2016年08月26日

八月納涼歌舞伎 第三部


八月納涼歌舞伎。
この特別ポスターが出た時、下の二人に大笑いしたものですが、その弥次喜多コンビの二部は千穐楽のお楽しみとして、軽井沢の帰りに東京に寄って、まずは三部だけ先に拝見しました。


kabukiza201608.jpg


八月納涼歌舞伎 第三部
2016年8月12日(金) 6:00pm 歌舞伎座 3階3列センター


一、河竹黙阿弥 作
  新古演劇十種の内  土蜘
出演: 中村橋之助  中村獅童  中村七之助  中村児太郎  中村国生  中村宗生  中村宣生  中村鶴松  市川團子  波野哲之  坂東巳之助  中村勘九郎  市川猿之助  中村扇雀


病の床に伏せる源頼光のもとへどこからともなくやってきた智籌と名のる僧が病平癒の祈念を申し出ますが、実は・・・というお話。

何度も観たことのある演目ですが、橋之助さんで観るのは初めてでした。
十月にはご自身の芝翫と三人の息子さんの襲名を控える橋之助さん。
その三人を四天王に従え(あとの一人は鶴松くん)、まるでプレ襲名披露のような趣きです。

智籌の花道の登場は、異空間から音もなく現れるテイのため、大向うはもちろん、拍手もしてはいけないと以前教えていただいたのですが、3階だったので花道の出は見えず(笑)、気づいた時にはもう七三の位置に沙門頭巾に黒の水衣の橋之助さんが立っていらっしゃいました。
その出から不気味で妖しい雰囲気たっぷりで、時折頼光をキッと睨む視線鋭く見得もキマって、背中に背負ったものを感じさせる凄味ある土蜘の精でした。
後ジテでは隈取もよくお似合いで、上背と体軀の良さが活きて大きく堂々として華やか。

その影から土蜘であることを見破る太刀持ちは團子ちゃん。キビキビと抜かりなくしっかり。
獅童さん平井保昌とともに土蜘の精に立ち向かう四天王。
教わった型どおりやるのが一杯いっぱいという感じ。ガンバレ。

配役が発表された時、「四天王より番卒の方が強そう」と歌舞伎クラスタの間で話題になった番速は
猿之助さん、勘九郎さん、巳之助さん。
踊り巧者が揃って、短いながら楽しく見応えのある場面となりました。



続きがあります
posted by スキップ at 08:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

混沌と毒と切なさと 「ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン」


gogoboys.jpg松尾スズキさん2年ぶりの新作。
架空の国の架空のお話ですが、笑いながら時折ヒヤリとナイフを頬にあてられているよう。


シアターコクーン・オンレパートリー2016
「ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン」
作・演出: 松尾スズキ 
美術: 二村周作 
音楽: 伊藤ヨタロウ 音楽監督: 門司肇
出演: 阿部サダヲ  岡田将生  皆川猿時  池津祥子  
宍戸美和公  村杉蝉之介  顔田顔彦  近藤公園  
平岩紙  岩井秀人  伊藤ヨタロウ  松尾スズキ  
吹越満  寺島しのぶ ほか
邦楽演奏: 綾音 

2016年8月9日(火) 7:00pm 森ノ宮ピロティホールJ列センター



物語: 内戦状態にある架空の国 ジャワンガスタン。
過激派の人質となった先輩 ヤギ(吹越満)を助けるためこの国に潜入したベストセラー作家の永野(阿部サダヲ)は、「ゴーゴーボーイ」と呼ばれる少年たちによる売春の世界であやしげな美少年、トーイ(岡田将生)に心を奪われ、トラブルに巻き込まれていきます。
一方、日本では、永野の妻で女優のミツコ(寺島しのぶ)が元マネジャーのオカザキ(岡田将生二役)と浮気していましたが、行方不明になった夫を捜索する悲劇のヒロインとして現地に向かうことになります・・・。


ジャワンガスタンそのもののように、物語の世界も混沌として雑多。
エネルギーにあふれつつダークでブラック。
笑いを散りばめながら毒気もたっぷり。

松尾スズキワールド全開の舞台でした。

吹越満さん扮するヤギが人質となって銃をつきつけられながら「助けて下さい」とメッセージを書いたプラカードを手にしたカメラ目線の映像をはじめ、私たちの周りでリアルに起こっている事象が次々出て来て、それをシニカルな目線で描写したり、パロディにして笑いに転化したり風刺したり。
もちろん性的タブーなんてお構いなしで、ゲイありエロもグロもあり。

それでも、全編を流れるのは、「愛」。
祖国への愛。
綺麗な男の子への愛。
夫と妻が互いに思いやる愛。



続きがあります
posted by スキップ at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

ハッピー with サプライズ  「矢野顕子トリオ」


IMG_3234.jpg毎年夏のお楽しみ 矢野顕子トリオ。
2012年にトリオとして大阪初登場の時から毎年聴きに来ていて、
今年で5回目です。

トリオのメンバーはずっと変わらず、同じ曲も出てきますが、毎年新鮮な驚きがあって楽しい。
個々のテクニックもさることながら、トリオとしての演奏、互いの才能を認め合って仲良さそうな雰囲気は
いつも私たちをハッピーにしてくれます。


AKIKO YANO TRIO
featuring WILL LEE & CHRIS PARKER

出演: 矢野顕子(p, vo)  ウィル・リー(b)  クリス・パーカー(ds)

2016年8月14日(日) 7:30pm Billboard LIVE Osaka



相変わらず、去年の夏の続きのように、ひょいとステージに現れるウィルとクリス。
最初の年に転んじゃったあっこちゃんが、2年目からは係の方にエスコートされて登場するのもお約束です。
今年はパッションピンクのワンピに赤のレギンスを合わせていらっしゃいました。
心なしか少しほっそりされたような。

今年は矢野顕子さんデビュー40周年のアニバーサリーイヤーということで、秋には記念のALL TIME BEST ALBUM (「矢野山脈」というタイトル)も発売されるそうですが、セットリストはそれほど40周年を意識したものではないようでした。


SET LIST
1. そりゃムリだ
2. 自転車でおいで
3. Georgy Porgy
4. Rockin' Pneumonia and the Boogie Woogie Flu〜Firecracker
   〜Rockin' Pneumonia and the Boogie Woogie Flu
5. やめるわけにゃいかないわ
6. ゴジラのテーマ 〜 モスラの歌
7. ラーメン食べたい
Encore
8. ひとつだけ
9. 在広東少年
10. いもむしごろごろ



続きがあります
posted by スキップ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

尾上右近の挑戦は続く 「第二回 研の會」


kennokai2016.jpg「船弁慶」のイメージに合わせ、隷書体を勉強して自ら書いた会名。青黛に合わせて選んだ文字色・・・などナド、細部にまでこだわったフライヤー。
尾上右近くんのこの会にかける並々ならぬ意欲が感じられます。


尾上右近自主公演  「第二回 研の會
2016年8月7日(日) 4:00pm 国立劇場小劇場 9列下手


一、仮名手本忠臣蔵
  五段目 山崎街道鉄砲渡しの場
       同  二つ玉の場
  六段目 与市兵衛内勘平切腹の場
出演: 尾上右近  中村米吉  中村種之助  尾上菊十郎  尾上菊三呂  
市村橘太郎  上村吉弥  市川染五郎 ほか


演目が発表された時、「これを自主公演で?」と少し驚きました。
幹部俳優さんが演じる大歌舞伎で観ることの多い演目。果敢な挑戦だなぁと思いましたが、とても充実していました。

右近くんの勘平は、菊五郎さんに教えていただいたそうですが、教えられたことを真摯にきっちり、お行儀よく。
印象に残ったのは表情で、六段目 与市兵衛内で自分が舅を殺してしまったと思い込んでからの動揺や不安、悔恨がありありと現れていました。
勘平は実年齢でいえば右近くんの世代に近いとも思われ、かなりリアリティのある勘平でした。
後半は段取りに追われがちとも感じられましたが、武士としても気概も誇りもちゃんとも見せつつ、「色に耽ったばっかりに・・」を感じさせる色気。
初役にして上等だったと思います。


続きがあります
posted by スキップ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

お気に入りレストランがまた一つ  Difference


IMG_3005.jpg

夏の恒例 大学時代の友人と「1年に一度 生きているのを確かめ合う会」。
今年はうち1人のお嬢さんも飛び入り参加して、楽しい時間を過ごしました。
伺ったレストランはこちら。


Difference
大阪市西区靭本町1-16-12
tel: 06-6479-1140


靭公園の南側。かつて大阪No.1 ブーランジュリーだったタケウチのあった場所です。
2階建てのプチメゾンといった印象。

オーナーシェフの藤本義章さんは29歳の若さでホテル日航大阪「レ・セレブリテ」の
スーシェフを務められた方。
2013年7月にこの Difference をオープンしてわずか1年でミシュランガイドの
1つ星を獲得されて話題になりました。
会社からも徒歩圏内でかねてから行ってみたいと思っていたのですが、今回やっと実現。
それはオドロキとワクワクの連続でした。



IMG_1940.jpg

前菜2品。
下のものは桃と生ハム(本当はフォアグラなのだけど苦手とお伝えしたら生ハムに)。
右上は海老とエストラゴンのペースト。
薄ーい八つ橋みたいなものの上に乗っていて、このままつまんでいただきます。
味はもちろん、食材といい器がわりの木の切り株といい、しょっぱなから何だか楽しい。



続きがあります
posted by スキップ at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

467通目のラヴレター 「ラヴ・レターズ」


lovelettersclimax1.jpg本年8月7日をもって建て替えのため一時閉館したパルコ劇場。
そのラスト1週間を締めくくったのは朗読劇の金字塔とも言われ、パルコ劇場の財産でもある「ラヴ・レターズ」。

1990年8月19日に幕を開けて以来、一つの台本を、年齢も個性も異なった様々なカップルが読み継いできたリーディングドラマ。
オーラスのこの公演で、467回を重ねるそうです。

「ラヴ・レターズ」 2016 The Climax Special
作: A. R. ガーニー
訳・演出: 青井陽治
出演: 渡辺謙  南果歩

2016年8月7日(日) 1:00pm パルコ劇場 L列センター



ラスト公演ということで、劇場の方々が出迎え、関係者らしき人の姿も多く、祝祭ムードが漂います。
あの狭いロビーに、第1回目からのカップルの写真がズラリと並んでいました。
「この人も?」「あら、この人も」・・・と、懐かしい顔ぶれや今さらながら「聴いてみたかった」というカップルがたくさん。 吉右衛門さんと麻実れいさんのカップルなんて、どんなだったでしょう。
記念すべき第1回のカップルは、役所広司さんと大竹しのぶさんでした。

そして演出は初回からずっと変わらず青井陽治さんです。
青井さんの演出は、ストーリーの時代背景や社会情勢を4〜5時間かけて解説し、どう読むかは基本的に役者さんにお任せなのだとか。
だからずっと同じストーリーでも役者さんによって、また同じ役者さんでも年齢やその時の状況によって表現が変化して、おもしろさが持続するのでしょう。


ステージには椅子が2脚とテーブル。
2人の役者さんが客席に向かった椅子に横並びで座り、朗読するだけのシンプルな舞台です。
お2人とも若い時代の一幕と、時を経てからの二幕では少し発声を変えていらしたように思います。
衣装もシンプル&ナチュラル。
二幕では謙さんはジャケット着用、果歩さんは眼鏡をかけてワンピースにロングカーディガンを合わせて。あ、靴も違っていたような。


続きがあります
posted by スキップ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

それは寓話か神の啓示か 「レディエント・バーミン」


radiant.jpgイギリスの劇作家であり映画監督でもあるフィリップ・リドリーの作品を白井晃さんが演出するのは6作目となるそうですが、今回初見でした。

昨年「マーキュリー・ファー」のチケット取っていたにもかかわらず、やんごとなき理由で手放したのをいささか後悔しましたので、「今度こそ絶対観るゾ」と平日に西宮という悪条件にもめげず仕事帰りに行ってきました。
その甲斐あって、とても刺激的で笑いの中に緊張感が続くブラックコメデイ。見応えありました。


「レディエント・バーミン Radiant Vermin」
作: フィリップ・リドリー    翻訳: 小宮山智津子
演出: 白井晃
美術: 松井るみ 
出演: 高橋一生  吉高由里子  キムラ緑子

2016年8月3日(水) 6:30pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 1階F列下手



「Radiant Vermin」は「光るゴミ」とか「輝く害虫」といった意味だそうです。
赤ん坊を抱えたジル(吉高由里子)とその夫オリー(高橋一生)という若い夫婦が、自分たちの家の素晴らしさを自慢し、観客に向かって「この家をどうやって手に入れたか」を話し始めます。
「この家を手に入れるために自分たちがしたことが悪かったかどうか」を問いかけます。「あなたたちだってきっと同じことをしたと思う」と。

まだ子どもが生まれる前、2人のもとへミス・ディー(キムラ緑子)と名乗る不動産仲介者から「夢の家を差し上げます」という手紙の手紙が舞い込みます。
乗り気のジルに引っ張られる形で無償で手に入れたのは、浮浪者がうろつく荒れ地に立つリフォームが必要な一軒家でした。ある夜、家に浮浪者が入り込んできた事件から偶然に知った「夢の家」のマジックの虜になった2人は、不思議な“光”とともに家のリフォームを進めます。やがて、近所にも人が住み始め荒れた町も活気づき、2人が招き入れる浮浪者に注目が集まることとなります・・・。


続きがあります
posted by スキップ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

2016 夏休み総括


apricot2.jpg軽井沢のことばっかり書いている間に今年の夏季休暇も本日でおしまい。

今年は、山の日なんていう(私には不要の)祝日ができたり、土日が間に挟まったりして、何だか短くて損した気分。
・・・でしたが、仕事のことなんてすっかり忘れて時間に追われずに過ごせるのはやはり長期(でもないけれど)休暇ならでは。


今年の夏休みはこんな感じでした。

お楽しみ系:
プチバカンス 1泊2日
観劇      3本
ライブ     1本


グルメ系:
お友だちとのランチ  1回
         飲み    1回


ビューティ&エクササイズ系:
軽井沢でエステ    1回
まつ毛エクステ    1回
溶岩浴ヨガ       2回


行かなければ系:
お墓参り        2ヵ所


気がすすまない系:
お仕事           ちょっぴり
お部屋の片づけ     少々 
HDDの整理       必要に迫られてがんばった


画像は軽井沢から帰ったら届いていたブーケ。
毎年お誕生日にいただいているものです。
やわらかでやさしい色合いは見ているだけでハッピーな気分になります。
いつも本当にありがとうございます。


短い短いと文句言いつつつもあれこれ楽しんだ夏休み。
永遠に続けばいいのに(笑)。


2015 夏休み総括
2014 夏休み総括

毎年同じようなことできている幸せ


そしてごくらくの後には地獄が待っているのもデフォ の地獄度 (total 1614 vs 1618 )


posted by スキップ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

軽井沢 day & night

IMG_5440.jpg

今回の軽井沢はのんびりすることが目的でしたので、観光やアクティビティについてはノープラン
だったのですが、エステの先生にいろいろ連れて行っていただきました。

こちらは白糸の滝。
「白糸の滝って中学校の修学旅行以来?」と思っていたのですが、白糸の滝なるものは全国に
あるらしく、私が以前行ったのは富士山のそばにある白糸の滝だったようです。

濃い緑と冷たく澄んだ水でマイナスイオンたっぷりのとても心地よい場所でしたが、
ここに行くまでの森の中のドライブもとても気持ちよかったです。


IMG_7163.jpg  IMG_9759.jpg

熊も出るらしい(笑)。



星野エリア ハルニレテラスになる永井農場のショップでジェラートいただきました。
たくさん種類があって迷った挙句、バナナミルク&とうもろこし
Sold Out でいただけなかったのですが、コシヒカリ なんていうフレーバーもありました。


IMG_6743.jpg  IMG_2771.jpg


続きがあります
posted by スキップ at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする