん。

2015年に始まった新シリーズの「エリザベート」はこのソワレが201回目。
「前シリーズが計1067回やっているので・・・えっと、1268回目ですか」と井上くん。
「シングルキャストの人は201回、ダブルの僕らもまぁ、100回位やってるんですよねー。
今日は、祝井上芳雄トート100回とか垂れ幕出るんじゃないかと期待してたんですけど出なかった」

「10回ぐらいしかやってないんじゃねーの?」と成河くんツッコむ 
→ 「お前が一番少ないんだよ」とやり返す。

「大阪は日本版エリザベートが生まれた地ですから・・・」
と隣の花總さんに目線やるもニコニコ笑いながら客席だけを見る花總さん ←多分意味わかっていない。
・・・「エリザベートが生まれた地ってどういうこと?花總さんは東京出身だし・・」と客席の私もキョトン
「宝塚は兵庫か。まぁ大阪も宝塚も同じ関西圏ということで」と一人でまくし立てる井上くんに
「早口なんだよ」と成河くん。
「芳雄くんの言っていることについていけなかった〜」と笑いながら告白する花總さん。やっぱりね。
「お前なんて顔して聞いてんだ!」と成河くんに向かって言う井上くん。
「コワイよね〜」と花總さんに同意求める成河くん。
中学生男子か!な仲良し2人。

この後のカーテンコールでもv拍手鳴り止まず、最後にまた2人で出てきた花總シシィと芳雄トート。
手を繋いでにこやかに客席に向かってふっていた右手を、不意に芳雄くんに向かって
「バイバーイ」という感じで笑顔でふり始める花總さん。
それに気づいた芳雄くんが笑みを浮かべながら花總さんに向かって左手をふっていました。
手を繋いだまま至近距離で手をふり合う2人(笑)。
可愛すぎー


花總シシィ☓芳雄トート最強 のごくらく度 (total 1637 vs 1640 )





posted by スキップ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

泣き申さず候ては化し申さず候 「猿翁アーカイブにみる三代目市川猿之助の世界」


en-o.jpg春秋座こと京都芸術劇場15周年記念フォーラム。
当代猿之助さん以上に三代目猿之助(現 猿翁)さんが大好きなワタクシとしてはぜひとも参加したいと思っていましたが、入場無料ながら抽選。
当たらないことにはどうしようもない・・中、運良く当選して行ってまいりました。

座席に置いてあった猿翁さんからのお土産をひと目見てすでに泣きそうになって、開始2分位で、「あー、これ、来られてよかった。当たって本当によかった!」と心から思ったのでした。


京都造形芸術大学40周年・京都芸術劇場15周年記念フォーラム
「猿翁アーカイブにみる三代目市川猿之助の世界」
1.三代目猿之助と春秋座: 対談 市川右近×徳山豊 (京都造形芸術大学 理事長)
2.三代目猿之助の仕事:  石川耕士 (脚本家)
3.三代目猿之助の功績〜スーパー歌舞伎: 四代目市川猿之助
進行: 市川笑三郎

2016年9月24日(土) 14:00 春秋座 1階8列下手 (17:00終演)


スーツにネクタイ姿の市川笑三郎さん登場。
綺麗な若草色のネクタイは、猿翁さんにいただいたものだとご本人がブログに書いていらっしゃいました。

笑三郎さんは1986年に16歳で猿之助さんの内弟子となって今年で30年。
「それは厳しい師匠でした」とおっしゃりながら、当時 猿之助さんは46歳で「今の私と同い年。当時の師匠は、国内外で舞台をやりながら他の舞台のプロデュースや演出・・・と大活躍。今の自分はとてもあのようには・・」とやわらかい語り口でおっしゃる中に、猿翁さんへの深い敬愛が感じられました。


1.三代目猿之助と春秋座

猿之助さんが京都造形芸術大学の集中講義で歌舞伎を教えていらっしゃった頃、お弟子さんとして共に行動された市川右近さん。
講義を始めるきっかけとなった大学創始者 徳山詳直前理事長のご子息で現理事長の徳山豊さん。

そのお2人の対談です。

右近さんもスーツで、黒縁のメガネをかけていらっしゃいました。
猿翁さんと徳山詳直さんの近くにいらしたお2人の口から伺うその頃のお話に興味シンシン。
その中で一番印象に残ったのは、当時は舞台芸術科もなかった大学でなぜ歌舞伎を教えないといけないか、という話になった時、徳山さんが猿之助さんに話されたという言葉。
 
「泣き申さず候ては化し申さず候」

江戸時代の儒学者 細井平洲の言葉だそうです。
「人は涙を流すほど感動した時初めてすごい向上心が生まれて成長する−だから歌舞伎を教えるのではなく、歌舞伎を通じて感動を伝えるのだ」と。


続きがあります
posted by スキップ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

肉体の限りない可能性 「トーテム」


totem1.jpgシルク・ドゥ・ソレイユ「トーテム」は2010年の初演。
オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、オランダ、イギリス、アメリカ、シンガポールの7カ国33都市で400万人以上動員してきたのだそうです。
ありがたいことにご招待いただいて観てきました。
シルク・ドゥ・ソレイユ観るなんて、「サルティンバンコ」以来だわぁ〜と調べてみたら2000年でした。
もう16年も前なの?
あの時もチケットいただいて当時は南港にできた特設会場に観に行ったなぁ。


シルク・ドゥ・ソレイユ 「トーテム」
2016年9月22日(木) 12:30pm 中之島ビッグトップ Dブロック11列



ラスベガスで大ヒット中の「KÀ」の演出家 ロベール・ルパージュの作品。
「トーテム」は「トーテムポール」から取った言葉で、人の好奇心・欲望・情熱を追い求め、人類の誕生から現在、そして未来へと数億年の旅を続ける、"不可能を可能にする人類の進化"をテーマにした壮大な物語なのだそうです。


開演前から客席にキャストが出てきて、話しかけたり握手したり写真撮ったり
ポップコーンばらまいたり(笑)
ステージの真ん中には大きな亀の甲羅のようなものがドーンとあります。
会場入口でも大きな亀が私たちを出迎えてくれましたが、亀は、地球上の
「生命の起源」の象徴なのだそうです。

IMG_8368.jpg


開演すると覆っていた布が取り払われて枠だけのスケルトンになり、これを使って体操の鉄棒のようなアトラクションが始まります。

「動物がいないサーカス」と言われるシルク・ドゥ・ソレイユ。
身体能力のずば抜けた高さはあるとしても、人間の肉体って鍛練すれはこんなこともできるようになるんだ、と、その限りない可能性にただただ感嘆する思いでした。


続きがあります
posted by スキップ at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

堂島のハワイ? ボガーツカフェ


IMG_5159.jpg

先日、お友だちにご招待していただいてシルク・ドゥ・ソレイユ「トーテム」を観に行きました。
・・・の前にブランチをこちらで。

ボガーツカフェ
大阪市福島区福島1-1-12 堂島リバーフォーラム1F
tel: 06-7664-9600


ハワイで人気のカフェ 日本1号店として堂島リバーフォーラムにオープンしたのは
3年前位だったでしょうか。
当初は行列ができるくらい人気だったものの、最近では落ちついてきたと聞いていましたが、
次の予定の時間が決まっているので、あらかじめ予約しました。
どんな時間帯でも予約できるの、うれしいよね。
休日の午前11:00前、雨模様とあって、私たちが到着したころはガラガラでしたが💦

堂島川と緑とビル群を眺めながらのテラス席も魅力的ですが、今回はダイニングスペースで。
窓側の席をリザーブしてくださっていました。
おいしそうなメニューが並んでいてあれこれ迷った挙句、この2つをシェアすることにしました。


IMG_3230.jpg   IMG_7462.jpg

エッグベネディクトと堂島スペシャルバーガーです。
エッグベネディクトはいろんな種類がありましたが、バーガーがお肉だからということで
「スモークサーモン&アボカド」をチョイス。
堂島SPバーガーはトッピングにチーズをオン。

やわらかくてクセがなく、それでいてしっかり味のあるサーモンも
国産黒毛和牛100%のてこねハンバーグも、とてもおいしかったです。
特にハンバーガーは、仕方なくファストフード店でいただくことはあっても、
こんなふうに本格ハンバーガーを食べるのなんて本当に久しぶりで、
ちゃんと作られたハンバーガーはやっぱりおいしいなと実感。


IMG_3711.jpgグァバジュースやコナコーヒーも飲んで、ゆったり気分でおなかも心もいっぱいになりました。
朝8時30分オープンで、メニューが本当にたくさんありますので、堂島あたりのブランチにこれからも使えそうです。





おなかいっぱいすぎてパンケーキ食べられなかったのが心残り のごくらく地獄度 (total 1634 vs 1640 )



posted by スキップ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

シシイ・ゾフィー・そしてルキーニ 「エリザベート」


elisabeth2016 (2).jpgただ今絶賛「エリザベート」期間中。
1回目の時に書いたとおり、毎週水曜日に粛々と梅芸ウィーンに通っております。

2015-2016シリーズについては、昨年帝劇で2回観た時に感じたことはほぼ書いてしまいましたので改めて書きたいこともあまりないのですが、ただ一つ言えるのは、やはり、「楽曲がすばらしくて何度観ても飽きない」ということです。
というか、観れば観るほどまた観たく、聴きたくなりますね・・・困ったものです。

2015年帝劇の感想はこちらこちら


ミュージカル 「エリザベート」
脚本・歌詞: ミヒャエル・クンツェ 
音楽・編曲: シルヴェスター・リーヴァイ
演出・訳詞: 小池修一郎
音楽監督: 甲斐正人
美術: 二村周作
衣装: 生澤美子
出演: 花總まり  蘭乃はな  井上芳雄  城田優  田代万里生  古川雄大  
未来優希  香寿たつき  涼風真世  山崎育三郎  成河 ほか

2016年9月12日(月) 6:30pm 梅田芸術劇場 2階5列センター/
9月14日(水) 6:30pm 1階14列上手
9月21日(水) 6:30pm 1階4列下手



全体については、すべて観た後に改めるとして、今年新たに加わったキャストと昨年敢えて避けたキャストについての印象を。


まずは蘭乃はなさんのシシィ。
私は「シシィは絶対花總まり」派ですので、昨年も今年も、まずは花總さんのシシィありきでチケットを取りました。
そんな中、1回だけ蘭乃さんシシィのチケットが余分に手に入って、手放そうかとも考えたのですが、もしかしたらこれで見納めかもしれないし(?)、蘭はなちゃんシシィも観ておきましょうという気になったのでした。

観終わった最初の感想は、「思っていたほど悪くない」 です。
昨年の帝劇でさんざん酷評されたように歌声がひっくり返ったり出なかったりするようことはありませんでした。
髪型やメイク、ドレスの着こなしは宝塚時代からお上手なので、花總さんと比べても特に不足はないように見えました(2階A席で遠目だったし・・)。
元々ダンスがお得意な娘役さんでしたので、舞踊シーンや立ち姿も美しいと思います(・・気品があるか、は別として)。
イキイキとした少女時代の可愛らしさは格別。ほんと、フランツが「もぎたてのフルーツ」と感じるのも無理はない。

・・・そういえば、バートイシュルで最初の出の時、「鹿さん」と言ってましたが、あれは蘭はなちゃん特別バージョンかしら?


続きがあります
posted by スキップ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

思わぬ時短


keiho0920.jpg

この頃はモバイルが浸透して迅速な対応が必要な案件や簡単なことは自宅や出先でも
できますので、以前ほどではありませんが、それでも連休明けは仕事が立て込むので
少し早目に出社するようにしていて、今朝デスクに着いたのは6時50分。

本日は台風16号接近中ということで、大阪市には朝から大雨・洪水・暴風・波浪警報が
発令されていましたが、私が出社する頃は雨もまだ小ぶりでした。
仕事中も特に風雨が強いとは感じませんでしたが(何せオフィスから一歩も出ていないし)、
お昼休みになって、「13:00で速やかに全社員退社」という指示が出ました。

まだ片付いていない仕事を大慌てで処理して会社の外に出たころ(13:30位)は雨も風も
かなり強くなっていました。
せっかく時間あるから映画でも観て帰ろうかしら?とも思いましたが、さすがにそれは
不謹慎と自重して、デパートでちょこっと買物して(したんかい!)帰宅したのでした。
で、思わぬ時短となって、こんな時間にブログアップしたりしているという訳です。


今週は月・木祝日で火曜日時短では時間が足りなくなること必至 の地獄度 (1632 vs 1638 )



posted by スキップ at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

焼きたてチーズタルト 「BAKE」


IMG_0012.jpg溶岩浴ヨガで汗を流した後、家人からの頼まれものを買いにデパートに寄ったら入口に何やら行列が。
そして行列の最後にはこんな看板が。

あぁ、そうだ。
焼きたてチーズタルトのBAKE

確か9月18日オープンと告知されていたから、
昨日からだったのね。
すごいなぁ行列・・・と並ぶの苦手なワタシはもちろんスルー。

ところが、買物すませて出てくると行列が短くなっていて、
これならそんなに待たなくてもよさそう・・・と食い気の方が勝って、並んでみました。
行列の先頭で整理券をもらって、店頭に行ってまた並ぶ方式でしたが、それほど時間はかからず。


IMG_8665.jpg

並んでいる間、こうして次々焼き上がってくるタルト見てるとすぐに順番がきました。
BAKEの店舗は東京にはたくさんあるし、大阪だと阪神百貨店にもあります(いつも行列してる)が、
まだ食べたことなくて、いつかはぜひ!と思っていました。
1個ずつか6個入りBOXかのチョイスで、1人12個までと言われるとトーゼン12個買いますよね。


IMG_7395.jpg

帰宅して早速いただきましたが、タルト生地はすごくサクサク。
「焼きたて」にこだわっているというの、よくわかります。
3種類のクリームチーズをブレンドしたというクリームムースは濃厚でコクがあるのに
しつこくなくて若干甘めながらとてもおいしい。
小ぶりなこともあって、いくつでも食べてしまいそうです・・・キケン。


IMG_9376.jpg冷蔵庫で冷やすと、ムースがグッと重くなってレアチーズケーキのような食感に、冷凍庫で冷やすとチーズアイスのように、おいしくいただけるのだとか。
明日会社に持っていくつもりですが、しばらくおやつタイムのお楽しみができました。



こんなおいしいものが帰り道にあったら誘惑されすぎてコマル のごくらく地獄度 (total 1632 vs 1637 )


posted by スキップ at 17:46| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

歌舞伎座界隈ちょいブラ 「樹の花」みっけ


昨日は、歌舞伎座へ「秀山祭九月大歌舞伎」を観に行ってきました。
元々は1泊して、17日に夜の部を観て、18日に昼の部、それぞれの前後に
別の舞台の観劇を入れて、豪華4本立てで予定していたのですが、
歌舞伎座の上演時間が発表になって夜の部の終演時間が思ったより早くて、
「それなら帰れるじゃない」と、通しで観て日帰りすることにしました。

IMG_6609.jpg


昼3演目、夜3演目それぞれ趣向が異なってとても充実していることもあって、
今週仕事がハードで行きの飛行機も帰りの新幹線も爆睡するほど寝不足で疲れていた
にもかかわらず、観劇中はピクリとも眠くならず、「通し」という長さも感じず。
八月納涼の時にも書きましたが、歌舞伎座行きがますます「ちょっと遠い劇場に行く」
日帰り感覚になってきました(^^ゞ


昼の部と夜の部の間には、普段あまりウロウロしない歌舞伎座横の通りへ。
先日、「マツコの知らない世界」でとりあげられていた「白金や」のおいなりを「おいしそう」と
家人が言っていましたので、そういえば歌舞伎座のそばにあるのにまだ買ったことなかったな、
とお土産に購入。
もうすでにおなかの中に入っちゃったんだけど、こんな感じでお上品なおいなりさんでした。

IMG_7881.jpg  IMG_9102.jpg
「末広」という八種盛りのセット。
上段は柚子いなり、下の段は焼きいなりで全部違う種類です。


お土産ミッションもコンプリートしてお茶でも・・と思ってYouの前を通ったら行列ができていたので
華麗にスルー(笑)。
その先に足をのばしてみると、「ジョン・レノンとオノ・ヨーコが訪れた店」という小さな看板が。
「えっ!『樹の花』ってここだったの!?」とオドロキ。
お店の名前もジョン・レノン夫妻が訪れたことも知っていましたが、歌舞伎座のこんな近くに
あったなんて。


IMG_9347.jpgFlore de cafe 樹の花
東京都中央区銀座4-13-1
tel: 03-3543-5280

今年で開店37年なのだそうです。
店内はレトロで落ちついた雰囲気。
ジョンとヨーコのサインが飾ってありました。

珈琲は注文を受けてから豆を挽き、一杯ずつハンドドリップで淹れる方式。オリジナルの「樹の花ブレンド」をいただきましたが、マイルドでゆったりした味わい。
近ごろはスタバのようなお手軽カフェや、普段は会社の自販機で60円の紙コップコーヒーなんて飲んでいますので、ちゃんと手をかけて淹れて陶器のコーヒーカップでいただく珈琲はやっぱりおいしいなと改めて思いました。
歌舞伎座の合間に時間がある時はまた行きたいな。




ゆったりしすぎて夜の部の時間忘れそうになりました のごくらく地獄度 (total 1631 vs 1636 )


posted by スキップ at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする