2018年02月22日

二月大歌舞伎 夜の部


201802kabukiza.jpg高麗屋三代襲名披露 二か月連続興行の2ヵ月目。
今月は出演する役者さんの数が新しい歌舞伎座のお披露目興行以来の大人数なのだとか(口上での幸四郎さん談)。

当初2月8日(木)に昼夜通しで、と考えていたのですが、「七段目」の平右衛門、お軽の役替りが発表されて「どちらか一方しか観られないならそりゃ奇数日でしょ」と予定変更。
夜の部から拝見することと相成りましてございまする。


歌舞伎座百三十年
松本幸四郎改め 二代目 松本白鸚
市川染五郎改め 十代目 松本幸四郎
松本金太郎改め 八代目 市川染五郎  襲名披露
二月大歌舞伎 夜の部


2018年2月7日(水) 4:30pm 歌舞伎座 1階1列センター



一、一谷嫩軍記 熊谷陣屋
出演: 松本幸四郎  中村魁春  中村雀右衛門  中村芝翫  中村歌昇  
中村萬太郎  坂東巳之助  中村隼人  中村鴈治郎  市川左團次  尾上菊五郎 ほか
(上演時間: 1時間25分)



201802kumagai.jpg


熊谷直実のmy top 2といえば仁左衛門さんと吉右衛門さんですが、染五郎時代の幸四郎さんの直実も観たことあるぞ、と調べてみたら2010年5月の新橋演舞場 五月花形歌舞伎でした。
そうそう、旧歌舞伎座が建て替えのため閉場した翌月だったなぁと懐かしく思い出しました。
もう8年も前なのかぁ~と感慨深いのと同時に「藤の方:尾上松也」にオドロキ。
当時、吉右衛門さんの熊谷を「なぞるだけで精一杯」とおっしゃっていた染五郎さん。
ひと回りもふた回りも大きくなって幸四郎さんとしての「熊谷陣屋」です。


続きがあります
posted by スキップ at 23:24| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

シス x いのうえひでのり 「近松心中物語」


chikamatsu2018.jpg宝塚歌劇星組「心中・恋の大和路」(1979年)→ 蜷川幸雄演出「近松心中物語」(1986年)→ 文楽「冥途の飛脚」(1990年ごろ)→ 歌舞伎「恋飛脚大和往来」(2002年ごろ)
という順です。私の梅川・忠兵衛歴。
回数でいうと「封印切」の見取り含めて歌舞伎がダントツに多いのですが、近松の心中ものの中でも「曽根崎心中」より「心中天網島」より梅川・忠兵衛が好き、のベースになっているのは間違いなく宝塚版と蜷川演出版です。

蜷川さん演出での上演も告知されていましたが甚だ残念なことに実現することはなく、いのうえひでのりさんの演出で、というのは蜷川さんのご指名なのだとか。


シス・カンパニー 「近松心中物語」
作: 秋元松代 
演出: いのうえひでのり
美術: 松井るみ   照明: 原田保 
音楽: 岩代太郎   振付: 尾上菊之丞
イメージソング作曲: 岩代太郎  作詞: 大獄香子  歌: 石川さゆり
出演: 堤真一  宮沢りえ  池田成志  小池栄子  
市川猿弥  立石涼子  小野武彦  銀粉蝶 ほか

2018年2月7日(水) 1:30pm 新国立劇場 中劇場 1階5列(1列目)センター
(上演時間: 2時間30分/休憩 15分)



蜷川さん演出の「近松心中物語」は平幹二朗・太地喜和子版とその10年後位に坂東八十助・樋口可南子版の2回観たのですが、太地喜和子さんに憧れる早熟な少女だった(?)頃に観た初演などはほとんど覚えていません。
開演して、二段に組まれた格子や無数の真っ赤な風車、行き交う市井の人々の間を縫うように進む花魁道中を観ているうちに(あの花魁の衣装や歩き方はどうかと思うが)、「そうそう、こんなだったこんなだった」と記憶が甦りました・・・もちろん装置や美術は違っているのでしょうけれど、雰囲気として。


今回の舞台で一番感じたのは「二組の対比」です。
梅川と忠兵衛、お亀と与兵衛。
それは最初から秋元松代さんの脚本の意図するところだと思いますが、お亀と与兵衛を笑いの方にデフォルメすることによってその対比をより際立たせた印象。


続きがあります
posted by スキップ at 23:17| Comment(1) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

三代同時襲名記念特別展 「高麗屋のコリャイイや」


image1 (12).jpg


2月の上京は1泊2日結構ツメツメであまり時間のゆとりがなかったのですが、
高麗屋贔屓としては時間をやり繰りしてでもこの特別展は行くってもんでしょ。


三代同時襲名記念特別展 「高麗屋のコリャイイや」
歌舞伎座ギャラリー


白鸚さん、幸四郎さん、染五郎くんそれぞれが一月の襲名披露公演で演じた「寺子屋」の松王丸、「勧進帳」の弁慶、義経の自筆の画や書、白鸚さんの弁慶の衣装、染五郎くんの「婦人画報」連載の原画や高麗屋箱、幸四郎さんの趣味の品々など見どころたっぷりでとても楽しい展示でした。



image2 (8).jpg

会場に入るとこれがど~ん。
話題の幸四郎さん「車引」松王丸の等身大フィギュア。押隈つき。
襲名披露狂言のポスター撮影時に海洋堂さんが360度撮影してリアルに再現したものだそうですが、いや~、ほんとよくできていました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:50| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

神に選ばれし者


yuzuru2018.jpg

スポーツ選手、アーティスト、科学者、小説家、画家、デザイナー、役者・・・自分が好きなこと、やりたいことが明確にあって、その才能に恵まれ、それを発揮する人生を送ることができる人はまさに天賦の才、神様から祝福を受けた人々だと思っています。
それだけでもすばらしいのに、その中でも本当に特別に「神様に選ばれた人」がいると感じていて、その一人が羽生結弦くんです。


羽生くんは神に選ばれし者。
だから、きっと、やってくれると信じていました。

とはいうものの、オリンピックには魔物がいるというし、
いつ誰が転倒してもおかしくないフィギュアスケート。
ましてこれが怪我からの復帰初戦という羽生くん。
昨日のショートプログラムも相当緊張しましたが(←)、今日のフリーは口から心臓が飛び出しそうな思いで息するのも忘れる勢いでTVの前で正座して見ました。
演技の後半は心ふるえて涙がこみあげてきました。


羽生くんの金メダルは、このオリンピックで日本の金メダル第1号で
冬季オリンピック史上1000個目の金メダルなのだとか。

・・・神様、やっぱり決めてたやん。


羽生選手のスケートをナマで初めて観たのは2013年2月の四大陸選手権大会(こちら)。
あの時、練習や演技の後、氷面にそっと手をおいて氷に語りかけているような羽生くんがとても印象的だったのですが、今日のフリー後にもそれをやっていて、まるであの時から今日の姿が約束された未来だったように感じたのでした。


yuzuru201802.jpg


金メダルと決まった瞬間、羽生くんの目にあふれる涙。
強気でならす彼が涙を見せるなんて、ここに至るまでにどれほどのことがあったのだろうと、一緒に涙せずにはいられませんでした。


羽生結弦くん オリンピック二大会連続金メダル、本当に心からおめでとう


posted by スキップ at 22:58| Comment(0) | diary | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

加納幸和版 「黒蜥蜴」


hanagumikurotokage.jpg「黒蜥蜴」といえばやはり昨年末に観たこちらも書いておかないと。
中谷美紀さん主演の「黒蜥蜴」がデヴィッド・ルヴォーさんの美意識に満ちた作品だとすれば、こちらは加納幸和さんのこだわりと芝居を愛する心、そして博識ぶりが随所に感じられる舞台。
戯曲も三島由紀夫ではなくご自身の脚本。
さながら加納幸和版「黒蜥蜴」です。


花組芝居 劇団創立三十周年記念公演 第五弾
浪漫歌舞伎劇 「黒蜥蜴」
原作: 江戸川乱歩
脚本・演出: 加納幸和
作曲: 鶴澤津賀寿  杵屋邦寿
キャスト           【黒天使組】        【黒夫人組】
黒蜥蜴:           谷山知宏          加納幸和
明智小五郎:        桂憲一           小林大介
雨宮潤一:          丸川敬之          押田健史
岩瀬庄兵衛:        原川浩明          山下禎啓
岩瀬早苗&桜川葉子:  二瓶拓也          堀越涼
女中マリ子(秦万里):   秋葉陽司          松原綾央
岩瀬富子夫人:       植本純米          横道毅
小林芳雄:          大井靖彦          美斉津恵友
浪越速太警部:       北沢洋           北沢洋
奥村文代:          磯村智彦         嶋倉雷象   ほか

【黒天使組】 2017年12月16日(土) 1:00pm 近鉄アート館 A2列下手/
【黒夫人組】 2017年12月17日(日) 1:00pm 近鉄アート館 B0列上手
(上演時間: 2時間40分/休憩 15分)


物語はデヴォー版「黒蜥蜴」ご参照(こちら)。


花組芝居 劇団創立30周年記念イヤーの掉尾を飾る公演。
浪漫歌舞伎劇と銘打たれている通り、出演者が全員男性というばかりでなく、三味線の下座音楽、義太夫の語りが要所要所にはさまれて、役者さんも時には歌舞伎の型や見得をしたりもします。
歌舞伎に造詣が深い加納幸和さんの脚本と演出が冴え渡っています。

「黒天使組」「黒夫人組」というダブルキャストですが、キャストの違い以上に2つはテイストの異なった「黒蜥蜴」になっていて、そのあたりも加納さんの狙いだったのでしょう。
加納さんが緑川夫人を演じた「黒夫人組」の方がより義太夫狂言色が濃く、「黒天使組」は現代劇の中にうまく義太夫を採り入れたという感じでしょうか。

衣装も違っていて、「黒天使組」が洋、「黒夫人組」が和装。和服の緑川夫人というのがとても新鮮でした。
それぞれの役者さんの特性を活かした演出をつけて、同じ作品で2つの違った舞台をつくり上げる・・・ほんとに何て人なんだ加納幸和。
そういえば宝石商の岩瀬さんにかけて義太夫と役者さんのかけ合いで「宝石づくし」みたいなことやっていましたが、あれ、歌舞伎「渡海屋」の魚づくしのパロディかしら。
「少しお知恵がタンザナイト」とか、思わず吹き出してしまいました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:02| Comment(1) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

本物の宝石 「黒蜥蜴」


kurotokage.jpg昔、美輪明宏さんに凝っていた時期があって舞台やコンサート、ディナーショーなどにも行っていたのですが、その頃観た舞台の一つが「黒蜥蜴」。
ですが心身ともに幼すぎて、江戸川乱歩や三島由紀夫の耽美な世界観を理解するにはほど遠く・・・。
昨年末、花組芝居の「黒蜥蜴」を観て、ストーリーすらきれいさっぱり忘れ去っていることに愕然としましたが、二幕になって「あ!血を抜いて生きたまま剥製にするやつ!!」と記憶が甦りました。
そこだけ覚えてるって、どんな記憶回路ぢゃ。


「黒蜥蜴」
原作: 江戸川乱歩
脚本: 三島由紀夫
演出: デヴィッド・ルヴォー
出演: 中谷美紀  井上芳雄  相楽樹  朝海ひかる  たかお鷹  成河 ほか

2018年2月3日(土) 12:00pm 梅田芸術劇場メインホール 1階9列上手
(上演時間: 3時間20分/休憩 25分)


物語: 宝石商 岩瀬庄兵衛(たかお鷹)は、愛娘・早苗(相楽樹)の誘拐と秘宝「エジプトの星」強奪を予告する女盗賊・黒蜥蜴からの脅迫状に怯え、私立探偵の明智小五郎(井上芳雄)に警護を依頼しました。岩瀬父娘が宿泊した大阪のホテルには岩瀬の店の顧客で早苗とも親しい緑川夫人も泊っていましたが、実は彼女こそ黒蜥蜴(中谷美紀)でした。黒蜥蜴は部下の雨宮(成河)を使ってまんまと早苗を誘拐したものの、明智に奪い返されます。それから半月後、家政婦ひな(朝海ひかる)の手引きで岩瀬邸から再び早苗を誘拐した黒蜥蜴を明智が追い詰めていきます・・・。


幕のない舞台上にあるのは天井だけ。
開演するとホリゾントからドアが現れます。
そのドアから登場する緑川夫人こと黒蜥蜴。
シンプルながら研ぎ澄まされたような舞台装置、生演奏、映像。
いかにもデヴィッド・ルヴォーらしい美意識に満ちた舞台。
そしてそれがそのまま黒蜥蜴の美学を表現しているようにも感じられ。


続きがあります
posted by スキップ at 23:24| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

私が望むのは 選んだ道行くこと 「マタ・ハリ」


matahari.jpg

日の出を見ながら、戦争が終わったら何がしたいか語り合う2人。
「私はじっとしていたい」と言うマタ・ハリ。
「小さなカフェを買って、夜じゅう踊って、昼じゅう寝て・・・」
朝陽に顔を輝かせながら歌うマタとアルマン。
新しい太陽とともに訪れた朝が幸福感に満ちていればいるほど、この後2人が辿る運命が切ない。


ミュージカル 「マタ・ハリ」
脚本: アイヴァン・メンチェル
作曲: フランク・ワイルドホーン
歌詞: ジャック・マーフィー
オリジナル編曲・オーケストレーション: ジェイソン・ホーランド
美術: 堀尾幸男   照明: リック・フィッシャー
訳詞・翻訳・演出: 石丸さち子
出演: 柚希礼音  加藤和樹  佐藤隆紀  東啓介
西川大貴  百名ヒロキ  栗原英雄  和音美桜  福井晶一 ほか

2018年1月22日(月) 1:00pm 梅田芸術劇場メインホール 1階6列(3列目)下手/
1月28日(日) 12:00pm 2階6列センター
2月8日(木) 5:00pm 東京国際フォーラム ホールC 1階8列(4列目)上手
(上演時間: 3時間/休憩 25分)



物語の舞台は1917年 第一次世界大戦中のヨーロッパ。
オリエンタルな魅力と力強く美しいダンスで人々の心をとらえていたダンサー マタ・ハリ(柚希礼音)は、戦時下であっても国境を越えて活動する自由を手にしていました。そこに目をつけたフランス諜報局のラドゥー大佐(加藤和樹/佐藤隆紀)はマタ・ハリの秘密を暴くと脅迫して彼女にフランスのスパイとなることを強要します。同じ頃、マタ・ハリは戦闘機のパイロット アルマン(東啓介/加藤和樹)と出会い、心を通い合わせるようになります・・・。


2016年に韓国で初演されたミュージカルの日本初演。
第一次世界大戦期に実在した女スパイ(と言われた)マタ・ハリの半生を描いた作品です。
とはいうものの、時代背景や政治的な駆け引きといったもののは希薄で、史実をかなりフィクションで脚色されたマタ・ハリの愛と生きざまの物語になっています。

マタ・ハリが危険を顧みずスパイになることを承諾する心情が、♪戻らない 戻れない あの時には~ とマタ・ハリが歌う(柚希さん熱唱!)「わたしは戻らない」の1曲だけに集約されていてその心情の変化がわかりづらかったり、アルマンがマタ・ハリに近づく方法が「中学生か!」だったり(いや、私も騙されたけれども)、そのアルマンがマタ・ハリの裁判にいきなり戻ってくる(どうやって?ドイツから?!)・・・など脚本的に粗さも散見されますが、大きな時代のうねりの中で翻弄されながら、凛と前を向いて進むマタ・ハリの懸命な生き方に惹き込まれ、ワイルドホーンさんのドラマチックな楽曲の数々はとても聴き応えありました。


続きがあります
posted by スキップ at 22:11| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

ざるかき揚げ @歌舞伎そば


image1 (6).jpg

歌舞伎座の裏手にひっそりと佇む歌舞伎そば。
歌舞伎座の食堂の一つ、という位置づけなのかな。
旧歌舞伎座では確か表側にあったはず。

歌舞伎役者さんにもご贔屓の多いお蕎麦屋さんで以前から行ってみたいと思っていたのですが、土日祝お休みのためなかなかチャンスがなく、このたび初見参。


歌舞伎そば
東京都中央区銀座4-12-2
tel:03-3543-4510


思い切って入ってみたら、想像とは違ってカウンターだけのこんじんまりしたお店で券売機で食券を買う、という立ち食いそばみたいなシステムに少し驚きました。お値段が安いことにも。
木曜日の午後4時ごろという中途半端な時間にもかかわらずカウンターは満席。
ほとんどが常連さんのようでした。

以前画像を見たことがあった「もりかき揚げ」(470円)が一番人気と聞いていましたが、「ざるかき揚げ」(490円)をチョイス。
もりとざるの違いがよくわからないのだけれども(海苔がのっているかどうかの違いか?)

image2.jpg本当に立ち食いそばなみにすぐ出てきます。
お蕎麦は歯ごたえがあって、かつおが効いた少し濃いめのつゆとよく合っていました。
ちゃんと蕎麦湯も出してくれます。

かき揚げはあげおきとは思えないくらいサクサク。
玉ねぎやかぼちゃ、にんじんのほんのりした甘味がおいしくて、5等分されたひと口サイズなのもうれしく、いくらでも食べられちゃいそうです。
ごちそうさまでした。




またぜひ食べたいけれど土日祝休だとなかなか行けないよね~ のごくらく地獄度 (total 1873 vs 1878 )




posted by スキップ at 22:22| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

2月7日は初午祭


hatsuuma1.jpg

幸四郎夫人の園子さんがInstagramにアップされていた三代のお稲荷さんの行灯(こちら)が、歌舞伎稲荷大明神にも祀られていると聞いて、私も写真撮りたいと、2月7日 歌舞伎座夜の部 一幕目終演後の幕間に外に出てお稲荷様に行ってみました。
すると、何やらご参拝の行列ができていて、しかもその行列は歌舞伎座の中から続いているのでした。

「何?」と思って歌舞伎座の中に戻り、ロビー上手側に行ってみると、



image1 (5).jpg

おー、今日は初午だったのね。
そういえば、歌舞伎座では初午や二の午でおしるこがふるまわれているのを以前 twitterで見かけた記憶が。
幕間も半分以上過ぎていたのでどうしようかと迷ったのですが、係の方が「だいじょうぶですよ」とおっしゃってくださったので、並んでみました。

お稲荷様にお参りをすませるとまた歌舞伎座の中へ戻ってくる通路がちゃんとできていて、戻った入口では御神酒とおしるこがふるまわれました。

image2 (4).jpg

「お酒?」と言って御神酒はご遠慮される方も多かったですが、もちろん私は一気飲み。
おしるこもおいしくいただきました。
節分の豆まきのことをすっかり失念していて「何でワタシ、2月3日にしなかったんだろ」と少し悔んでいたのですが、そんなこともすっかり忘れて、お稲荷様のご褒美いただいた気分でした。



image2 (3).jpg image1 (3).jpg

歌舞伎稲荷大明神 翌日にお昼にも立ち寄ってみたのですが、夜の幻想的な雰囲気とは全く別の顔でした。


園子夫人がInstagramにも書いていらっしゃったように、二月は歌舞伎座内のあちこちや木挽町広場にも地口行灯が飾られていていつもと違った雰囲気。一つひとつ見るのも楽しいです。


image1 (2).jpg image2 (2).jpg



歌舞伎座は舞台のほかにもお楽しみがいっぱい のごくらく度 (total 1872 vs 1877 )




posted by スキップ at 23:18| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする