2021年02月26日

ドラマのあるブーランジェリー Show


show.jpeg


今日はちょっと調べものがあって会社帰りに図書館へ。
その帰り、「そういえばここ、あのお店の近くだよね」と思い立って以前から気になっていたお店に行ってきました。


Boulangerie Show
大阪市阿倍野区阿倍野筋4-18-5
tel: 06-6616-7562


阿倍野交差点を少し南に行ったあべの筋沿いにあります。
昨年11月にオープンしたブーランジェリーです。

冒頭は今日撮った画像。
夕闇迫る時刻だったので何となくムーディな感じに撮れちゃった。


オープン当初、電車の中から開店祝のお花と人々の行列が電車の中から見えて、「何か新しいお店がオープンしたんだ」と思っていたのですが、ほどなく、そのお店がパン屋さんで、ここに開店するまでにこんなドラマがあることを知りました(こちらこちらの記事)。


オーナーのパン職人 川端正悟さんが3人のお嬢さんと一緒に2020年5月9日にお店をオープンしようとした矢先、5月5日に隣の飲食店の火の不始末が原因の火事で店舗は全焼してしまったのだそうです。
ご家族で話し合って再び開業することを決め、クラウドファンディングで支援を得たり地元の人たちや周辺のお店の協力もあってようやく開店できることに。
阿倍野の人に恩返しがしたいと阿倍野での開店を志したもののなかなか物件が見つからず、当初のお店より倍の面積となってしまったのだそうです。
パン屋さんにしては広いし(元は多分セブンイレブンだった場所)、道路からお店までの間に広い駐車場スペースもあってもったいない感じだなぁと思ったのにはそういう訳があったのですね。


コンセプトは「贅沢する幸せ」。
自家製天然酵母や季節のフルーツをふんだんに使った”贅沢なパン屋さん”だそうです。


show3.jpeg

営業時間とか全然調べずに行きましたので、閉店時間近くてご自慢のアップルパイは完売でパンの種類も少なくなっていましたが、クロックムッシュとかフレンチトーストとかチーズクロワッサンとか、私の好きなタイプのパンたくさんで爆買い。
これ、もうずでにいくつか食べた後です(^^ゞ
もう、図書館の帰りによくぞこのお店のことを思い出したと、自分の食いしん坊ぶりを褒めたい。


川端さんはバゲットがお得意ということなので、次はバゲットを買う・・・いや、とってもおいしそうだったあの食パンも買うゾ!と早くも次に行く日が待ち遠しくなっております。



そしてパンを食べ過ぎる のごくらく地獄度 (total 2218 vs 2222 )



posted by スキップ at 22:26| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2021年02月24日

流れるネヴァ河 春は近い 宙組 「アナスタシア」東京公演千秋楽 ライブ中継


anastasialv20210221.jpg

宙組「アナスタシア」が無事千秋楽を迎えました。
先日の雪組大劇場公演もそうでしたが、この状況下、全公演完走して千秋楽を迎えられることは本当にすばらしい。
昨年12月14日に宝塚大劇場千秋楽を観劇して以来、5週間ぶりの「アナスタシア」は相変わらず素敵な世界を見せてくれました。


宝塚歌劇 宙組東京宝塚劇場公演
「アナスタシア」 千秋楽 ライブ中継
2021年2月21日(日) 1:30pm TOHOシネマズなんば スクリーン6
(上映時間: 3時間30分)



宝塚大劇場で6回観た感想: Act Ⅰ  Act Ⅱ



大劇場の初日(11/7)から完成度の高さを見せてくれましたが、東京でさらにブラッシュアップされて、カンパニーとしてのまとまりもより一層増した充実の舞台でした。

一番変わったと感じたのは真風涼帆さんのディミトリでしょうか。
たとえば最初にアーニャが訪ねて来た時、「頭おかしいよ~」とヴラドに言うあたりがより芝居っ気たっぷりになっていました。ここ以外にもこの手の台詞全般的にそうだったな。真風さん、いつもクールでポーカーフェイスのイメージなので、こんなに抑揚つけた演技もするんだ、という驚きがありました。

芹香斗亜さんの歌唱もより深くなった印象。
グレブが歌う The Neva Flows の ♪流れるネヴァ河 春は近い~ のところで2回とも泣きそうになりました。

その芹香グレブのアドリブコーナー
「千秋楽」と墨書きされた白い紙を出して両手に広げてニコニコしながらスキップで横移動、からの「タンタタタンッ!」と拍手切り。その紙をアーニャに差し出して、アーニャが戸惑っていると、「今日は・・今日ぐらいは」と懇願。アーニャが持つと「もっとピッと張って」と持ち方を指導して、さらには「タンタタタンッ」も強要していました。
最後は後ろに控える指導して、さらには後ろに控えるボリシェヴィキの女性に「これ、そこら中に貼っておきなさい」と渡していました。そのボリシェヴィキさん、グレブと同じように「千秋楽」の紙を広げて横ステップで退出。
栞菜ひまりさんかな?おちゃめ(^^ゞ
この後、一転してシリアスに戻るグレブさんとアーニャさん、ほんといつも感心します。

パリ間近に着いた時の桜木みなとさんヴラド。
「前にパリに来た時はまだ私はこんなにちっちゃくて・・」と抱き上げて、「ほら、おめでとうって言ってるよ」と真風ディミトリに。ディミトリはちっちゃなヴラドの両手をつかんでぐるぐる回した後、思い切り放り投げて見送る・・・さっぱりした表情のディミトリと対照的に啞然とするヴラド。

ヴラドといえば、和希そらさんリリーと再会していちゃつくシーンで、「あなたのキスを待ってるんだけど」とリリーに言われていましたが、宝塚大劇場で観た時にはあんな台詞なかったような・・・。東京から加えられたのか、それとも大千秋楽だけだったのかしら。


そういえば、フィナーレ男役群舞で芹香斗亜さんが全方向に両手投げキッスしていましたが、あれは千秋楽スペシャルですね


大劇場の感想にも書きましたが、きっとこれから何度も再演されることになるであろう作品。
その初演が今の宙組で、真風涼帆・星風まどかコンビで本当によかった。そしてそれを最後まで見届けることができて幸せでした。



続きがあります
posted by スキップ at 16:06| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年02月22日

「OSLO」のチケットが買えない


oslo.JPG楽しみにしていた舞台「OSLO」
(公式サイトはこちら
「オスロ合意」を描いて2017年トニー賞を受賞した作品の日本初演。演出は上村聡史さん。


3月3日~7日に予定されている兵庫県立芸術文化センター公演は、当初1月9日(土)に先行販売の予定でした。
が、緊急事態宣言発令によって発売が延期となり「新しい発売日程は決定次第ウェブサイト等でご案内いたします」ということでした。

2月も後半になって、公演が近づいているのに一向に発売日が発表されず、毎日サイトをチェックしていたところ、2月18日にこんな告知が。


当公演は、製作元で先行販売を行っておりましたが、1月の緊急事態宣言発出時点で既に定員の50%を超えていたため、当センターでは販売を自粛し、発売を延期しておりました。宣言解除後の発売を目指しておりましたが、この度緊急事態宣言の期間延長に伴い、新規のチケット発売ができなくなったため、やむなく発売を取り止めさせていただきます。発売をお待ちいただいていたお客様には心よりお詫び申し上げます。
※緊急事態宣言が解除された際の対応につきましては、協議の上、当ページにてご案内いたします。


もう、えええぇ~っです💦
公演は上演される、チケットも販売されている・・・のにチケットが買えない


舞台のチケットを取るにあたっていろいろな手段がある場合、どこで取るかはいつも悩ましいところですが、兵芸先行は先着順で席が選べて.かつよい席が取れることも多いので、好んで利用しています。
特にこの公演は「主催: 関西テレビ放送 兵庫県 兵庫県立芸術文化センター」と主催に名を連ねていましたので安心していました。

製作元の先行で50%超えていたって何よ

昨年からたくさんの舞台が上演中止になって、観たくても観られず、泣く泣くチケット払い戻した公演は多々ありますが、こんなことは初めて。
いや、ビフォーコロナを含めても、どんな人気公演でも観たい舞台のチケットが1枚も取れないことはこれまでありませんでしたので(除・宝塚歌劇の大劇場以外の公演)「公演があるのにチケットが買えない」のは初めての経験です。何てことだ。


さて、大阪・兵庫・京都は2月末で緊急事態宣言が解除されそうな見通しになってきましたが、「緊急事態宣言が解除された際の対応」はどうなることでしょう。



「製作元」の先行でチケットそんなに売ってるのかということもよくわかったよね の地獄度 (total 2217 vs 2221 )

posted by スキップ at 23:32| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2021年02月20日

ふんわりエアリーなケーキたち @空気ケーキ。


kukicake1.jpeg

ランチでおなかいっぱいになって、しばらく散策したり鹿さんたちの後をついて行ったり(←)して、ティータイムはこちらで。
(ランチの時にプリン食べてたよね?というツッコミは却下)


空気ケーキ
奈良市高畑町738-2
tel: 0742-27-2828


ふふ奈良のすぐ近く
高畑エリアの住宅街にあります


kukicake2.jpeg

もう少し暖かくなったらテラス席も気持ちよさそう



kukicake4.jpeg

お店に入ると先にショーウィンドウからケーキを選んでからお席に案内されるシステム
おいしそうなケーキがたくさんありすぎて、大いに迷って

・りんごのシブースト
・空気ケーキ プレーン
・有機コーヒー

をいただきました(冒頭の画像)。

ケーキはどちらもふんわりエアリーでやさしいお味。
店名にもなっている空気ケーキは全部で8種類あって、日替りで何種類かずつ出る模様。
この日はプレーンの他にショコラとマロンがありました。

人気カフェでひっきりなしにお客様がいらしていましたが、テイクアウトされる方も多くて、
こんなお店が近くにあったら毎日テイクアウトしちゃうなぁとうらやましく思いました。



kukicake3.jpeg




ケーキも珈琲もおいしかったけどさすがに食べ過ぎで夜になっても全然おなかがすきませんでした💦 の地獄度 (total 2217 vs 2220 )



posted by スキップ at 23:20| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2021年02月19日

奈良の季節の野菜の天婦羅丼 @ふふ奈良


fufunara1.jpeg

先日の奈良でのランチはこちら。


日本料理 滴翠
ふふ奈良
奈良市高畑町1184-1
tel: 0742-81-7738


昨年6月にグランドオープンしたふふ奈良。
デザインは隈研吾さん。


fufunara3.jpeg

レストランと宿泊棟は別になっていて、こちらの日本料理 滴翠は浮見堂のすぐ近くにあります。


fufunara4.jpeg

ウッディでシックかつスタイリッシュなフロントまわり


fufunara5.jpeg

片側の壁にワインセラー 
お庭側に半個室の小部屋が並んでいます。


fufunara6.jpeg

お部屋はこんな感じ
2人横並びっていうのもいいですね


fufunara8.jpeg

まずはお庭を眺めながら泡でひとり乾杯←
とてもお天気のよい日で、写真撮る私のスマホと手が窓ガラスに写り込んでいます💦



fufunara2.jpeg

いただいたのは「奈良の季節の野菜の天婦羅丼」

天ぷら・香草と和漢漂うサラダ・ すいとろろ
・ 奈良漬 ・ お味噌汁・飛鳥のなめらかプリン

香り高い大和当帰や和漢の植物、新鮮な地産の大和野菜の天ぷら
天ぷらをご飯の上にのせて天丼としていただくこともできます。


fufunara9.jpeg

なめらかプリンはヨーグルト風味でさっぱり
蓋は柿の葉でした。



サクサクの天ぷらはじめお料理はどれもおいしく、半個室でお庭を眺めながらゆったりできるランチタイムは幸せでした。
宿泊棟には行けませんでしたが、webサイトで見るとお部屋も素敵で朝食もおいしそう(そこか!)なのでいつかぜひ泊まってみたいと思います。



フロントのスタッフの人がいっぱいいっぱいな感じだったのがちょっと残念だったかな のごくらく地獄度 (total 2217 vs 2219 )


posted by スキップ at 22:51| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2021年02月17日

王冠へとつづく道 花組 「PRINCE OF ROSES-王冠に導かれし男-」


princeofroses.jpg

宝塚歌劇団花組の聖乃あすかさん バウホール初主演作。
100期生のトップを切ってのバウ主演もなるほどと思わせるセンターに立つ華。
挑むは薔薇戦争です。


宝塚歌劇 花組公演
バウ・ミュージカル 「PRINCE OF ROSES-王冠に導かれし男-」
作・演出: 竹田悠一郎
作曲・編曲: 太田健  瓜生明希葉  多田里紗
振付: 御織ゆみ乃  平澤智   殺陣: 清家三彦
装置: 國包洋子   衣装: 加藤真美
出演: 聖乃あすか  高翔みず希  冴月瑠那  華雅りりか  羽立光来  優波慧  
春妃うらら  一之瀬航季  芹尚英  希波らいと  美羽愛  星空美咲/万里柚美 ほか

2021年2月2日(火) 11:30am 宝塚バウホール 3列下手
(上演時間: 2時間30分/休憩 25分)



物語の舞台は15世紀のングランド。
ランカスター家(赤薔薇)とヨーク家(白薔薇)が激しく王位を争った薔薇戦争の時代。
ランカスター家の血を引くヘンリー・テューダー(後のヘンリー7世/聖乃あすか)が若くしてヨーク家のエドワード4世(羽立光来)に国を追われながらも、イングランドに残った母の思いや、自分についてきた仲間たちに支えられ、王座奪還のため宿敵・グロスター公(後のリチャード3世/優波慧)に挑んでいく姿を描きます。


ヘンリー・テューダーといえば私にとって、「リチャード3世」の最後に出てくる“若いブロンドのイケメン正義のヒーロー”というイメージですが、そこに至るまでは前半生は謎に包まれた人物とされていて、そのあたりをフィクションを交えて描いた作品です。

ヘンリー・テューダーが叔父のジャスパー・テューダーに連れられ、ヘンリー6世(=ランカスター)と謁見して認められる場面から始まり、それも束の間、エドワード4世(=ヨーク)が国王に返り咲き、ヘンリーは隣国ブルターニュへと亡命して、以降はロンドンとブルターニュの2ヵ所で並行して物語が進みます。
ロンドンではグロスター公が権謀術数と暴虐の限りをつくして王座へとのし上がって行き、ブルターニュで機会を伺うヘンリーの前には、フランス国王の使いを名乗る謎の女性イザベル(星空美咲)が現れ・・・という展開。


続きがあります
posted by スキップ at 23:00| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年02月16日

ふりさけみれば春日なる三笠の山に

mikasayama.jpeg
奈良へ行ってきました。

前に行ったのは8月で、鹿さんたち、本当に暑そうにしていました。
半年経って季節は巡っても、世界の状況は少しも変わっていないのが切ない。

2月とはいえお天気のよい暖かな休日で、少し人出も多いようでしたが、まだまだのんびりゆったりした奈良。
8月に春日大社の御蓋山浮雲峰遥拝所へ伺いましたので(こちら)、全体のお姿を見たいと思い、お散歩がてらこちらへ。


神山御蓋山展望地


mikasayama1.jpeg

中央に神山御蓋山(三笠山)、左右に若草山と春日山(冒頭の画像)
「天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に いでし月かも」 という阿倍仲麻呂の歌が書かれている表示板そのままの光景です。



ukimido.jpeg

ukimido2.jpeg

浮見堂にも久しぶりに行きました。
別アングルからの2枚目の画像の手前は桜の木。
桜の季節にここから見る浮見堂は本当に綺麗なのですが、今年はお花見できるかなぁ。


bairin.jpeg

お花といえば、丸窓梅林は梅が咲き誇っていました。

bairin2.jpeg

鹿さんも紅梅の下でお花見(カメラ目線だけど(^^ゞ)
鹿さんたちも春を待ち望んでいるようでした。



私は奈良派 のごくらく度 (total 2215 vs 2217 )


posted by スキップ at 23:10| Comment(0) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする

2021年02月15日

祝 星組ロミジュリ初日☆ いちごジェンヌ💙ロミオ @コーヒープリンセス


coffeeprinces1.jpeg

昨日 2月14日は宝塚歌劇星組公演「ロミオとジュリエット」初日。おめでとうございます。
気合入れて取ったチケット握りしめて行って参りました。

オープニングで「ヴェローナ」のイントロが聞こえてきた途端に涙があふれるという・・・どれほど好きで、どれだけ待ち望んでいたんだと我ながら驚いたのですが、これから何度も観る予定(←)ですので、感想はまた改めたいと思います。


初日をお祝いして、絶対これを食べに行こうと思っていました。


いちごジェンヌ💙ロミオ


コーヒープリンセス&プリンセスアイラッシュ
兵庫県宝塚市武庫川町3-7
tel: 0797-98-2073


宝塚南口駅から歩いて7~8分。
手塚治虫記念館のすぐ近くにあります。


いちごジェンヌに期間限定で💙ロミオと💗ジュリエットが登場。

ロミオ: ピスターシュマカロンとチョコアイス スペードのエースのトランプ
ジュリエット: いちごマカロンにフランボワーズソルベ トランプはハートのエース

その下にはたっぷりいちごにチョコチップ、グラノーラ、ジェノワーズ、ホイップヨーグルトが入っています。

もちろんロミオでしょ、とロミオをいただいたのですが、全部おいしい中、チョコアイスがとんでもなくおいしかったです。
近ごろ流行りのボリューミーなパフェは途中で「もう無理~」となることもあるのですが、これはいろいろな食感が楽しめる上に、ホイップヨーグルトが爽やかで軽い口あたりなので最後までおいしくいただきました。


coffeeprinces2.jpeg

サンドパフェセットという、クラブハウスサンド2/3サイズ+飲物+パフェ というメニューにしましたので
こちらもいただきました。
もちもちの食パンにトロトロたまごのサンドイッチ、おいしかったです。



次はジュリエット食べる~ と思っていたら、2月18日から新作 いちごジェンヌ キャンドル登場ですって。迷う~ のごくらく地獄度 (total 2214 vs 2217 )


posted by スキップ at 23:37| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2021年02月13日

二人の男・密室・ゲームのような復讐劇 「スルース ~探偵~」


sleuth.jpg

1970年にロンドンで初演された作品。
ブロードウェイ版はトニー賞を受賞し、映画化もされました。日本でも何度か舞台で上演されていて、直近では西岡徳馬さん主演版(2016年)が記憶に新しいところですが、いずれも未見。

「二人の男」「密室」「ゲームのような復讐劇」
と、フライヤー表面のコピーだけを事前情報に観劇しました。


「スルース ~探偵~」
作: アントニー・シェーファー
翻訳: 常田景子
演出: 吉田鋼太郎
美術・衣装: 大島広子  照明: 原田保
出演: 柿澤勇人  吉田鋼太郎

2021年2月5日(金) 7:00pm サンケイホールブリーゼ 1階G列センター
(上演時間: 2時間/休憩 20分)



物語: 著名な推理小説家アンドリュー・ワイク(吉田鋼太郎)は、妻の浮気相手であるマイロ・ティンドル(柿澤勇人)を自身の邸宅に呼び出します。不倫ヘの追及を受けるものだと思っていたマイロに対し、アンドリューは「妻の浪費家ぶりには困っている」と話し、自宅の金庫にある高価な宝石を盗み出すよう提案します。そうすることでマイロは宝石とアンドリューの妻を手に入れ、アンドリューは宝石にかけられた保険金を受け取り愛人と幸せに暮らすことができるのだ、と。提案に乗ったマイロはアンドリューに言われるまま泥棒に扮して屋敷に侵入し・・・。


若くハンサムで、アンドリューの妻に愛され自信に満ちているマイロは、アンドリューに対してアドバンテージを取っているように見えます。
ところが、アンドリューの提案に乗り、宝石泥棒をするためにアンドリューが用意したピエロの衣装を着たり、あれこれ注文をつけられてその通りに従うマイロはいかにも脇が甘く、「そんなことしてたらアンドリューの思うツボじゃん」と思っていたところ、その通りになって、アンドリューに撃たれ、階段を転げ落ちた一幕ラストで、「あー、やっぱり~」と同時に、「かっきー ここでもう死んじゃったら二幕どうなるの?」と思っていました。

が、物語はそんな単純なものでは、もちろんありませんでした。


続きがあります
posted by スキップ at 22:31| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする