2019年06月23日

友安製作所Cafe&Bar阿倍野


image1 (12).jpg

やらなければならないのに気重でずーっと先延ばしにしていた事案を重い腰をあげてやーっと完了。
ご褒美に何かおいしいものでも・・と思って、ちょうど場所が阿倍野でしたので、以前から興味あったこちらのカフェに伺いました。


友安製作所Cafe&Bar阿倍野
大阪市阿倍野区阿倍野筋2丁目3-8
tel: 06‐6627‐2004

大阪 八尾市にあるインテリア企画販売会社の友安製作所プロデュースのカフェ。
あべのとはいえ、天王寺駅からも歩いて5分くらいのところにあります。


image1 (11).jpg

裏側から行ったと思われ、これが見えてきて「!」となりました。


image2 (5).jpg

こちらが正面


image2 (2).jpg

入口はこちらから


建築家の村野藤吾さんが「村野・森建築事務所」として約50年前に設計し使用されていた建物を友安製作所がデザインプロデュースし、店舗兼ショールームへリノベーションされたもの。

家具や照明などの内装インテリアが楽しめるカフェには、友安製作所が販売しているウォールステッカーやファブリックパネルが飾られていたり、輸入壁紙やタイルシールでDIYを施しているそうです。



image2 (4).jpg

入ってすぐのところにあるバーカウンターもいい感じでした。


店内には、村野藤吾さんの蔵書が納められていた書庫スペースやライブラリー、ショールームやショップ、ワークショップスペースも併設されています。


平日の11:30ごろだったのですが、ほぼ満席でびっくり。
大きく取った窓から中庭の緑が見える明るい店内ですが、座席間がちょっと近すぎるかなぁ。
人気店なので座席数を増やしたのかもしれませんが、満席だったこともあって、結構ぎっしりという感じ。


ランチメニューはワンプレートランチをはじめ、ステーキプレート、サーモンとアボカド丼などどれもおいしそうだったのですが、数量限定というハンバーガーをいただきました。
チーズバーガーに、画像ではわかりませんが目玉焼きをトッピング。
赤ぶどうジュースとともに。



image2 (6).jpg

横から見るとこんな感じ。
かなりボリューミー。
向こうにある白いバーガー袋に包んで食べるようすすめられました。

ジューシーなパティはもちろん、レタスやトマトも、そしてここが大事!パンもとてもおいしくて、あっという間に完食です。ごちそうさまでした。



今度は夜も行ってみたいな、満席でなければ のごくらく地獄度 (total 2066 vs 2070 )


posted by スキップ at 22:00| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

ぜってぇー あきらめないっ! 「NARUTO」


naruto.jpg岸本斉史さんが1999年から2014年まで週刊少年ジャンプに連載された人気漫画。
「ワンピース」に続く、少年漫画の歌舞伎化第二弾ということで、2018年8月 新橋演舞場で初演されました。
まだ発表前に「来年南座でやるらしいよ」と情報をいただいて、演舞場ガマンした私、エライ(?)


南座新開場記念
新作歌舞伎 「NARUTO -ナルト-」
原作: 岸本斉史
脚本・演出: G2
出演: 坂東巳之助  中村隼人  市川笑也  
嘉島典俊  市瀬秀和  安田桃太郎  中村梅乃  
澤村國矢  市川猿四郎  中村梅丸  市川笑三郎  
市川猿弥  中村梅玉 ほか

2019年6月15日(土) 4:00pm 南座 3階1列センター
(上演時間: 3時間45分/幕間 30分・20分)



image2.jpg



体内に九尾の妖狐を封印された落ちこぼれ忍者・うずまきナルトが里一番の忍である火影を目指し、仲間たちと共に数々の試練を乗り越えて成長していく物語。

木ノ葉隠れの里に育った落ちこぼれ忍者 うずまきナルト(巳之助)は忍者学校を卒業し、うちはサスケ(隼人)、春野サクラ(梅丸)とともに、はたけカカシ(嘉島典俊)のもと任務に励んでいました。
ナルトはサスケをよきライバルであり大事な友だちと思っていましたが、サスケは両親を含む一族全員が兄のうちはイタチ(市瀬秀和)に殺されるという暗い過去を抱えていました。サスケたちは数々の試練に立ち向かいながら、自来也(猿弥)、綱手(笑也)との出会い、大蛇丸(笑三郎)との争いを経て、世界を揺るがす強大な敵 うちはマダラ(中村梅玉)との闘いに挑むのでした。


「ワンピース」を観た時と違って原作全く知らず・・・「うちはサスケ」の「うちは」は「ウチワ」と読むとずーっと思ってたくらい。だって「コンニチワ」も「こんにちは」って書くじゃない←)、もちろんあらすじも読まずに観ましたが、名前が時々聴き取れなかった以外は(笑)、わかりやすく楽しく拝見しました。


続きがあります
posted by スキップ at 17:30| Comment(2) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

六月大歌舞伎 昼の部


kabukiza201906.jpg歌舞伎座の六月大歌舞伎。
夜の部は三谷幸喜さんの新作一本ものですが、昼の部はいかにも歌舞伎な古典の演目が並んでいて、その対照も楽しく、歌舞伎の懐の深さを感じるところです。


六月大歌舞伎 昼の部
2019年6月6日(木) 11:00 歌舞伎座 
3階1列センター




一、寿式三番叟 
松本幸四郎 尾上松也三番叟相勤め申し候
出演: 松本幸四郎  尾上松也 中村松江  中村東蔵
(上演時間: 30分)


天下泰平を祈り、五穀豊穣を寿ぐといわれる三番叟。
「操三番叟」や「舌出三番叟」など、バリエーションもいろいろある中で、この「寿式三番叟」が大元になるものなのかな。
「邪気を払う儀式的な舞踊を歌舞伎化するとアクロバティックな三番叟になったという、三番叟の原点を目指して演じる心です」と幸四郎さん。
2006年5月 幸四郎(当時 染五郎)さんが猿之助(当時 亀治郎)さんと新橋演舞場で初演されて、2014年11月に歌舞伎座で尾上松緑さんと再演(感想はこちら)、今回が三度目ということで、上演数(というか幸四郎さんの出演数)の少なさからもかなり貴重で、とても楽しみにしていました。

東蔵さんの翁、松江さんの千歳の厳かな舞で始まる幕。

二人の三番叟がつつつと花道まで出て、七三で揃ってきりりと舞台を向き直り、トンッと足を踏んだ時、背中がゾクッとしました。良い意味で「鳥肌が立つ」という、あの感じです。
以来、目を奪われっぱなしです。


続きがあります
posted by スキップ at 23:37| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

ビストロノミーランチ @リッツ・カールトン大阪



image1 (4).jpeg

本日はサンケイホールブリーゼにてイキウメ「獣の柱」観劇(おもしろかった!)の前に、ファザコンサリーちゃんとランチ (何だかまたグルメブログみたいになってきた)。

1週間前くらいに急に決めた予定で、目ぼしいレストランは空いていなくて、かといって、早く行って並んだり目についたお店にフラリと入ったりする私たちでもなく(←)、たまたま予約が取れたこちらに伺いました。


ザ・ロビーラウンジ
ザ・リッツ・カールトン大阪  
大阪市 北区梅田2-5-25
tel: 06-6343-7000


リッツのロビーラウンジは好きで結構利用する方ですが、昼下がりのお茶やディナー後のワンショットといったことが多く、こんなふうにランチするのは2回目くらいでしょうか。

いただいたのは「ビストロノミーランチ」というコース。
前菜・スープ・メイン・パン・デザート&飲物 
プラス 乾杯スパークリングワインつき(←ここ大事!)
ちょうどピアノとヴァイオリンの生演奏中で、素敵な音楽とともにおいしいランチを堪能しました。


image2 (6).jpg

鴨のサラダ リンゴと蜂蜜のビネグレット


image1 (2).jpg

白いんげん豆のスープ 海老入り ローズマリーオイル


image2 (2).jpg

メインはお魚(サーモン)かお肉のチョイスでこちらを
ビーフサーロイン グリルベジタブル 黒胡椒ソース


image2.jpg

そしてデザート
ホットワッフル バニラアイスクリームとチョコレートソース


キリリとおいしいスパークリングワインの乾杯に始まって、比較的あっさり目のランチでボリューミー過ぎず、パンも食後のコーヒーもおいしくて満足。
生演奏はクラシックばかりでなく、日本のなつかしい曲も聴けたり。
サービスや行き届いているし静かで落ち着いているし、やっぱりホテルはいいなぁと再認識。
何より、久しぶりにファザコンサリーちゃんとゆっくりお話できたのがイチバン楽しかったです。
いつもありがとー!



ゆったりし過ぎて開演時間迫ってちょっとだけ焦りました のごくらく地獄度 (total 2063 vs 2067 )

posted by スキップ at 22:04| Comment(2) | グルメ | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

モンブランならぬ「あんです」 @京都祇園あのん本店


image2 (5).jpg

本日は南座で「NARUTO」観劇(楽しかった!)の前に祇園で甘味補給。
時間的にあまり遠くへは行けなかったので、南座に近いこちらへ。


京都祇園 あのん本店
京都市東山区清本町368-2
tel: 075-551-8205


四条通りから祇園切通しを北に入ってほどなくの場所にあります。
あんこをつかった和モダンなスイーツのお店で、京町家を改装したこちらの本店にだけカフェが併設されています。

看板メニューの「あんぽーね」をはじめ、おはぎやあんえくれやあんまかろんやあんたるとや、おぜんざいもパフェもかき氷も、どれもおいしそう(というかどれも食べてみたい)で迷いに迷った末、好きなお菓子2品と飲物が選べるドリンクセットをいただきました。


ひとつは、以前インスタで見かけて興味シンシンだった「あんです」
モンブランならぬアンデス山脈をイメージしたケーキです。
北海道十勝産小豆の粒あんと生クリームをを包んでいるのは、栗ではんく白あん。
振りかかっているのは小山園の抹茶です。

image1 (11).jpg

これ、食べかけの断面


お菓子もうひとつはやっぱりコレ、外せないでしょということで「あんぽーね」
こちらも十勝産小豆のつぶあんとマスカルポーネチーズをつかったクリームを自分でサンドする最中。
あんは今の季節限定の抹茶あんをチョイス。
マスカルポーネのクリームがとてもおいしくて、最中の皮は香ばしくてパリパリ。

プレートに粉砂糖で描かれたあじさいも季節感たっぷり。
その上にあるのはひと口サイズのバニラアイスクリーム。
想像していたより小ぶりでしたので、お抹茶ととともにあっさり2つ(+アイス)完食。
おいしかったです。



でもやっぱりあんこ系2つはいつまでも口が甘くてスタバでドリップコーヒー飲みましたとさ の地獄度 (total 2062 vs 2066 )

posted by スキップ at 23:44| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

まるふじプレート @MARUFUJI CAFE


image1 (2).jpg

時間に少し余裕がある日のランチはカフェごはんがマイブームなのですが、
昨日はこちらへ。


MARUFUJI CAFE
大阪市天王寺区悲田院町8-11
tel:06-6773-0822


JR天王寺駅北口から歩いて3分くらいのところ。
「裏天王寺」と言われるエリアにあります。
「まるふじだんご」や「米粉と豆乳のパンケーキ 」など和スイーツがお得意のカフェです。


ランチメニューの中から「まるふじプレート」をいただきました(冒頭の画像)。
5種類のおかず、2種類のお漬物、サラダに10種類の雑穀を使ったご飯、お味噌汁、みたらし団子がセットになっていて、選べるドリンクつき。

おかずはココットサイズですがお野菜が多くてヘルシー。
真ん中の目玉焼きの下も野菜たっぷりのサラダです。


image1.jpg

ドリンクはMARUFUJIオリジナル 高級深蒸し煎茶をチョイス。
これがオドロキのおいしさでして。
こんなにおいしいお煎茶久しぶり~と、二煎め、三煎めといただきました。
みたらし団子とまたよく合うのよ。
これ全部で900円はコスパ抜群でしょう。



image1 (4).jpg



次回はお団子もパンケーキも食べてみたい← のごくらく地獄度 (total 2062 vs 2065 )



posted by スキップ at 22:38| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

たまるり最高か 月組 「夢現無双/クルンテープ」千秋楽ライブ中継


mugenlv.jpg月組 東京宝塚劇場千秋楽は、美弥るりかさんのラストデイでもあり、劇場には行けないまでも「ライビュ絶対観に行くわよ」と鼻息荒く早くからスケジュール帳に記入してチケット取って首尾よく観て参りました。

何とも心に残るカーテンコール。
観られてよかったです。


宝塚歌劇月組 東京宝塚劇場公演千秋楽 ライブ中継
「夢現無双 -吉川英治原作「宮本武蔵」より-/
クルンテープ 天使の都」


2019年6月9日(日) 3:30pm 
大阪ステーションシティシネマ スクリーン4
(上映時間: 4時間30分-サヨナラショー、カーテンコール含む/休憩 30分)



本編のお芝居&ショーの感想は宝塚大劇場で観た時に書きましたので、出演者ともどもこちらに。
「夢現無双」
「クルンテープ」


東京公演は月城かなとさん休演に伴う代役がありましたので、その印象を少し残しておきたいと思います。

「夢現無双」
月城かなとさんが演じた本位田又八を風間柚乃さん、風間さんの辻風黄平(宍戸梅軒)を蘭世惠翔さんという代役。

風間さん、前作「エリザベート」のルキーニに続いて大役の代役。
演技も歌もまだ研6(100期)とは思えぬ安定感。
元々少し小柄な上に大きな長身の珠城さんと並ぶといささか分が悪い感じですが、又八が武蔵に抱く屈折した思いも出ていて感心しました。

宍戸梅軒は誰がよくわからなくて、休憩中に調べて蘭世惠翔さんだとわかってびっくり。
少年っぽい可愛らしいイメージでしたが、荒々しい宍戸梅軒、よくがんばっていました(←どんな上から目線)。


続きがあります
posted by スキップ at 23:36| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

母なるふるさと 「まほろば」


mahoroba.jpg「すばらしい場所」「住みやすい場所」という意味の古語「まほろば」

この言葉を聞いて真っ先に思い浮かぶのは、
倭(やまと)は 国のまほろば たたなづく青垣 山隠れる 倭しうるはし   という短歌。
次に、♪ あおによし 平城山(ならやま)の空に満月~   というさだまさしさんの楽曲。

どちらも奈良のイメージですが、この物語の舞台は長崎。
開演前、ロビーで聞こえてきたアナウンスがちょっと訛っていて、「あれ?地方出身の新人さんかな?」と思っていたのですが、劇場内での上演前諸注意のアナウンスは完全に方言(長崎弁?)で、「あー、そういうこと」となりました。

2008年に蓬莱竜太さんが新国立劇場に書き下ろして岸田國士戯曲賞を受賞した作品。
初演、再演の演出は栗山民也さんでしたが、今回は劇団チョコレートケーキの日澤雄介さん。キャストも一新しての再々演です。


「まほろば」
作: 蓬莱竜太
演出: 日澤雄介
美術: 土岐研一
出演: 高橋惠子  早霧せいな  中村ゆり  生越千晴  安生悠璃菜  三田和代

2019年4月24日(水) 11:30am シアター・ドラマシティ 7列下手
(上演時間: 2時間)



祭ばやしが聞える田舎町。地元の名家として知られた藤木家の客間が舞台。
親類が集まる宴会の準備に忙しく働きながら、本家の嫁として跡取りとなる男子を産まなかったことを悔い、娘たちに希望を託す母 ヒロコ(高橋惠子)
東京に出て仕事が忙しく婚期が遅れていていまだ独身。祭を前に突然帰郷した長女ミドリ(早霧せいな)
元ヤンで父親不明の娘を産み、今なお実家暮らしでミドリと喧嘩ばかりしている次女 キョウコ(中村ゆり)
キョウコの娘でこれまた突然帰ってきたユリア(生越千晴)
認知症気味ながらすべてをゆったり見守りおっとり構える姑のタマエ(三田和代)
見知らぬ近所の女の子 マオ(安生悠璃菜)

女ばかり6人で展開される物語。


続きがあります
posted by スキップ at 23:09| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

2年越しで高級海苔弁を食す


image1 (2).jpg

GINZA SIX に2017年4月のオープンから2ヵ月後くらいに初めて行った時(後にも先にもGINZA SIXに行ったのはあの1回きりだ)、地下のグルメフロアはあの店もこのお店も行列だったのですが、中でも、とあるお弁当屋さんに大行列ができていて、オープン時間から間もなかったのにすでに完売の商品もあって、とても驚いたものです。
後で調べたらこちらのお店でした。


刷毛じょうゆ 海苔弁 山登り


「へええええぇ~、のりべん!一度食べてみたいものだ」とは思ったのですが「あれを買いにGINZA SIXまでは行けないし、まして並ばないよね」と思っていました。

その海苔弁が歌舞伎座(厳密には木挽町広場のお弁当処やぐら)で買えると教えていただいたのはそれからしばらく後のことでした。
歌舞伎座に行ってもお弁当処に立ち寄ることがあまりなく、それ以前に海苔弁のこともすっかり忘れていたのに何故か今回記憶が蘇り、2年越しでかの海苔弁をいただくことができました。


冒頭の画像がその海苔弁 1,100円。  
他のお弁当が高いのでそれほど高く感じませんが、海苔弁としては高級なお値段です。
ちなみに、他の店舗では1,080円で売っているらしいのに20円上乗せされているのは歌舞伎座の取り分ですかね?(笑)


これねぇ、大変おいしかったです。
こちらは3種ある海苔弁の中で「海」というものらしく、主役はでーんと構える鮭。
その他に、ちくわの磯辺揚げ、玉子焼き、大葉のれんこんもち、青菜のナムル、あとしらたきの明太子和えも入っていたかな。
どのおかずもきちんと丁寧に調理されていて、一つひとつがおいしい。
そして特筆すべきは主菜の鮭。
上質で肉厚な鮭が絶妙の焼き加減でとてもふんわりやらかく焼き上げられていて、甘塩で上品なお味はいつまでも食べていたいくらいのおいしさ。

ごはんはこれらの下に薄く敷いてあって、海苔・ごはん・海苔・ごはんの二層仕立て。
黒々とした高級海苔は香りも味もしっかり。ごはん少なめですが私にはちょうどよい量で軽く完食でございました。


image2 (2).jpg

パッケージはこんな感じ。
海苔弁とは思えない高級感ですな。
七月大歌舞伎のチラシ(裏)をランチョンマット代わりにしているのはご愛敬ということで。




こうなると「山」「畑」も食べてみたくなりますが・・・のごくらく地獄度 (total 2059 vs 2063 )


posted by スキップ at 22:35| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする