2017年03月27日

I've been jacked AGAIN 「REON JACK 2」


rj2.jpg「REON JACK」から1年。

「今回はよりクールにアーティスティックに、『挑戦』をテーマにした」という柚希礼音さんのセカンドコンサート。
その言葉通り、よくも悪くも宝塚時代の延長感のあった前回とは全く雰囲気の異なるスタイリッシュでハイクオリテイのシビれるコンサートでした。


柚希礼音ソロコンサート 「REON JACK 2」 
音楽プロデューサー: 本間昭光
ステージング: 大村俊介(SHUN)
振付: 大村俊介(SHUN)  YOSHIE  原田薫  高岸直樹(東京バレエ団特別団員)  Cristian & Nao
出演: 柚希礼音  上野水香  大貫勇輔  大村俊介(SHUN) クリスティアン・ロペス
 阿部雄大  岩ア浩太郎  神谷直樹  周平  山下銀次  HACHI  矢野祐子
BAND MEMBERS: NAOTO (Vi/Band Master)  楠瀬タクヤ (Dr)   二家本亮介 (Ba)  山本陽介 (Gt)  野崎泰弘 (Key)  足立賢明 (Mani)   真部裕 (Vi/3.26のみ)  MARU(Cho)

2017年3月23日(木) 6:30pm 梅田芸術劇場メインホール 1階22列センター/
3月25日(土) 5:00pm 3階3列上手/3月26日(日) 12:30pm 1階15列下手
(上演時間 2時間10分)



冒頭の「Maybe if」に始まって「希望の空」まで1時間30分はほぼMCなしで、上野水香さんのソロやバンドメンバー紹介、Dancers Showcaseなどを除いて柚希さんが歌いっ放し、踊りっ放し、というステージ。
衣装も髪型もメイクもとてもスタイリッシュ。

上野水香さんはじめスペシャルなゲストダンサーズとのコラボはどのシーンもまばたきする間ももどかしいくらい。
飽きることなく何度でも観られるし何度でも観たい、と思いました。

カーテンコール?となった時に公演Tシャツにデニム、オレンジのスニーカーというグッとカジュアルスタイルで現れた柚希さんとゲストのトーク、「REON JACK」の振りとかけ声の練習、そしてノリノリの2曲、大フィナーレまで40分という(笑)。

”いつものちえちゃん”を最後のワンコーナーに集約して、本編はひたすらクールにカッコよく、響き渡るヴォーカルと超絶ダンス、スペシャルゲストとのコラボレーションに酔いしれるというステージングがとても成功していると感じました。


SET LIST (ちょっと順番自信ないところあり)
1. Maybe if
2. 太陽を射る者
3. Two Snakes feat.NAOTO (with 大村俊介)
4. 楽園
5. Love U
6. Witch's Mirror 
7. タンゴ (with ロペス・大貫勇輔)
8. リベルタンゴ (with 上野水香)
9.(上野水香ソロ)
10. Feeling good (ロペス・大貫勇輔・大村俊介)
11. タンゴ (with ロベス)
12. 夜空に眠るまで
13. TATTOO     
14. 僕は何を探してるんだろう? (with 大貫勇輔)
15. 希望の空

16. Yes! 世界に魔法が降り注ぐ
17. REON JACK



続きがあります
posted by スキップ at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

「仔羊を丸ごと喰らう会」 再び


hitsuji3.jpg

昨年 誘っていただいて初めて参加してとても楽しかった「仔羊を丸ごと喰らう会」。
今年も仲間に加えていただきました。

3BEBES (トレスベベス)
大阪市福島区福島2-9-4
tel: 06-7652-3664

昨年より人数が少な目でしたので、羊くんも少し小ぶりかな、という印象ですが、
「去年ちょっと焼き過ぎ感があったので今年はそのあたりお願いしました」という
主催者のてんちゃんのこだわりにより、さらにジューシーでおいしくいただきました。


hitsuji5.jpg hitsuji7.jpg

てんちゃんがマイナイフ持参で手際よく切り分けてくれてこのとおり。

前回も書きましたが、私はお肉に関してはかなりコンサバで普段ラム肉を好んでチョイス
することはほぼありません。だから羊を食べるのも昨年のこの会以来1年ぶり。
こちらでいただく仔羊くんはちゃんと羊の味がするのにクセがなくて、本当においしい。
みんなでワイワイ言いながら食べるせいもあるかもしれません。



hitsuji9.jpg hitsuji1.jpg
hitusji2.jpg hitsuji8.jpg

鹿肉のミートボールなど珍しい前菜盛り合わせや鉄板のマッシュルームのアヒージョ
〆のパエリアまで、とてもおいしくいただき、乾杯のスパークリングワインに始まって、
白・赤・そしてビールとアルコールも大量摂取(笑)。
誘ってくれたお友だちとてんちゃん以外は初対面の人ばかりでしたが、お話しも弾んで
とても楽しい夜を過ごしました。



美味しく楽しくて飲み過ぎ&食べ過ぎが玉にキズ のごくらく地獄度 (total 1185 vs 1187 )


posted by スキップ at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

歌劇の殿堂で「男役 柚希礼音」を懐かしむ


dendo1.jpg dendo7.jpg

3月19日は観劇前に久しぶりに「宝塚歌劇の殿堂」に行きました。
企画展「スターの歴史展」が星組編だったから。

柚希礼音さんが退団されてからも一度行ったことがあるのですが、その時は別の組の特集で柚希さんの手形がなくて、「星組の時に行かねば」と思っていたのでした。
鳳蘭さん→瀬戸内美八さん→峰さを理さんのあたりから観ていた星組。
なつかしい作品ポスターもたくさん。

冒頭の画像は、2008年 星組「スカーレット ピンパーネル」初演時と「愛と青春の旅立ち」(2010年)のシャンシャン。
実はワタクシ、これ持って羽根背負って写真撮ったことがありますの (こちら と こちら
・・・どんだけシャンシャン好きなんだ^^;



dendo9.jpg

紅ゆずるさん、綺咲愛里さんのサインが入った現在公演中の
「スカーレット ピンパーネル」台本も展示されていました。



続きがあります
posted by スキップ at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

ひとかけらの勇気が僕にある限り 星組 「スカーレット ピンパーネル」 そのU


SP2017.jpg


前回からの続きです。

宝塚歌劇星組公演
ミュージカル 「THE SCARLET PIMPERNEL (スカーレット ピンパーネル)」



初演、再演と比べて一番違っている点は、ロベスピエールの比重が大きくなったところ。
演じるのは七海ひろきさん。とても美形。
あまり表情を変えないところがかえって美形を際立たせていて、ロベスピエールの冷酷さも表しているよう。
シケを垂らした髪型も、何とも妖しく色っぽい。
礼真琴ショーブランから「マダム・ギロチン」を歌い継ぐ最初のソロはいささか分が悪かったですが、二幕で加えられた曲はロベスピエールの強気と焦りが綯い交ぜになっている感じが出ていてよかったです。銀橋ソロ、カッコよかったな。

月組版では龍真咲さんと明日海りおさんがショーヴランとの役替りで演じたアルマンは瀬央ゆりあさん。
マルグリットの弟で正統派若手ホープの役どころだと思いますが、瀬央さんはビジュアルいささか野性的すぎかな?(笑)
演技や歌は安定で、「オーム・シャンテイ・オーム」に続いて大役で上り調子の勢いを感じます。

その恋人マリーには真彩希帆さんとトレードのような形で雪組から組替えとなった有沙瞳さん。
有沙さんは最初に注目したのが「伯爵令嬢」(2014年)でしたので、個性の強い娘役さんという印象でしたが、気は強いものの正統派の娘役を品よく可愛らしく演じていらっしゃいました。マリーは歌う場面があまりありませんが、本来歌もお上手。新人公演ではどんなマルグリットを演じてくれるか楽しみです。


続きがあります
posted by スキップ at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

あなたこそ我が家 星組 「スカーレット ピンパーネル」


sp20171.jpg星組新トップコンビ 紅ゆずる&綺咲愛里 お披露目公演。

紅ゆずるさんは2008年 日本初上演となった星組公演 ラストチャンスの新人公演で主役を務め、これをきっかけにスター路線を走ることとなり、綺咲愛里さんは2010年再演の月組公演で初舞台を踏んだという、2人にとって縁が深く、思い入れのある作品でお披露目できるのは幸せなことだと思います。


宝塚歌劇星組公演
ミュージカル 「THE SCARLET PIMPERNEL (スカーレット ピンパーネル)」
原作: バロネス・オルツィ
脚本: ナン・ナイトン
作曲: フランク・ワイルドホーン      
潤色・演出: 小池修一郎
出演: 紅ゆずる  綺咲愛里  礼真琴  七海ひろき  万里柚美  美稀千種  壱城あずさ  如月蓮  天寿光希  音波みのり  夏樹れい   十碧れいや  麻央侑希  瀬央ゆりあ  綾凰華  有沙瞳  天華えま  星蘭ひとみ ほか

2017年3月12日(日) 3:00pm 宝塚大劇場 1階19列上手/
3月19日(日) 3:00pm 1階4列下手
(上演時間 3時間)


2008年 星組
2010年 月組
2016年 東宝版
東宝版観た後の2008年星組版BD感想 


1794年 フランス革命最中のパリ。
ロベスピエールを頂点とするジャコバン党の恐怖政治の時代。
無実の貴族たちをいわれなき処刑から救うために立ち上がったスカーレット ピンパーネルことイギリス貴族のパーシー・ブレイクニー(紅ゆずる)とその仲間たちの活躍を、 パーシーの妻で元はフランスのトップ女優マルグリット(綺咲愛里)、彼女の元恋人で公安委員のショーヴラン(礼真琴)を中心に、王太子ルイ・シャルル(星蘭ひとみ)の救出劇など絡めて描きます。


sp3.jpg



続きがあります
posted by スキップ at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

すぐそこに迫る未来 「ザ・空気」


kuki.jpg高市早苗総務大臣の「電波停止」発言を受けて、田原総一朗さんをはじめとする7人のジャーナリストが「私たちは怒っている」と声明文を発表したのはちょうど1年前の今頃だったでしょうか。

「表現の自由」と「報道の自主規制」。
とてもタイムリーかつ深刻な題材が、一視聴者である私たちにもリアリティを持って目の前に迫ります。
永井愛さんの危機感と「今これを伝えなければ」という強い意志を感じる作品。
今、目撃すべき舞台だと思いました。


二兎社公演41 「ザ・空気」
作・演出: 永井愛
美術: 大田創  照明: 中川隆一
出演: 田中哲司  若村麻由美  江口のりこ  大窪人衛  木場勝己

2017年3月18日(土) 1:00pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 1階H列下手
(上演時間 1時間45分)



物語の舞台はあるテレビ局。
報道の自由と放送規制のあり方を検証する特集のオンエア当日、編集長の今森(田中哲司)は番組アンカーの大雲(木場勝己)から政治的公平性を理由に一部修正を提案されます。応じない姿勢の今森に、キャスターの来宮(キノミヤ/若村麻由美)、ディレクターの丹下(江口のりこ)、編集マンの花田(大窪人衛)、それぞれの思惑、そして局内の見えない“空気”が絡み、番組は似て非なるものへと・・・。


続きがあります
posted by スキップ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

お彼岸といえば


sakura.jpg

3連休の最終日でお彼岸。
日中は明るくて春の陽射し。
まだ風は少し冷たいですが、「暑さ寒さも彼岸まで」とコートが脱げる日を楽しみにしています。

こちらの画像は一昨日 阪急西宮ガーデンズのエントランスで写したショット。
長野から来た彼岸桜なのだとか。
下の方に写り込んでいる人物と比べると大きさがわかるでしょうか。
これを見たら一気に春気分でした。


今日は朝からエステ。
いつもの全身+フェイシャルに加えて、季節の変わり目スペシャルフェイシャルケアも
やっていただいて、朝10時から午後3時まで、5時間エステにおこもりでした。
あ〜、気持ちよかった


そしてお彼岸といえばお墓参り。
エステより先に行けよっていう話ですが、ご先祖様もこんな不肖の子孫の性格は
半ばあきらめていらっしゃることでしょう。
それでも、昔は家人に付き合ってしぶしぶという感じだったお墓参りも自ら率先して
お参りするようになったのは、寄る年波といったところでしょうか。


ohagi.jpgお彼岸といえばもう一つ、忘れちゃならないおはぎ(笑)。
江戸前の桜餅も売っていたので関西風と併せて買っちゃった!



やっぱり花より団子ですな のごくらく地獄度 (total 1181 vs 1185 )


posted by スキップ at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

ストリンドベリ交互上演 U 「死の舞踏」


shinobuto.jpgストリンドベリ交互上演の2作目は「死の舞踏」。
「令嬢ジュリー」は演出の小川絵梨子さんが上演台本も担当されていましたが、こちらの台本はコナー・マクファーソン。
どこかで聞いた名前だけど・・・と思ったら、「海をゆく者」(2009年)の作家でした。

会場に入ると舞台の形状も客席も「令嬢ジュリー」とは全く違っていて、「そりゃこれ変えるの大変だからマチソワの間長いはずだわ」と一瞬思ったのですが、そうだ、最初からコクーンを割って「2つの劇場」が存在するというのがこの交互上演のコンセプトのひとつだったことを思い出しました。この劇場の隣には、あの劇場があるのね。


シス・カンパニー公演 「死の舞踏」
作: アウグスト・ストリンドベリ 
翻案: コナー・マクファーソン
翻訳・演出: 小川絵梨子
美術: 松井るみ  照明: 原田保
出演: 池田成志  神野三鈴  音尾琢真

2017年3月11日(土) 6:30pm シアターコクーン 左側2列 センター
(上演時間 1時間50分)



スウェーデンの孤島に住む退役間近の砲兵隊大尉エドガー(池田成志)と11歳下の妻で元女優のアリス(神野三鈴)は間もなく銀婚式を迎えようとしていますが、心底憎み合い、罵り合う毎日を過ごしています。そんな2人の家へ、アメリカ帰りのアリスの従弟クルト(音尾琢真)が15年ぶりに訪れます・・・。


細長い舞台を両側から客席がはさむ対面客席。
私の座った左側席から見ると上手側に外にも出られる大きな窓。
エドガーとアリスが暮らす家の居間といった設定で、舞台中央にソファ、窓の手前にマホガニー調の大きな机と椅子、机の上には電信機。向う側にはピアノ。

この家は元牢獄で処刑も行われていた建物という会話がありましたが、ただ一つの窓を除いてはまるで地下室のように閉塞感が漂います。このあたり、全く別の場所の設定ながら「令嬢ジュリー」のセットと共通しているなと思いました。
共通といえば、両作とも女(ジュリー/アリス)が男(ジャン/クルト)に「靴をなめて」と強要する場面がありましたが、ストリンドベリの趣味ですかね?(笑)


続きがあります
posted by スキップ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

ストリンドベリ交互上演 T 「令嬢ジュリー」


juli.jpgストリンドベリといえば、昨年観た「夢の劇 −ドリーム・プレイ−」がワタシ的にハードルが高く、いささか苦手感も漂うところではありますが、「代表作2作を連日交互上演」「シアターコクーンを割って舞台側、客席側それぞれに特設の小劇場をあつらえ、ふたつの世界が響き合うよう演出」という試みに演劇的興味を刺激されての観劇となりました。

両作とも緊張感にあふれた舞台でしたが、まずはこちらから。


シス・カンパニー公演 「令嬢ジュリー」
作: アウグスト・ストリンドベリ 
上演台本・演出: 小川絵梨子
美術: 松井るみ  照明: 原田保
出演: 小野ゆり子  城田優  伊勢佳世

2017年3月11日(土) 2:30pm シアターコクーン Y列(最前列 特設S席) センター
(上演時間 1時間20分)



階級社会が色濃く残る19世紀末のスウェーデン。
夏至祭の夜、伯爵令嬢ジュリー(小野ゆり子)は、伯爵家の下男下女や農民など身分の低い者たちと踊り明かしていました。
下男ジャン(城田優)と婚約者の料理女クリスティン(伊勢佳世)が台所で「婚約が破談になり、おかしくなってしまった」とジュリーのことを話しているところへ彼女が現れ、自分と踊るよう命令します。最初は取り合わないジャンでしたが、クリスティンが眠りについた後、二人きりで言葉を交わすうちに・・・。


男と女
貴族と平民
支配者と被支配者
火花散るような台詞の応酬の中で、その上下関係がドラスティックに入れ替わるスリリングな会話劇。

「高いところから下へ落ちて行く夢」をよく見るというジュリー
「何とか上に這い上がろうと必死になる夢」を見るジャン
気位が高くわがままなジュリーに翻弄されるジャンでしたが、その二人の関係が共に過ごした一夜を境に一変。

身分差という鎧を脱いで、素直に無防備に愛を求めるジュリー
野心を露わにし高圧的に豹変するジャン


続きがあります
posted by スキップ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする