2016年12月01日

まぁまか無双! 宙組 「バレンシアの熱い花/HOT EYES!!」


valencia2016.jpg11月18日に始まった宙組の全国ツアー公演は半ばを過ぎたあたり。
昨日まで四国で、明日から九州へ突入。
トップスター 朝夏まなとさんの故郷 佐賀への凱旋も間もなくです。


宝塚歌劇宙組 全国ツアー公演
ミュージカル・ロマン 「バレンシアの熱い花」
作: 柴田侑宏
演出: 中村 暁
ダイナミック・ショー 「HOT EYES!!」
作・演出: 藤井大介
出演: 朝夏まなと  真風涼帆  澄輝さやと  伶美うらら  星風まどか  
寿つかさ  純矢ちとせ  蒼羽りく  遥羽らら  瑠風輝 ほか

2016年11月19日(土) 12:00pm 梅田芸術劇場メインホール 1階13列センター



ミュージカル・ロマン 「バレンシアの熱い花」

舞台は19世紀初頭 ナポレオン統治下のスペイン・バレンシア。
前領主の息子フェルナンド(朝夏まなと)はかつて自分の父を殺した犯人が現領主のルカノール(寿つかさ)と知り復讐を誓います。そこにルカノールに恋人を奪われた甥のロドリーゴ(澄輝さやと)、ルカノールの部下に妹を殺されたフラメンコダンサーのラモン(真風涼帆)が加わり、三人で“黒い天使”として復讐を成し遂げていきます・・・。


この作品が宝塚で上演されるのは3度目で、前2回とも観ています。
2007年に宙組・大和悠河主演で観た時の感想にも書いたのですが、最初に観た月組版で、ラモンを演じた順みつきさんが、フェルナンドとの身分違いの恋に苦しむイサベラへの届かない思いを、あの大きな目に涙をあふれさせながら「瞳の中の宝石」を歌ったのが、子ども心にも、「役者さんって役になり切って本当に泣くんだ」と驚いて、とても印象に残っています。

「瞳の中の宝石」はこの作品の主題歌で、歌う人によって歌詞が違うのですが、ラモンが歌うこの歌詞が今でも一番好き。

  瞳の中に宝石が見える
  涙があふれて こぼれた宝石
  悲しみが追いかけて 深い海に落ちた
  手をさしのべても お前に届きはしない
  愛している 愛している 愛している 愛している 〜


続きがあります
posted by スキップ at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

いざやカブかん 「渋谷金王丸伝説」


konnomaru.jpg2010年 渋谷区文化総合センター 伝承ホールの開館を機に始まった「渋谷金王丸伝説」。

渋谷の英雄金王丸の伝説を、カブキ踊りで描く公演で市川染五郎さんが毎年趣向を凝らした舞台を披露していらして、かねてより観てみたいなと思っていたのですがなかなかチャンスに恵まれず、7年目にして初めて拝見しました。

2016伝承ホール寺子屋
カブキ踊り 「渋谷金王丸伝説」
監修・演出: 市川染五郎
プロデュース: 鈴木英一
音楽: 村治崇光 (杵屋勝四郎)
振付: 松本錦升
出演: 市川染五郎  尾上菊之丞  尾上京  五條珠太郎/伝承ホール寺子屋塾生

2016年11月27日(日) 11:00am 渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール 3列



一、常磐津「寿柱建万歳」(「乗合船恵方万歳」

幕開きは鈴木英一さんが染五郎さんにインタビューする形のトーク。
これは今回初めてのことだそう。
染五郎さんは明るい花葉色のお着物に涅色っぽい袴、鈴木さんは黒紋付と袴でした。

今年の染五郎さんの舞台として、「ラスベガス歌舞伎」と八月納涼歌舞伎の「弥次喜多」の話題。
「歌舞伎は世界各地で公演したことがありますが、ラスベガスでは初めて」と染五郎さん。
昨年のベラッジオでの「鯉つかみ」に10万人も観客がいらして、あたりが交通渋滞になるほどだったそうですが、「歌舞伎を観に、というより、たくさんあるエンターテインメントの一つとして楽しんでいただいたようです」とおっしゃっていました。

納涼の「弥次喜多」では、そのラスベガスのシーンも入っていて、「獅童くんがねぇ(笑)」と。
「猿之助くんと『弥次喜多』を一緒にやろうと前から話していて、お互いがそれぞれ頭でやる時には出さず、今回やっとできました」というお話を伺って、染五郎さんと猿之助さんには他の役者さんたちとは違った心の繋がりのようなものがあるなぁと改めて思った次第です。

「カブキ踊り」について、「日本の舞踊の原点は『リズムに合わせて体を動かすこと』で、それをやりたかった」とおっしゃっていたのが心に残りました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

とび箱は苦手だけどとびばこパンは食べる


1ヵ月くらい前、パリのアンジェリーナのモンブランを目当てにでデパートの
「パン&スイーツFesta」に行って、「とびばこパン」があるのを発見。
Twitterなどでも話題になっていたパンですが、実物を見るのはその時が初めてでした。


tobibako1.jpg

こんなの見るとテンション上がるよね〜。
その時もおいしくいただいたのですが、先週またまた別のデパートのパンフェアで遭遇。
二度目のお買上げです。

このパンをつくっているのは堺市にあるこちらのお店

Pain de Singe (パンドサンジュ)
堺市西区津久野町1-8-15
tel: 072-320-7257


フランス語で「おさるのパン」という意味の「Pain de Singe」。
店主の門田充さんは、建築を学び、webやグラフィックのデザイナーから転身されたという
異色の経歴の持ち主です。


IMG_3616.jpg

このパッケージだけですでに楽しい。
パッケージやロゴもすべて門田さんがデザインされているそうです。

「とびばこパン」は門田さんの、「誰にとっても身近な食べものであるパンに"楽しさ"を加える
ことで、みんなの暮らしに新たな豊かさをもたらしたい」という考えから生まれたのだとか。
試行錯誤を繰り返して完成したこの「とびばこパン」は、自家製の天然酵母から作られていて、
ほんのり甘い味わい。


IMG_7634.jpg

お店では本物のとび箱のように横に一段ずつスライスしてくださるそうですが、そうすると
上と下では大きさが違ってくるので、縦にカットする方もいらっしゃいます、とアドバイスを
いただきました。
生地はしっとりしていてほんのり甘くて、そのまま食べた時は、食パンとしては少し甘さが
勝ちすぎるかなぁと思ったのですが、トーストするとこれがちょっとクッキー風味というか
甘食のような感じでとてもおいしい。
元々食パンには何もつけない派の私ですが、バターやジャムなんて全然必要ありません。



tobibako.jpg

3段のミニとびばこパンは会社の同僚へのお土産に。
こちらは中に、あん・カスタード・チョコ・栗・ストロベリーなどが入っていて、
そのまま食べる菓子パンタイプです。
小さいながらなかなかどっしりしていて食べごたえありました。



小学生の頃、とび箱8段位跳んだ記憶あるけど今は多分3段も跳べない の地獄度 (total 1664 vs 1670 )




posted by スキップ at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

One day in 渋谷


今日は日帰りで東京へ行ってきました。

渋谷区文化総合センター大和田でカブキ踊り「渋谷金王丸伝説」を観て、
終演後は会場でお会いした高麗屋贔屓お仲間の皆さんとランチご一緒して、
そのまま歩いてシアターコクーンへ行って「メトロポリス」を観るという
なかな盛りだくさんで楽しい1日でしたが、全て渋谷で完結(笑)。
「東京へ行った」というより「渋谷へ行った」という方が正しいかもしれません。

行きは飛行機、帰りは新幹線を利用しましたが、マチネで終演時間早かったこともあって、
普段大阪でソワレの公演を観る時よりずっと早く帰宅して夕食も自宅でいただき、
東京での観劇がますます「ちょっと遠い劇場へ行く」感覚に


IMG_4029.jpg

こちらの画像は今朝、飛行機の窓から見えた空。
大阪を出る時は雨が降っていて、飛行機もしばらくはずっと白い雲の中を飛んでいた
のですが、ある時急に視界が開けて、白い雲海の上に青空が広がっていました。
雲海と並行に細い飛行機雲が右から左へ走っているの、見えるでしょうか。
こんな天空で飛行機雲見るのは多分初めてで、思わずずっと目で追ってしまいました。


時間が許せば中村屋さんのお練りも観たかったのだけどザンネン のごくらく地獄度 (total 1664 vs 1669 )


posted by スキップ at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

空と大地と海の声 〜ヴォイス・オブ・ガイア〜 「バイオハザード」


biohazard.jpg「バイオハザード」といえば、ミラ・ジョヴォヴィッチの、いかにも戦闘態勢といった画像のイメージで(映画は未見)、柚希礼音さんがこの作品に出演することになって初めて、プレステ用のゲームソフトがオリジンだと知りました。

Wikiで少し調べようともしたのですが、何だかややこしそうですぐに挫折して、「ゾンビと闘う話らしい」というぼんやりとした予備知識のみで参戦となりました。


ミュージカル 「バイオハザード 〜ヴォイス・オブ・ガイア〜」
脚本・演出: G2
原作: CAPCOM (ゲーム「BIOHAZARD」)
監修: 小林裕幸 (CAPCOM)
作曲・音楽監督: 和田俊輔
美術: 堀尾幸男
振付: 前田清実
アクションコーディネーター: 諸鍛冶裕太
出演: 柚希礼音  渡辺大輔  横田栄司  平間壮一  村井成仁  KYOHEI  壌晴彦  吉野圭吾  有川マコト  Special dancer YOSHIE  中井智彦  Raychell  水希友香 ほか

2016年11月12日(土) 5:00pm 梅田芸術劇場メインホール 2階4列センター/
11月15日(火) 6:00pm 1階10列センター



物語: アドリア海を臨む城郭都市で暮らす、記憶を失くしたリサ・マーチン(柚希礼音)。
世界はウィルスによる滅亡の危機にあり、城壁に守られてきたこの町も「奴ら」に攻め入られようとしています。ウィルスに侵された奴らに噛まれると、人は正気を失い、自らも奴らの一員と化してしまいます。絶望する人々の元に、エーゲ海に浮かぶリノザ島に、奴らに噛まれたのに発病しなかった少女がいるとの情報がもたらされ、少女の持つ抗体から薬を作ろうとアメリカ人の医師 ダン・ギブソン(渡辺大輔)たちがエーゲ海を目指すことになり、リサとチャベス(横田栄司)も後を追います。その途中、リサはアヴィアーノ米空軍基地でモーリス・グリーン大佐(吉野圭吾)や軍医 ジョー・ナッグス(壤晴彦)と出会い、自分の過去を知ることになります・・・。


私の周りにはハザラー(・・というのか?)はいませんので、直接聞いた訳ではありませんが、その人たちが観たら多分「これは『バイオハザード』ではない」とおっしゃると思います。
それもそのはずで、このミュージカル化にあたって、G2さんはカプコン側から「自由に書いてよい」という許可をいただいて、「原作の設定で残っているのはウィルスが媒体となってゾンビ化する、という一点のみ」なのだそうです。
幸か不幸か私はゲームも映画も全く知りませんので、オリジナルのゲームと別物であるなしにかかわらず、また、主演が柚希礼音さんだからということだけではなく、作品として楽しく拝見しました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

「鱈々」 を観て大阪の劇場不足を感じる


daradara.jpgこの人が出るお芝居で関西で上演されるなら無条件に観る、という役者さんが何人かいて、藤原竜也くんもその一人。
だから、この作品が1993年に初演された韓国の現代劇だということを知ったのはチケットを取ったずっと後になってからでした。

原題は「プゴテガリ」。
干した鱈の頭のことで、韓国ではこの干し鱈の頭でだしを取ったスープをよく食べるのだそうです。


「鱈々」
作: 李康白 (イ・ガンペク)   翻訳: 石川樹里
演出: 栗山民也
出演: 藤原竜也  山本裕典  中村ゆり  木場勝己

2016年11月14日(月) 7:00pm 新歌舞伎座 1階11列下手



物語の舞台はとある倉庫。
ジャーン(藤原竜也)とキーム(山本裕典)はこの倉庫で働き、この倉庫で暮らしています。
その中身が何かも知らないまま伝票通りの番号の箱を倉庫から出してトラックに積み、また倉庫に入れる作業をする2人。
社会の底辺にいる2人ですが、自分に与えられた仕事を完璧にこなすことが自分の存在価値だと信じ、ひたすら仕事に励むジャーンに対して、キームは単調な生活に嫌気がさし、適当に働き、夜は外で酒を飲み女と遊ぶ毎日を送っていました。
そんなある日、キームの遊び相手であるミス・ダーリン(中村ゆり)、さらにトラック運転手である彼女の父(木場勝己)が倉庫に現れて2人の日常に変化が訪れます・・・。

天井まで積み上げられたいくつもの木箱に囲まれた倉庫の中で展開される物語。
窓はなく、白熱灯のあかりと、時折開閉される入口の扉から外の光が差し込む時だけ明るくなる倉庫内。
たくさんの箱や2人のベッドまわりなど細かくリアルに作り込まれた装置(美術: 松井るみ)が閉塞感に拍車をかけます。


続きがあります
posted by スキップ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

今年のツリーはこれに決定


IMG_3748.jpg


♪ジングルベルに街が浮足立った夜 (かりそめのスウィング by 甲斐バンド)

この季節になるといつもこのフレーズが頭の中をグルグルするのですが、
街中が一斉にイルミネーションという感じで何だか追い立てられている気分。
クリスマスツリーを出して飾ってしまったのがついこの間のことのようなのに。

何となく毎年出してるけど、結構面倒くさくて、つい出し遅れたり
クリスマス終わって片付けるのも億劫になりがちなツリー
・・・そうだ!これがあるじゃん!! と今年は絵てぬぐいで済ませようと思い立ちました。
これといただきもののシクラメンの鉢とで、わが家のエントランスは
十分クリスマスムードに
我ながら名案ぢゃ。



おひなさまを出さなくなりツリーを出さなくなり、どんどんなくなっていくワタシの女子力・・・いやそのようなものは元より持ち合わせておりません の地獄度 (total 1662 vs 1667 )





posted by スキップ at 20:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵てぬぐい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

中村勘九郎・七之助 錦秋特別公演 2016


kinshu2016.jpg普段あまり歌舞伎に接することのできない人たち、地方の方たちにも歌舞伎の面白さ、楽しさを伝えたいと、勘三郎さんの志を受け継いで、勘九郎さん、七之助さんご兄弟が毎年行っている錦秋特別公演。
今年で12回目となるそうです。

中村勘九郎・七之助 錦秋特別公演 2016
2016年11月13日(日) 3:00pm NHK大阪ホール 
1階C9列センター



「歌舞伎塾 」 (立役、女形の出来るまで)
司会・解説: 中村勘九郎  中村七之助  
澤村國久  中村小三郎
曽我五郎時致(立役): 中村いてう
小林妹舞鶴(女方): 中村鶴松
音の演出効果: 中村仲四郎


幕が上がると舞台上に正座して頭を下げている勘九郎さんと七之助さん。
勘九郎さんは薄墨色の羽織、着物に紺色の袴、七之助さんは黒の羽織、着物に香色の袴、と2人ともシックな装いでした。

昨年までご兄弟のトークコーナーだった「芸談」を、「今年は何が新しいことをやってみよう」とお二人が案を出したという新しい試み「歌舞伎塾」がスタートしました。
舞台には化粧前が2つ設えられていて、歌舞伎役者さん(いてうさんと鶴松くん)が楽屋入りして顔をし、鬘をつけて衣装に着替え、舞台に出るまでをそのまま見せてくれます。
その間に勘九郎さん、七之助さんが説明したり、ちゃちゃ入れたり(笑)、客席からの質問を受けたりしてくれます。
ホリゾントにはスクリーンが設置されていて、化粧前の2人の様子が大画面に映し出されるので、「席が遠い人でも大丈夫、見えます。今回お金かけてます」と七之助さん。

鶴松くんの楽屋入りは阪神タイガースのユニフォームとキャップ。鳥谷選手のサインいり。
「それ、誰にもらったの?」と七之助さん。
「七之助さんです」と答える鶴松くんに、「そうです。僕のお陰です」とドヤ顔の七之助さん。

2人が浴衣に着替える時に柄がスクリーンに映し出されて、「中村格子」の説明がありました。
「中」と「ら」を3本ずつの格子・・・3+3で6=「む」と読む、というもの。知っていても実物前に改めて聞くと「おお」となります。
楽屋暖簾に描かれた中村屋の定紋・角切銀杏にもふれて、「角切銀杏のグッズが欲しい方はロビーで売ってます」と七之助さん。ほんと、如才ないMCぶりです。


続きがあります
posted by スキップ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

とてつもなく 面白かったです! 「北翔海莉ラストデイ」ライブ中継


hokusholive.jpg


昨日は、宝塚歌劇星組 東京公演千秋楽。
星組トップスターコンビ 北翔海莉さんと妃海風さんのタカラジェンヌとしての最後の日でした。
映画館のライブ中継での参戦となりましたが、とても、とても温かいよい千秋楽だったな。


宝塚歌劇 星組東京宝塚劇場公演千秋楽
「北翔海莉ラストデイ」ライブ中継  
  グランステージ 「桜華に舞え」 −SAMURAI The FINAL−
  ロマンチック・レビュー 「ロマンス!!(Romance)」
  北翔海莉サヨナラショー

2016年11月20日(日) 13:30 TOHOシネマズなんば スクリーン1


それぞれの演目の感想は宝塚大劇場で観た時に書きましたので、繰り返しませんが、お芝居もショーもさすがに東京で1ヵ月間熟成されたことが感じられる完成度の高さに、「千秋楽」という高揚感も加わってすばらしかったです。

桜華に舞え
ロマンス
10/2 北翔海莉サヨナラショー


「桜華に舞え」は、最初の方から胸に迫るものがあってウルウルしていたのですが、別れを告げに来た半次郎に隼太郎が「おいは変わってしもたとかっ」と言うところでついに涙腺決壊。
西郷さんのことや吹優のこと、ヒサのこと、隼太郎のお姉さんたちのこと、会津と永輝のこと・・・切ないことはたくさんありますが、若いころあんなに仲良く心通わせて過ごした半次郎と隼太郎が、歴史のうねりに呑み込まえるように、本人たちの意志とは別のところで袂を分かつことになるのが本当に切ない。「楽しいあの頃のままでいられたらどんなに幸せだったか」につきる。

だからこそ、城山で、撃たれて息絶えた半次郎にまだ斬りかかろうとする兵士たちを制して、隼太郎が「ようがんばったなぁ」「痛かったろう」と抱きかかえる場面の哀しさが際立ちます。
ここの紅さん隼太が、まるで宝物を扱うように、とても大事に丁寧に、半次郎の頭をやさしく寝かせるあたりで爆泣き。

そして北翔海莉さんがとてもバランスのとれたスターであることを改めて強く感じました。
歌唱力があり、ダンスも美しく、口跡のよい台詞まわし、いつも的確な役づくり、男役としての包容力。
さらに、今回の公演では殺陣の速さ美しさもピカイチで、身体能力の高さを見せつけてくれました。


続きがあります
posted by スキップ at 22:55| Comment(2) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする